現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型登場から1年3か月 売れ続けるトヨタハリアー強さの理由は「ちょうどよさ」!??

ここから本文です

新型登場から1年3か月 売れ続けるトヨタハリアー強さの理由は「ちょうどよさ」!??

掲載 更新 124
新型登場から1年3か月 売れ続けるトヨタハリアー強さの理由は「ちょうどよさ」!??

 2020年6月に登場した4代目ハリアーが、破竹の勢いで販売台数を伸ばしている。

 他のSUVと一線を画す、シンプルながらもエレガントさと逞しさが融合した流麗なクーペフォルムで、歴代ハリアーの中でも特に美しい、現行ハリアー。トヨタによると、クルマのポテンシャルをさらに磨きあげた上で、実用性や数値一辺倒ではない、人の心まで優雅に満たしてくれるようなクルマ作りを目指したそうだ。

商用車の王者、ハイエースがバイカーたちからも熱い支持を受けるワケ

 国産から輸入車まで、ミドルクラスSUVが乱立しているなか、なぜハリアーは、ここまで支持されるのだろうか。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN

【画像ギャラリー】爆売れ中のハリアーを余すところなくチェック!!

たった1年で、約11万台を売り上げたハリアー

 4代目ハリアーが登場した2020年6月は、コロナ禍による緊急事態宣言1回目(4月7日~5月25日)が明けたタイミングだ。延期されていた新車発表が続いていた中で、登場するや否や、一気に販売ランキング上位へと登り詰めた。デビュー直後の2020年7月は9388台を記録。その後も売れ続け、2021年8月までの月間平均登録台数は8024台、これまでに、およそ11万台が販売されている。

コロナ禍をものともせず、絶賛爆売れ中のトヨタハリアー

 ハリアーの月販目標台数は3100台なので、その2.5倍以上のペースということになる。2019年に登場したRAV4も大いにヒットしたが、ハリアーはそれを上回る勢いで、現時点(2021年9月15日)も衰える気配はない。

 ハリアーのようなミドルクラスSUVといえば、CR-V、フォレスター、CX-5、エクストレイルなど、多くの国産メーカーが自慢のSUVを投入しているジャンルであるが、ダントツでハリアーが売れている状況だ。

4代目ハリアーデビューは2020年6月17日。目標月間登録台数は3100台、大幅に目標の2.5倍もの登録台数となっている

「ちょうどよい」上質感とサイズ

 現行ハリアーがなぜここまでヒットしたのか、それにはいくつかの理由が考えられる。ひとつめは、「ちょうどよい上質感」を備えていたことだ。

 エクステリアデザインは、実に流麗なプロポーションをしている。サイドガラスの上下幅が狭いことで、キャビンがクーペのようにも見え、フロントアッパーグリルからヘッドランプへと流れるようなシルバーラインが、精悍かつシャープな印象だ。二重のL字型に発光する、薄めでシャープな「シグネチャーランプ」は流行にのっており、ハリアーのチャームポイントのひとつだ。

サイドガラスの上下幅が狭いことで、キャビンがクーペのようにも見えるクーペSUVスタイルは、ハリアーの最大の長所だ

 インテリアの質感も素晴らしい。センターコンソールは幅広く、上質な革で覆われている。トヨタによると「馬の鞍」をイメージしているとのこと。インストルメントパネルとのつながりも左右対称のように見え、すっきりとしている。ダッシュボードに使われている素材の質感も高い。「曲木(まげき)」から着想したウッド調加飾やパイピング加飾を随所に配し、心地よい上質感を演出している。

質感の高いインテリア。センターコンソールは、上質な革で表皮が覆われており、「馬の鞍」をイメージしているとのこと

 乗り心地も絶妙だ。高剛性ボディと、徹底的な走り込みによる前後のサスペンションジオメトリの最適化によって、重厚感としなやかさを併せもっている。また、吸遮音材と制振材が、より効果を発揮するように配置されているほか、高遮音ガラスを採用するなど、徹底したNVH(ノイズ・バイブレーション・ハーシュネス)対策が施されている。

 SUVを購入される方のなかには、SUVでオフロードを走ることに憧れをもつ人もいるだろうが、実際に走るのは、国内では95%がオンロードだ。ハリアーのようなオンロード寄りのSUVの方が、日本人のライフスタイルにはあっている。

乗り心地は絶妙に良く、ロードノイズも至極、静かだ。オンロードを走る分には、最高のミドルクラスSUVといえる

 現行ハリアーのボディサイズは、4740×1855×1660(全長×全幅×全高)mmと、先代ハリアー(4725×1835×1690)と比べ、ほんのちょっと大きくなっているのだが、実物を目の前にすると、割とコンパクトに感じる。日本でヒットさせる場合、どうしてもボディの大きさは脳裏に引っ掛かるところだが、この大きすぎない、ちょうどよいサイズ感に収まったことで、より多くの方に受け入れられることになったのだろう。

価格も「ちょうどよい」

 そして、ふたつめの理由は、ちょうどよい塩梅の車両価格に設定されていたことだ。

 ハリアーのグレード構成は、ガソリンとハイブリッドそれぞれに、S、G、Gレザーパッケージ、Z、Zレザーパッケージがあり、そのそれぞれに、2WDと4WDの仕様がある。2WDガソリン仕様は299万円~423万円、2WDハイブリッド仕様は358万円~482万円。4WDは、それぞれ約20万円のプラスだ。先代に対して価格アップは免れないと考えていたが、思いのほか安く、驚かされた。

 輸入車から乗り換えても見劣りしない上質なエクステリアとインテリア、そして、リーズナブルな価格は、コンパクトカーからのステップアップや、5ナンバーミニバンからの乗り換え、大型ミニバンからのダウンサイザーなど、多くのユーザーの受け皿となる。こう考えると、現行ハリアーには、もはや売れない理由がひとつも見つからない。

ホイールカスタムなどのドレスアップは自分で決めたい、ナビゲーションもケータイ経由でいい、という方は、Gグレード、もしくはSグレードでも十分かもしれない

ハリアーにはライバルが存在しない

 このハリアーに対抗できるライバル、といえば、もうまもなく登場するであろう新型エクストレイルが思い浮かぶ。

 新型エクストレイルは、北米(ローグ)や中国向けには、既に、発売もしくは発表されているものの、日本での発表はまだない状況。ただ、北米や中国とは違い、日本向けのエクストレイルでは、e-POWER一本でやってくるはずであり、それも、欧州で登場した3代目キャシュカイと同じ、「e-POWERターボ」となると予測している。

 「e-POWERターボ」の詳細については、ここでは割愛するが、この「e-POWERターボ」という武器を手に入れた新型エクストレイルは、間違いなく優秀なミドルクラスSUVとなる。しかし、オフロード寄りにふったボディスタイルからイメージできるライバルは、ハリアーというよりも、RAV4の方。おそらく新型エクストレイルは、RAV4を相手に良い勝負を繰り広げるだろう。

北米(ローグ)や中国向けには、既に発売されていたりもする新型エクストレイル。日本向けのエクストレイルの登場は2022年ごろか

 新型エクストレイルもライバルとならない、となると、現状これといってライバルが見つからないハリアーだが、かつては、日産ムラーノというライバルが存在した。ムラーノは、日本では2015年に2代目で終了となってしまったが、現在も3代目ムラーノが北米にて販売継続されている。

初代ムラーノ。北米専売車として開発されたムラーノだが、日本市場からの熱烈な要望をうけ、2004年に日本市場に投入された

 ハリアーは2代目モデルまで、レクサスRXとモデル共用であったが、3代目へとモデルチェンジした際、海外市場からの需要で大型化が望まれていたレクサスRXと決別し、国内向けにサイズを縮小した。

 日本にジャストフィットする絶妙なサイズを維持したハリアーに対し、ムラーノは北米での需要に合わせて、ボディサイズを拡大。海外と国内でボディサイズをつくりわける、なんていうことは、トヨタのようにリソースが豊富でない日産には、できなかったのだ。もし日本でムラーノが生き残っていれば、いまのようなハリアーの独壇場は避けられていたかもしれない。

 ハリアーは、今後も快進撃を続けていくだろう。このハリアーの勢いを止めるライバルが現れるか、ますます熱くなるSUV市場の今後が楽しみだ。

【画像ギャラリー】爆売れ中のハリアーを余すところなくチェック!!

こんな記事も読まれています

スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
スーパーフォーミュラ鈴鹿テスト、最終セッションの最速は山下健太。岩佐歩夢とテオ・プルシェールは終盤にアタックせず
motorsport.com 日本版
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
【試乗】ステアリングとLSDの変更で「ロードスター」の走りが激変! レーシングドライバーに「欲しい!」と思わせるクルマが誕生した
WEB CARTOP
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
山下健太がトップタイム。移籍の福住仁嶺が続く|スーパーフォーミュラ公式合同テスト:2日目午後タイム結果
motorsport.com 日本版
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
【スクープ】スウェーデンの自動車ブランド「SAAB」ブランド復活の噂が!? 5人乗りの電動SUVは最大1000kmの航続距離を実現?
LE VOLANT CARSMEET WEB
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
【スクープ】絶妙なボディサイズが魅力のコンパクト電動SUV! MINI話題の新型モデル「エースマン」を完全プレビュー!
LE VOLANT CARSMEET WEB
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
ハイパープロのサスペンションに HAWK11/CL250用がラインナップ!
バイクブロス
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
トランスフォームはしないけど…!?ハセガワ製プラモ「1967年型ビートル」がバンブルビーに変身!【モデルカーズ】
LE VOLANT CARSMEET WEB
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
ヒョンデの小型電動SUV『コナ・エレクトリック』、インドネシアモーターショー2024で現地導入を発表
レスポンス
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
上信道 吾妻西バイパスは3月20日に開通! 国道145号のアクセス向上に期待。
くるくら
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
DSコレクション DS3に「感性豊かな旅の精神」を意味する「DS 3 Esprit de Voyage」を発売
Auto Prove
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
スイス発 Speedbox 社製チタンボルトの新サイズがアクティブから発売!
バイクブロス
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
日産のアジア向けSUV『テラ』、2024年型をフィリピンで発表
レスポンス
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
ルーキーらに雨の洗礼。赤旗3回のセッション1は、終盤タイムアップした牧野任祐が最速/鈴鹿公式合同テスト
AUTOSPORT web
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
2024年スーパーGTのシリーズエントリーリストが発表。GT500、GT300計42台が参戦へ
AUTOSPORT web
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
ステランティスジャパン、DS3の特別仕様車「エスプリ・ド・ヴォヤージュ」発売
日刊自動車新聞
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
BSサミット、自動車メーカー連携「DMS」の実現を目指す組織活動をアピール…IAAE 2024予定
レスポンス
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
スズキ斬新「軽トラック 1人乗り仕様」実車展示! ハヤブサ“1300cc”エンジン搭載の「キャリイ」が凄い!? どんなクルマ?
くるまのニュース
Hi-Storyから1/43スケール「トヨタ カローラ レビン GT-Z(1987)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
Hi-Storyから1/43スケール「トヨタ カローラ レビン GT-Z(1987)」ディスプレイモデルが登場|インターアライド|
driver@web

みんなのコメント

124件
  • 今回のハリアーは、20世紀ごろのトヨタ車の良い感じが戻ってきたと思ってます。ただ、車体の大きさを市街地でコントロールできてない人をわりと見かけ、怖いですね。トヨタ車は、普通に売れてしまう。必然的に車体が大きい車に乗るのになれてない人でも運転する機会が増えるので、そういうことも考えてほしいとも思います。ハリアーの車体サイズは決して普通ではありませんので。
  • このサイズと価格でハリアー売ってクラウン1800幅なんだから売れなくなるわけで

    見た目のハッタリは効いてるしトヨタのデザイン勝ちでしょうな
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索
ハリアーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

312.8453.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

39.8685.3万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村