現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型で勢いづくホンダNボックス 全車種で唯一の2万台超に 11月の軽自動車・新車販売

ここから本文です

新型で勢いづくホンダNボックス 全車種で唯一の2万台超に 11月の軽自動車・新車販売

掲載 5
新型で勢いづくホンダNボックス 全車種で唯一の2万台超に 11月の軽自動車・新車販売

王者Nボックス 圧倒的な販売台数

全国軽自動車協会連合会は、2023年11月期における軽自動車新車販売の車名別ランキングを発表した。

【画像】牙城崩れぬNボックス 新型の詳細【画像】全41枚

2023年11月 軽自動車通称名別新車販売トップ10
1位 ホンダNボックス:2万1097台
2位 ダイハツ・タント:1万5988台
3位 スズキ・スペーシア:1万1407台
4位 スズキ・ハスラー:8731台
5位 ダイハツ・ムーヴ:7292台
6位 ダイハツ・タフト:6634台
7位 ダイハツ・ミラ:6019台
8位 スズキ・ワゴンR:5777台
9位 日産ルークス:5491台
10位 三菱デリカミニ/eK:4927台

11月期の軽自動車の車名別ランキングは、本年10月に全面改良を実施したホンダNボックスが、全車種で唯一2万台オーバーとなる2万1097台(前年同月比20.7%増)を成し遂げて18か月連続での首位を獲得。

続く第2位には、同6.6%増の1万5988台を登録したダイハツ・タントがランクイン。

第3位には、11月22日に第3世代の新型モデルを発売したスズキ・スペーシアが同10.9%増の1万1407台を記録して入り、前月と同じく軽スーパーハイトワゴンがトップ3を占有した。

根強い人気 軽クロスオーバー

注目車の動きを見ていこう。軽クロスオーバーの定番モデルに位置するスズキ・ハスラーは、生産強化の効果もあって前年同月比27.3%増の8731台を売り上げて第4位にランクイン。ライバルのダイハツ・タフトも好セールスを維持し、同27.2%増の6634台を達成して第6位に。

また、5月より販売を開始した三菱デリカミニは、基本コンポーネントを共用する既存のeKシリーズとの合算で4927台と公表して第10位に入った。

さらに、受注残の解消を進めるスズキ・ジムニーは同21.6%増の3735台を販売して第12位に、マイナーチェンジを図った日産デイズは同65.0%増の3624台を登録して第13位に位置する。

軽EVはこれからに注目か

一方、軽EVのカテゴリーでは三菱eKクロスEVが同4.5%増の324台とプラスを回復したものの、日産サクラは同22.1%減の2725台と低迷。

また、バンの三菱ミニキャブ・ミーブは、12月に販売を開始するマイナーチェンジモデル「ミニキャブEV」の発売前にもかかわらず、同0.7%増の274台を売り上げた。

ちなみに、自動車市場のマーケティング調査では、EVに強い関心を持つユーザー層には現状で一定程度EVが行き渡っており、ここしばらくは販売台数が微増もしくは横ばいの状況が続く、という見方がある。

今後の台数増加は来年に相次いで発売される新型の軽バンEVが端緒となるかもしれないと指摘されている。

なお、登録車と軽自動車を合わせた11月期の車名別ランキングのトップ5は、ホンダNボックスが4か月連続での首位に輝き、以降はトヨタ・ヤリス、ダイハツ・タント、トヨタ・カローラ、スズキ・スペーシアの順で続く。

月間販売台数1万台超えは7車種と、前月から1車種増加。ここからも、生産状況の復調ぶりが伺える。

こんな記事も読まれています

フェルスタッペンが通算33回目のPP獲得。フロントロウはルクレール【予選レポート/F1第1戦】
フェルスタッペンが通算33回目のPP獲得。フロントロウはルクレール【予選レポート/F1第1戦】
AUTOSPORT web
1000万円超え! トヨタ新型「ランクル“プラド”」予約受付開始! 330馬力の「“最強エンジン”仕様」中国で発売へ
1000万円超え! トヨタ新型「ランクル“プラド”」予約受付開始! 330馬力の「“最強エンジン”仕様」中国で発売へ
くるまのニュース
ヤマハ「TMAX560」シリーズ2024年モデル発売 上質感とスポーティさを表現した新色を採用
ヤマハ「TMAX560」シリーズ2024年モデル発売 上質感とスポーティさを表現した新色を採用
バイクのニュース
「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???
「新型ランクルプラド」が中国デビュー!! 価格は940万円~と超高級に 注目の2.4Lターボハイブリッドモデルはいかに???
ベストカーWeb
ホンダ「PCX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「PCX」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
スバルの屋台骨を支える「新型フォレスター」はバカ売れ間違いなし!? 歴代モデルの系譜から占う新型のポイントとは?
スバルの屋台骨を支える「新型フォレスター」はバカ売れ間違いなし!? 歴代モデルの系譜から占う新型のポイントとは?
ベストカーWeb
ザウバー育成マロニーが初優勝。宮田莉朋はスタートで出遅れるも猛追見せる/FIA F2第1戦レース1
ザウバー育成マロニーが初優勝。宮田莉朋はスタートで出遅れるも猛追見せる/FIA F2第1戦レース1
AUTOSPORT web
広さ確保のためだけじゃない!? タントよりもスペーシアよりもN-BOXが一番長いのよ!! 軽最長ホイールベースのワケ
広さ確保のためだけじゃない!? タントよりもスペーシアよりもN-BOXが一番長いのよ!! 軽最長ホイールベースのワケ
ベストカーWeb
「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題
「チームが何を考えていたのか分からない」RB角田裕毅、入賞圏外での“チームオーダー”に戸惑い隠せず。戦略面でも大きな課題
motorsport.com 日本版
5号車ポルシェが開幕ポール獲得。トヨタは1台が一次予選敗退も、新人デ・フリースが2番手【WECカタール予選】
5号車ポルシェが開幕ポール獲得。トヨタは1台が一次予選敗退も、新人デ・フリースが2番手【WECカタール予選】
AUTOSPORT web
ベントレー「ベンテイガ」に「あのステッカー」がよく似合う! ハクイキシロイの作品とコラボする理由とは【縁起モノ語り】
ベントレー「ベンテイガ」に「あのステッカー」がよく似合う! ハクイキシロイの作品とコラボする理由とは【縁起モノ語り】
Auto Messe Web
ええ、N360とN-BOXって同じ設計思想ってマジか!! ホンダのMM思想が感動レベルだった
ええ、N360とN-BOXって同じ設計思想ってマジか!! ホンダのMM思想が感動レベルだった
ベストカーWeb
グーマガ 今週のダイジェスト【2/24~3/1】人気の軽に新スクープ!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/24~3/1】人気の軽に新スクープ!
グーネット
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
今年も強いぞフェルスタッペン! 2位ペレスに大差で優勝。RBはチームオーダー不発で角田裕毅14位|F1バーレーンGP決勝
motorsport.com 日本版
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
信州Re:Nが国宝 松本城で鈴鹿8耐の体制発表。TOTECがメインスポンサー、マシンはBMW M1000RRに乗り換え
AUTOSPORT web
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
SHADE RACING、爽快さと力強さを強調する2024年のスーパーGTマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
フェルスタッペン、後続に影をも踏ませぬ完勝! タイトル4連覇に向けて死角無し。角田裕毅は消化不良14位|F1バーレーンGP決勝速報
motorsport.com 日本版
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
F1 Topic:ホーナー問題の情報流出の謎。FIAなどの関係者にも送付、愉快犯とは思えぬやり口に憶測が広がる
AUTOSPORT web

みんなのコメント

5件
  • ********
    在庫、試乗車等など売れる見込みがあるから
    大量にバラまいてる状態ですね。
    他の車種が売れないのも当然。
  • 凸凹凸凹
    実際に日本ホンダでN-シリーズ以外に金出す価値のある車は無いし
    あと一部の人にはシビックR位か
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.7183.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0298.0万円

中古車を検索
ハスラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.7183.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村