現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 一気に未来感を高めたBMW 3シリーズ。数々の改良点や値上げ情報、宿敵Cクラスとの違いを解説

ここから本文です

一気に未来感を高めたBMW 3シリーズ。数々の改良点や値上げ情報、宿敵Cクラスとの違いを解説

掲載 52
一気に未来感を高めたBMW 3シリーズ。数々の改良点や値上げ情報、宿敵Cクラスとの違いを解説

新ヘッドライト&シャープな面構成
輸入ミッドサイズセダンのベストセラーモデル、「BMW 3シリーズ」およびワゴン版の「BMW 3シリーズツーリング」がマイナーチェンジを受け、9月20日に発表された。正統派FRスポーツの代名詞として、いつの時代もクルマ好きから熱い注目を浴びてきた3シリーズは、改良によってどう変化したのか。ライバルとの比較も含めて、その進化を探っていきたい。

>>BMW 3シリーズのカタロググレードをチェックする
>>BMW 3シリーズツーリングのカタロググレードをチェックする

>>BMW 3シリーズツーリングの専門家レビューをチェックする

まず、マイナーチェンジの大きなトピックが、フロントマスクの変更。ヘッドライトは新意匠のLEDを採用し、よりシャープな印象へと進化した。さらにロワーグリルもワイドな形状となり、見た目の迫力をアップしている。もっとも、新型「7シリーズ」やマイナーチェンジ後の「X7」のようなメカメカしいデザインは採らず、「4シリーズ」などの大型キドニーグリルとも異なる独自のデザインを採用。オーセンティックなBMWデザインを好む人には受け入れられそうなスタイルだ。

インテリアも先進的な構成に大幅変更
インテリアにはEV専門ブランド「BMW i」に端を発する曲面型モニター「BMWカーブド・ディスプレイ」を採用した。12.3インチのメーターパネルと14.9インチのコントロール・ディスプレイを一体化させたデザインにより、未来感を一気に高めてきた。

さらに、ATのシフトレバーが廃され全車パドルシフトが標準となったことで、センターコンソール周辺がスッキリしたことも見逃せない。既に世界のプレミアムモデルでは主流となりつつあるシフトレバーレスだが、3シリーズは先代までMTも設定されていたことを考えると、時代の流れを感じるところだ。

今回の改良でパワートレーンに変更はなく、価格上昇は機能向上と原材料コストの増加によるもの。特にエントリーレベルの318iは上がり幅が目立つが、これは標準ホイールがこれまでより1インチ大きい17インチになるなど、標準装備がアップグレードされた結果でもある。

ライバル「Cクラス」とどちらがコスパ良?
では次に、最大のライバルである「メルセデス・ベンツ Cクラス」と比較してみよう。Cクラスのウリは、基本設計が新しいことによる4WS(4輪操舵システム)の採用や、大型タッチパネルディスプレイにある。ただし、部品不足の影響で現在4WSは選択不可となっており、ディスプレイについては3シリーズも改良によって機能を高めてきた。

となると、気になるのは価格とパワートレーンの違い。そこでエントリーモデル同士で比べてみると、Cクラスのスタート価格は「C180 アヴァンギャルド」の599万円と、「318i」より50万円以上高い。そこでパワートレーンに注目すると、その違いは「C180 アヴァンギャルド」が1.5Lガソリンエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせているのに対し、「318i」は2.0Lの純ガソリンエンジンとなる。

結果として燃費(WLTCモード)も含めたスペックは、「C180 アヴァンギャルド」の170ps/250Nm、14.4km/Lに対し、「318i」は156ps/250Nm、13.0km/LとCクラスに及ばない。が、車両価格の差を考えると決定的な優劣は付けにくい。というわけで、ここはデザインの好みで選ぶのが正解だろう。

>>メルセデス・ベンツ Cクラスのカタロググレードをチェックする
>>BMW 3シリーズのカタロググレードをチェックする

>>メルセデス・ベンツ Cクラスステーションワゴンのカタロググレードをチェックする
>>BMW 3シリーズツーリングのカタロググレードをチェックする

以上、マイナーチェンジを受けた3シリーズに改めてスポットライトをあててみた。下調べの参考になれば幸いだ。

なお、改良型3シリーズのラインナップは以下のとおり(括弧内は改良前との価格差)。

318i:548万円(+25万円)
318i Mスポーツ:604万円(+5万円)
320i エクスクルーシブ:646万円(+5万円)
320i Mスポーツ:646万円(+4万円)
320d xDrive Mスポーツ:678万円(変更なし)
330e Mスポーツ:710万円(+7万円)
M340i xDrive:1040万円(+15万円)
318i ツーリング Mスポーツ:627万円(変更なし)
320i ツーリング Mスポーツ:689万円(+21万円)
320d xDrive ツーリング Mスポーツ:715万円(+5万円)
M340i xDrive ツーリング:1067万円(+15万円)

関連タグ

こんな記事も読まれています

MBP Motoが「モルビデリ」を買収! 歴史的ブランドが復活へ
MBP Motoが「モルビデリ」を買収! 歴史的ブランドが復活へ
WEBヤングマシン
【20世紀名車ギャラリー】ポルシェの原点にして傑作RRスポーツ、1959年式ポルシェ356Aの肖像
【20世紀名車ギャラリー】ポルシェの原点にして傑作RRスポーツ、1959年式ポルシェ356Aの肖像
カー・アンド・ドライバー
次期型「ステップワゴン」!? ホンダ「新型ミニバン」公開! “窓なし”「丸テール」が斬新すぎる! 新型「スペースハブ」にユーザーの反応は?
次期型「ステップワゴン」!? ホンダ「新型ミニバン」公開! “窓なし”「丸テール」が斬新すぎる! 新型「スペースハブ」にユーザーの反応は?
くるまのニュース
まもなく世界初公開!? BMW新型「X3」が最終テストを終了 人気のミドルSUV 4代目はどう進化する?
まもなく世界初公開!? BMW新型「X3」が最終テストを終了 人気のミドルSUV 4代目はどう進化する?
VAGUE
15年ぶり全面刷新! トヨタの超本格・最大級「新型SUV」はデザインめちゃ良い! “機能美”極めた「カクカクボディ」の新型「ランクル250」とは
15年ぶり全面刷新! トヨタの超本格・最大級「新型SUV」はデザインめちゃ良い! “機能美”極めた「カクカクボディ」の新型「ランクル250」とは
くるまのニュース
トヨタが新型「ランドクルーザー250シリーズ」を発売、特別仕様車も設定
トヨタが新型「ランドクルーザー250シリーズ」を発売、特別仕様車も設定
@DIME
新型アリアNISMO実走テスト! ~電動スポーツ最前線~
新型アリアNISMO実走テスト! ~電動スポーツ最前線~
グーネット
すごい「ホンダ・ハッチバック」登場! 速そうな「リアウイング」初公開! めちゃカッコいいーシビック!? アクセスの新たな空力アイテムとは
すごい「ホンダ・ハッチバック」登場! 速そうな「リアウイング」初公開! めちゃカッコいいーシビック!? アクセスの新たな空力アイテムとは
くるまのニュース
まだパジェロのこだわりは新型トライトンに生きていた!?!?  さすがホンマもん!!  パジェロのスイッチがいちいちデカかったワケ
まだパジェロのこだわりは新型トライトンに生きていた!?!?  さすがホンマもん!!  パジェロのスイッチがいちいちデカかったワケ
ベストカーWeb
スズキ「GSX-R125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「GSX-R125 ABS」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
俺の[セブン]は最高だったのよ!! 君はFC型サバンナRX-7[アンフィニ]を知っているか? かつてオーナーだった古参BC編集部員の記憶
俺の[セブン]は最高だったのよ!! 君はFC型サバンナRX-7[アンフィニ]を知っているか? かつてオーナーだった古参BC編集部員の記憶
ベストカーWeb
300psオーバー「超進化型ハチロク」出るか?? GRヤリスエンジン+「チューニング対応」の新開発MT炸裂だ
300psオーバー「超進化型ハチロク」出るか?? GRヤリスエンジン+「チューニング対応」の新開発MT炸裂だ
ベストカーWeb
ツートンカラーのボディがかわいい! 車内もオシャレなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
ツートンカラーのボディがかわいい! 車内もオシャレなトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、セダンなのに6人乗り?!  しかも超絶未来っぽいやん内装!!  アメリカからやってきたプロナードがイカす
ええ、セダンなのに6人乗り?!  しかも超絶未来っぽいやん内装!!  アメリカからやってきたプロナードがイカす
ベストカーWeb
モビリティリゾートもてぎに働くクルマが大集合!白バイやパトカーのパレードランも開催!
モビリティリゾートもてぎに働くクルマが大集合!白バイやパトカーのパレードランも開催!
グーネット
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
アルトの元祖は商用車?! 軽にインタークーラー付ターボ・チャージャーはイカツイて! 茨の道をパワーで突き抜けた「漢」初代アルトワークス
ベストカーWeb
シビックを着る!歴代12モデルをデザイン、ホンダ公認Tシャツ新登場 キャムショップ
シビックを着る!歴代12モデルをデザイン、ホンダ公認Tシャツ新登場 キャムショップ
グーネット
車の電動化はどこまで加速する? 専門家に聞く、自動車業界のイマとミライ【前編】
車の電動化はどこまで加速する? 専門家に聞く、自動車業界のイマとミライ【前編】
グーネット

みんなのコメント

52件
  • 7といいX7といい、XMといい、最近のBMWは終わってるデザインばかりだが、何これめちゃカッコよくなったじゃん。
  • 最近のBMWはデザインが迷走しているとしか思えない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

568.01074.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0799.9万円

中古車を検索
3シリーズ セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

568.01074.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.0799.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村