現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車の未来を占う「構造材」 ギガキャストorプレス板? 覇権を握るのはどちらなのか

ここから本文です
自動車の未来を占う「構造材」 ギガキャストorプレス板? 覇権を握るのはどちらなのか
写真を全て見る(3枚)

革新的「ギガキャスト」の挑戦

 近年、自動車の主要構造材として「ギガキャスト」を採用する傾向が強まっている。ギガキャストはテスラが開発した技術で、世界標準になる可能性を秘めている。

「EV」が日本で普及しない超シンプルな理由 航続距離? 充電インフラ? いやいや違います

 自動車の主要構造材とは、エンジンルームやリアアクセル周りの構造を形成する部品で、
・フロントアンダーボディ
・リアアンダーボディ
・フレーム

などがあり、自動車の最も重要な骨格部分である。

 現在の主流は、プレス製部品を主要構造材として、それらをスポット溶接で層状に結合し、ひとつの主要構造材とする方法である。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ハイブリッド車のバッテリー革新? JFEスチールの980Mpa「超高張力鋼板」が初採用、自動車にどんなメリットがあるのか
ハイブリッド車のバッテリー革新? JFEスチールの980Mpa「超高張力鋼板」が初採用、自動車にどんなメリットがあるのか
Merkmal
EV向け「自動車保険」が次々と登場しているワケ 保険業界が直面する課題とは
EV向け「自動車保険」が次々と登場しているワケ 保険業界が直面する課題とは
Merkmal
中国EV企業の果てなき野心! 東南アジア市場 支配のカギ「5000kmの充電回廊」とは何か? 産業構造の大転換はもう始まっている
中国EV企業の果てなき野心! 東南アジア市場 支配のカギ「5000kmの充電回廊」とは何か? 産業構造の大転換はもう始まっている
Merkmal
CNFのゲームチェンジが来た!【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
CNFのゲームチェンジが来た!【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
新車363万円の[中国EV]がさらに安く!? メリットだらけの[ブレードバッテリー]その正体とは
新車363万円の[中国EV]がさらに安く!? メリットだらけの[ブレードバッテリー]その正体とは
ベストカーWeb
定期交換で安全確保! ぬるぬる油「パワステフルード」の正しい扱い方をご存じか
定期交換で安全確保! ぬるぬる油「パワステフルード」の正しい扱い方をご存じか
Merkmal
ホンダのWR-V旋風? 輸入車市場でメルセデスを猛追、円安逆風下でも輸入車が増えるワケとは
ホンダのWR-V旋風? 輸入車市場でメルセデスを猛追、円安逆風下でも輸入車が増えるワケとは
Merkmal
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
くるまのニュース
F1業界はなぜこれほどまでに閉鎖的なのか? 経済効果は莫大も、「新規参入」を巧みにブロックする既得権構造とは
F1業界はなぜこれほどまでに閉鎖的なのか? 経済効果は莫大も、「新規参入」を巧みにブロックする既得権構造とは
Merkmal
いまさら聞けない? いやまだ間に合うっしょ! アルミ/スチール、鍛造/鋳造ホイールのアレコレ
いまさら聞けない? いやまだ間に合うっしょ! アルミ/スチール、鍛造/鋳造ホイールのアレコレ
ベストカーWeb
まだまだ、さらに進化!? 「ポルシェ911」ドライブテクノロジーの技術革新
まだまだ、さらに進化!? 「ポルシェ911」ドライブテクノロジーの技術革新
LE VOLANT CARSMEET WEB
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
THE EV TIMES
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
待望の「ロータリーエンジン」復活! マツダがコツコツ継続しているユニークな技術がスゴい! 一体どんなもの?
待望の「ロータリーエンジン」復活! マツダがコツコツ継続しているユニークな技術がスゴい! 一体どんなもの?
くるまのニュース
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
AUTOCAR JAPAN
“コスパがスゴい”だけじゃない! いま話題のBYDフラッグシップセダン 新型「シール」ってどんなクルマ?
“コスパがスゴい”だけじゃない! いま話題のBYDフラッグシップセダン 新型「シール」ってどんなクルマ?
VAGUE
トヨタが「新・レビン」発売!? 「ハチロクじゃない…」 謎の4ドアセダン! 販売される中国の現状
トヨタが「新・レビン」発売!? 「ハチロクじゃない…」 謎の4ドアセダン! 販売される中国の現状
くるまのニュース
ヘッドライトにも「2024年問題」到来? ロービーム検査の徹底がもたらす影響をご存じか
ヘッドライトにも「2024年問題」到来? ロービーム検査の徹底がもたらす影響をご存じか
Merkmal

みんなのコメント

33件
  • Ta*****
    過去にダイキャスト構造部品を使おうとして、エラい目にあった。
    原因は「巣」。
    構造の中のどっかに密度の低い部分が出来るんよ。
    そこをキッカケにして繰返し応力でクラックが成長するんよ。
    巣のある部品をはじくために、わざわざX線検査装置とか入れたけど。それでも100%除去できんかった。
  • ham
    EV信仰誌としてはギガキャスト一択なんだろうけど寄稿依頼したライターは真面目に評論した模様
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

563.7727.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

389.0750.8万円

中古車を検索
モデルYの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

563.7727.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

389.0750.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村