現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「EVシフトの踊り場」議論を一蹴! EVシフトに向けて本気のホンダが投入する「10兆円」で何が起こる?

ここから本文です
「EVシフトの踊り場」議論を一蹴! EVシフトに向けて本気のホンダが投入する「10兆円」で何が起こる?
写真を全て見る(17枚)

EVシフトにブレないホンダ

ホンダが2024年シーズンにおけるビジネスアップデートと題して、今後の電動化戦略などの新たな方針を打ち出し、2030年までにEVや自動運転などに対して10兆円という、当初の倍もの巨額の投資を行うことによって、EVシフトを加速させる方針を表明。そしてEVシフトの踊り場という議論を一蹴し、あくまでも長期的にはEVシフトは確定的な未来であるという主張を改めて強調。そのホンダの最新戦略についてを解説します。

ホンダから軽商用EV「N-VAN e:」が登場! 一充電走行距離は245km

ホンダに関して重要なポイントというのが、すでに完全EVシフトを宣言しているという点です。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
BYDがじわり進出もまだ日本のエンジン車が有利! EVシフトが進む「日本車天国」タイの動向
THE EV TIMES
人気の軽EVのライバルとなるか? 日本導入も確実なヒョンデの小型EV「インスター」の気になる中身
人気の軽EVのライバルとなるか? 日本導入も確実なヒョンデの小型EV「インスター」の気になる中身
THE EV TIMES
ホンダが斬新デザイン「SUV」を次々発表! 4ドアスポーツセダンも登場予定!? 攻勢続く中国市場のイマ
ホンダが斬新デザイン「SUV」を次々発表! 4ドアスポーツセダンも登場予定!? 攻勢続く中国市場のイマ
くるまのニュース
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
ミニキャブEVを日本郵便から3000台の大量受注! 郵便配達を支え続けた11年の三菱の実績が実る
ミニキャブEVを日本郵便から3000台の大量受注! 郵便配達を支え続けた11年の三菱の実績が実る
THE EV TIMES
約2年ぶりに今夏復活! ホンダ「“すごい”SUV」まもなく発売! スポーティな「RS」&「ハイブリッド」の新型「CR-V」追加導入の可能性とは
約2年ぶりに今夏復活! ホンダ「“すごい”SUV」まもなく発売! スポーティな「RS」&「ハイブリッド」の新型「CR-V」追加導入の可能性とは
くるまのニュース
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
マツダ“新型”「MAZDA 2」まもなく登場!? 超“精悍顔”化&ロータリー搭載? デビュー10年目の「小さな高級車」どうなるのか
くるまのニュース
CNFのゲームチェンジが来た!【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
CNFのゲームチェンジが来た!【池田直渡の5分でわかるクルマ経済】
グーネット
日産の「ハイブリッド」何が「スゴイ」? トヨタ式ハイブリッドとの「違い」って!? 窮地を救った独自の「技術」とは
日産の「ハイブリッド」何が「スゴイ」? トヨタ式ハイブリッドとの「違い」って!? 窮地を救った独自の「技術」とは
くるまのニュース
ホンダWR-V 試乗記 無駄を削ぎ落としてシンプリストにしたら、ここに市場が反応した
ホンダWR-V 試乗記 無駄を削ぎ落としてシンプリストにしたら、ここに市場が反応した
Auto Prove
【最新モデル評価】ホンダ・アコードは電動車だからできる爽快感を追求。e:HEVハイブリッドのスポーティな味わいがいい!
【最新モデル評価】ホンダ・アコードは電動車だからできる爽快感を追求。e:HEVハイブリッドのスポーティな味わいがいい!
カー・アンド・ドライバー
【最新モデル評価】ホンダWR-Vは世界連携で迅速に開発・導入。プレーン&シンプルな魅力が際立つ
【最新モデル評価】ホンダWR-Vは世界連携で迅速に開発・導入。プレーン&シンプルな魅力が際立つ
カー・アンド・ドライバー
【ディーゼルAWDは決意の証】改良モデル全車発進! フォルクスワーゲン大発表会
【ディーゼルAWDは決意の証】改良モデル全車発進! フォルクスワーゲン大発表会
AUTOCAR JAPAN
ホンダのWR-V旋風? 輸入車市場でメルセデスを猛追、円安逆風下でも輸入車が増えるワケとは
ホンダのWR-V旋風? 輸入車市場でメルセデスを猛追、円安逆風下でも輸入車が増えるワケとは
Merkmal
ホンダ「2ドア・クーペ」復活へ! 新型プレリュード欧州導入 2.0Lガソリン「e:HEV」採用か
ホンダ「2ドア・クーペ」復活へ! 新型プレリュード欧州導入 2.0Lガソリン「e:HEV」採用か
AUTOCAR JAPAN
ハイブリッド車のバッテリー革新? JFEスチールの980Mpa「超高張力鋼板」が初採用、自動車にどんなメリットがあるのか
ハイブリッド車のバッテリー革新? JFEスチールの980Mpa「超高張力鋼板」が初採用、自動車にどんなメリットがあるのか
Merkmal
[CX-50]がヤバい! ついにマツダSUVにトヨタ製ハイブリッドが搭載された! 日本はいつ? 
[CX-50]がヤバい! ついにマツダSUVにトヨタ製ハイブリッドが搭載された! 日本はいつ? 
ベストカーWeb
真っ赤なボディがまばゆいホンダ「スポーティクーペ」欧州初公開! 市販化は決定的!?「プレリュード・コンセプト」の存在価値とは
真っ赤なボディがまばゆいホンダ「スポーティクーペ」欧州初公開! 市販化は決定的!?「プレリュード・コンセプト」の存在価値とは
VAGUE

みんなのコメント

102件
  • tos********
    クレイジーとしか思えない。
  • duz********
    中国韓国以外の世界中のメーカーがEV見直しに舵を切り始め、米国EU他の各国で中国EV車に関税を高くかける事を発表している中、ホンダ単体でインフラ含め数々の問題を解決出来ないのではないか?トランプ再登場だと更に脱EV車見直しは確定的。EV車を売る国が無くなりつつある。ホンダの未来は暗い。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

707.41100.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.8599.8万円

中古車を検索
レジェンドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

707.41100.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

25.8599.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村