サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 輸入車やレクサスの車名に数字が使われている理由

ここから本文です

国内外で車名を変える必要はあるのか

 地域によって意味の変わってくるネーミングからグローバルネーム、つまり全世界共通の車名でビジネスを展開する自動車メーカーが増えてきた。2020年2月に発売される4代目となるトヨタ・ヴィッツは、グローバルネームの「ヤリス」に名称を変更。マツダもアクセラから輸出用ネームの「マツダ3」に改めて国内で発売。このように国産車世界戦略車として新たな舵を切る。

「ダブワン」「マッハ」「ケーゼロ」 愛称で呼ばれた60年代生まれの大型国産バイクたち

 グローバルネームの使用は“世界でも認められている製品”であること、つまり「あなたの選んだクルマは世界に通用するクオリティを持っています」と端的にアピールしやすい。