現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタの新しい生産方式にテスラ流ギガプレスを採用

ここから本文です

トヨタの新しい生産方式にテスラ流ギガプレスを採用

掲載 更新 37
トヨタの新しい生産方式にテスラ流ギガプレスを採用

トヨタは2023年6月13日、次世代の新技術発表を行なった。そこでは、これまで強調してきた水素利用のクルマ以外に、電動化、EV化にも全力を注ぐことがアピールされた。

ギガプレスのサンプル。左はフロント一体ユニット、右がリヤ一体ユニット発表された技術は多岐にわたるが、まずはEVの製造技術に関しての訴求が採り上げられている。

ポルシェは市販前提?!の「ミッションX」を公開【公式動画あり】

トヨタはこれまでにEV車としてレクサス・ブランドでUX300e、RZ450e、トヨタ・ブランドでbZ4Xを発売しているが、その生産はサブ・ラインでの少量生産で、bZ4Xは元町工場のMIRAIとの混流生産、つまり極小規模生産であり、収益性は厳しい状態にあった。

本格的なEVを生産するためには専用のラインが必要であり、収益性を高めるには、より大量で、より少ない工程で生産する必要があるのだ。

その背景には、リチウムイオン・バッテリーの価格は、韓国、中国のメーカーが世界規模で大量生産しているにもかかわらず、依然として売り手市場であり、バッテリー価格の大幅な低減は期待できなくなっている。

そのため、EVの生産コストを引き下げ、収益幅を拡大するには、大量生産と生産方法の革新が必要で、より合理的に、より短時間で組み立て生産をする必要がある。

トヨタもギガプレスで生産

そのパイオニアがテスラで、組み立ての大幅な自動化はもちろん、モデル3以降はリヤセクション、フロントセクションをアルミで一体成形する、ギガプレスを採用している。

これは従来の自動車メーカーにはなかった着想であった。一体成形により、従来のようなサブフレームや、それに取り付ける部品が省略され、プラットフォームへの組み付けも一挙に行なうことができ、組み付け時間を大幅に短縮できる。まさにモジュラー組み付けとも呼ばれる方式である。

テスラ モデル3のプラットフォーム。前後のセクションはギガプレスにより一体成形この発想は、テスラに始まり、既に中国のEVメーカーは採用しており、トヨタが追いかける形になる。ちなみにテスラの上海工場は年産200万台近い生産規模といわれており、EV生産の規模は他社を圧倒している。

トヨタはEVとしての特性をより生かした次世代EVの開発・生産において、部品の統合=モジュール化、生産準備工程の半減、生産工程の短縮、ひいてはEV製造工場に対する投資額を従来の規準から半減させることを目指している。つまり生産の原単位を最小限まで抑えることで、収益を確保しようとしているのだ。

部品の大幅なモジュール化は、まさにテスラ方式のギガプレスの採用であり、トヨタは今回この方式を採用することを強調している。

トヨタのフロント部のギガプレスのサンプルただ、前後のサブフレームや構造材をアルミ材で一体鋳造プレスを行なうためには、6000トン~1万トン・クラスの鋳造プレス機が必要になるが、それをトヨタが導入するのか、サプライヤーが導入するのか?興味深い。

ギガプレスで製造されたリヤ部のサンプルギガプレス以外に、より革新的なEVプラットフォームの採用も必須となる。特にバッテリーパックを中国のBYDのように構造材とするのか、テスラのようなホットスタンプ材で支持するのか? プラットフォームとしてのフレキシビリティとEVならではの革新的な構造を両立することが求められている。

トヨタは2030年に電動車を350万台、その中でEVは170万台を目論んでいる。これを実現し、EVでの収益を確保するには、各種カテゴリーの車両一括企画、車両コンポーネンツのモジュール化、そして生産にける原単位の半減を行なうことが挑戦すべきテーマである。

このコンセプトにしたがって開発・生産される新世代のEVは2026年に登場する予定だ。

トヨタ 関連記事
トヨタ 公式サイト

The post トヨタの新しい生産方式にテスラ流ギガプレスを採用 first appeared on オートプルーブ - Auto Prove.

関連タグ

こんな記事も読まれています

真似した[ウィッシュ]に対し「ポリシーは、あるか」で反撃! でも悲しいかな販売台数では大負けした[ストリーム]の嘆き
真似した[ウィッシュ]に対し「ポリシーは、あるか」で反撃! でも悲しいかな販売台数では大負けした[ストリーム]の嘆き
ベストカーWeb
カワサキ「Ninja e-1」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
カワサキ「Ninja e-1」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
米西海岸の雰囲気満点! 爽やかで個性的なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
米西海岸の雰囲気満点! 爽やかで個性的なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
新車価格700万円がいまや[100万円台]!! トヨタが世界初の市販車として発売[水素MIRAI]は買いなのか!?
新車価格700万円がいまや[100万円台]!! トヨタが世界初の市販車として発売[水素MIRAI]は買いなのか!?
ベストカーWeb
シックな雰囲気に無骨さをプラス! 男心をくすぐるトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
シックな雰囲気に無骨さをプラス! 男心をくすぐるトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
今のマツダじゃ考えられなくない!? [プロシードマービー]が泥くさすぎて超絶イイやんけ
今のマツダじゃ考えられなくない!? [プロシードマービー]が泥くさすぎて超絶イイやんけ
ベストカーWeb
角田裕毅、F1モナコGP初日の走行に手応え「今回も良い初日になりました。ペースもあります!」
角田裕毅、F1モナコGP初日の走行に手応え「今回も良い初日になりました。ペースもあります!」
motorsport.com 日本版
ヘビーウエットのなかマルタンスが最速。モナコ初走行の宮田莉朋は20番手/FIA F2第5戦フリー走行
ヘビーウエットのなかマルタンスが最速。モナコ初走行の宮田莉朋は20番手/FIA F2第5戦フリー走行
AUTOSPORT web
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
ベストカーWeb
【中古車選びお悩み相談】認定中古車って何?メリットとデメリットは?
【中古車選びお悩み相談】認定中古車って何?メリットとデメリットは?
グーネット
アレイシ・エスパルガロ、MotoGP現役引退を地元カタルーニャGPで発表。スズキやアプリリアで活躍、昨年は2勝
アレイシ・エスパルガロ、MotoGP現役引退を地元カタルーニャGPで発表。スズキやアプリリアで活躍、昨年は2勝
AUTOSPORT web
ヒョンデ「アイオニック5N」×「攻殻機動隊」 草薙素子が新型EVで疾走!【動画あり】
ヒョンデ「アイオニック5N」×「攻殻機動隊」 草薙素子が新型EVで疾走!【動画あり】
グーネット
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」3
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」3
グーネット
フェラーリF1の精密なレプリカステアリングが発売。コントローラーとしてゲームプレイにも使用可能
フェラーリF1の精密なレプリカステアリングが発売。コントローラーとしてゲームプレイにも使用可能
AUTOSPORT web
母国初優勝目指すルクレール、FP2最速。ベテランふたりが続く……角田裕毅はソフトタイヤ使わず11番手|F1モナコGP
母国初優勝目指すルクレール、FP2最速。ベテランふたりが続く……角田裕毅はソフトタイヤ使わず11番手|F1モナコGP
motorsport.com 日本版
[故障車]の紙貼っとけば違反にならない!? ウソかマコトか!? [駐車や停車]にまつわる噂話の真相を探る
[故障車]の紙貼っとけば違反にならない!? ウソかマコトか!? [駐車や停車]にまつわる噂話の真相を探る
ベストカーWeb
F1モナコGP FP2速報|ルクレールが母国グランプリ初日最速。ハミルトン&アロンソのベテラン勢が続く……角田裕毅は11番手
F1モナコGP FP2速報|ルクレールが母国グランプリ初日最速。ハミルトン&アロンソのベテラン勢が続く……角田裕毅は11番手
motorsport.com 日本版
読者の値引き実例 私もX氏
読者の値引き実例 私もX氏
グーネット

みんなのコメント

37件
  • テスラ流ギガプレスって、、、
    テスラのときボロクソに言ってた人はどこいったのかな?
  • よっ、さすが後出しジャンケン車屋
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

561.3651.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

279.0550.5万円

中古車を検索
モデル3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

561.3651.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

279.0550.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村