現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ド迫力の新型「“軽”SUV」正式発表! アンダー250万円のブラーバ「イオ」! スズキ「ハスラー」ベースのカスタムマシン登場

ここから本文です

ド迫力の新型「“軽”SUV」正式発表! アンダー250万円のブラーバ「イオ」! スズキ「ハスラー」ベースのカスタムマシン登場

掲載 21
ド迫力の新型「“軽”SUV」正式発表! アンダー250万円のブラーバ「イオ」! スズキ「ハスラー」ベースのカスタムマシン登場

■ハスラーベース!? ブラーバ新型「イオ」正式発表

 2023年11月21日、名古屋市の総合カスタムメーカーKUHL JAPAN(クールジャパン)は、コンプリートカーブランド「VRARVA(ブラーバ)」第3弾モデルとして、スズキ「ハスラー」をベースにした「IO(イオ)」を正式発表しました。

【画像】超カッコイイ! ”ド迫力軽SUV”新型「イオ」の画像を見る(50枚)

 ブラーバは「近未来クロスオーバー」をテーマに、装甲車や戦闘機に通じるミリタリースタイルが特徴。

 これまでトヨタ「RAV4」をベースにした「MARS(マーズ)」、三菱「デリカD:5」をベースにした「ORCUS(オーカス)」を展開し、いずれのモデルでもベース車を意識させない、大幅なイメージチェンジを図っています。

 今回発表されたイオは、マーズとオーカスと比べて“イメージチェンジ度”が抑えられたライトな仕立て。

 9点で構成されるボディキットはほかのブラーバシリーズとは異なり、大作業が必要なパネル交換だけではなく、ボディに付加するタイプのパネルも設けることで、価格を含めて気軽にブラーバの世界観を楽しめるモデルとなっています。

 フロントセクションはハスラーの特徴でもある丸目を残しながら、スクエア形状のボンネットや凹凸のあるグリルなどで精悍さと未来感を演出。さらにグリルをブラーバシリーズに共通する六角形ダクトにすることで、個性を主張しています。

 サイドは軽自動車規格を超えない範囲で、前後フェンダーによるワイド化(片側9mm以内)を図るとともに、ドアパネルの下部にプロテクター、サイドシル(ロッカー)に厚みのあるステップを装着することで装甲車を連想させるタフな雰囲気を生み出しています。

 リアセクションは、左右のテールをつなぐガーニッシュのほか、バンパーにプロテクターを装着し、ごつごつとしたメカニカルな印象を強めています。

 なお、デモカーにはボディキット9点のほか、ブラーバオリジナルの「DW01」15インチホイール(マットブラッククリアカラー)、オールテレーンタイヤ、車高調による1.5インチリフトアップが施されています。

 ベース車のハスラーは、アウトドアアイテムから発想を得て機能性を追求し、タフさや力強さを融合させた軽クロスオーバー。

 イオは、その個性をミリタリーという方向性で一段と引き立てた仕上がりです。

 価格はベース車の仕様がハイブリッドG・2WDの場合で249万円(税込)。グレードやボディカラー、オプションは自由に選択できます。

こんな記事も読まれています

トヨタ“新”「ヤリス」発売! 570万円超えの「オシャブルー」最上級モデル設定! 快速「ハイブリッド130」搭載の「5ドアスポーツハッチ」欧州で発表
トヨタ“新”「ヤリス」発売! 570万円超えの「オシャブルー」最上級モデル設定! 快速「ハイブリッド130」搭載の「5ドアスポーツハッチ」欧州で発表
くるまのニュース
事故多発!? 神奈川の「道路の真ん中にある神社」が工事で見納め 車線と車線の間に鳥居が鎮座 いつからこうなった!? 拡幅で珍風景も消滅
事故多発!? 神奈川の「道路の真ん中にある神社」が工事で見納め 車線と車線の間に鳥居が鎮座 いつからこうなった!? 拡幅で珍風景も消滅
くるまのニュース
Gogoro「Pulse」 台湾の電動バイクブランドがスマートスクーターのフラッグシップモデルを発表
Gogoro「Pulse」 台湾の電動バイクブランドがスマートスクーターのフラッグシップモデルを発表
バイクのニュース
モータースポーツ愛好者必見! KTCの最新観戦アイテムが魅力的…大阪オートメッセ2024
モータースポーツ愛好者必見! KTCの最新観戦アイテムが魅力的…大阪オートメッセ2024
レスポンス
降雪地域の道路脇にある「箱」! 中身の「砂利」と「白い粒」の正体と使い方とは?
降雪地域の道路脇にある「箱」! 中身の「砂利」と「白い粒」の正体と使い方とは?
WEB CARTOP
今年も本気ですよ? フェラーリ、2025年から7度のF1王者ハミルトンが加入も「2024年は非常に重要なシーズン」
今年も本気ですよ? フェラーリ、2025年から7度のF1王者ハミルトンが加入も「2024年は非常に重要なシーズン」
motorsport.com 日本版
ベントレー・ベンテイガの日本限定モデル「アズール ニンバス コレクション」が東京・六本木にて特別展示
ベントレー・ベンテイガの日本限定モデル「アズール ニンバス コレクション」が東京・六本木にて特別展示
カー・アンド・ドライバー
トヨタとKDDI、通信技術で交通事故を防ぐ技術開発 スマホと車両データで事故リスクを見える化
トヨタとKDDI、通信技術で交通事故を防ぐ技術開発 スマホと車両データで事故リスクを見える化
日刊自動車新聞
ニコル・コンペティツィオーネ 日本最大規模のフェラーリ拠点をオープン
ニコル・コンペティツィオーネ 日本最大規模のフェラーリ拠点をオープン
Auto Prove
[15秒でわかる]アバルト『695』75周年仕様…ルーフに巨大サソリの記念車
[15秒でわかる]アバルト『695』75周年仕様…ルーフに巨大サソリの記念車
レスポンス
第6世代の新型「BMW 5シリーズ ツーリング」登場! 5シリーズ最後となるエステートモデルは日本にもやってくる!
第6世代の新型「BMW 5シリーズ ツーリング」登場! 5シリーズ最後となるエステートモデルは日本にもやってくる!
AutoBild Japan
ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
ホンダの「新型軽バン」に期待! 「N-VAN」とは違う“画期的モデル”がスゴい… デメリットを解決する「新型MEV-VAN」とは
くるまのニュース
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
「メンテナンスパック」に入ってるのに任意点検が受けられない! ディーラー整備士がいま阿鼻叫喚の事態と化していた
WEB CARTOP
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
マツダ新型「軽自動車」登場!ハイトワゴン全面刷新&トールワゴン改良!? アンダー150万円からのマツダ軽、どんな人が買う?
くるまのニュース
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
社外ホイールへの交換時に使う「ハブリング」とは? 正しい取り付けで安全な走行を~カスタムHOW TO~
レスポンス
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
”レーシングマシンのエンジンを搭載”、あの名車「スカイラインGT-R」発売さる!【55年前の今日、こんなことが…】
LE VOLANT CARSMEET WEB
BMW アルピナ B8 グランクーペ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
BMW アルピナ B8 グランクーペ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
ホンダ新型「スーパーカブC125」に新色ブルー登場! 1万1000円の値上げで3/28発売
ホンダ新型「スーパーカブC125」に新色ブルー登場! 1万1000円の値上げで3/28発売
WEBヤングマシン

みんなのコメント

21件
  • reg*******
    カスタムショップによるコンプリートカーなのに、あたかも普通にディーラーで買える新車みたいな言い回しは考えもの。
  • santaku
    ブラーバ?
    ハスラーとなんか違うのか…
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.7183.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0298.0万円

中古車を検索
ハスラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

138.7183.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0298.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村