現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全長4mの「高級車」! 上質すぎる「豪華内装」採用したコンパクトカーが凄い! マツダが仕立てた渾身の「高級モデル」とは

ここから本文です

全長4mの「高級車」! 上質すぎる「豪華内装」採用したコンパクトカーが凄い! マツダが仕立てた渾身の「高級モデル」とは

掲載 9
全長4mの「高級車」! 上質すぎる「豪華内装」採用したコンパクトカーが凄い! マツダが仕立てた渾身の「高級モデル」とは

■「スペシャル」を目指したコンパクトカー

 マツダのコンパクトカーといえば、伝統的な車種として「デミオ」が挙げられます。
 
 1996年の初代モデル登場以降、フルモデルチェンジを繰り返しながら、現在は「マツダ2」と改名した4代目が販売されているなど、同社を代表するクルマと言えます。
 
 その一方で、デミオとは異なるキャラクター性を持つコンパクトカーとして、かつて「ベリーサ」というモデルが存在していました。

【画像】「えっ…!」 これがベリーサの「超豪華内装」です(37枚)

 ベリーサは2004年6月に発売した「セミトールワゴンタイプ」のコンパクトカーです。

 当時すでに2代目となっていたデミオと同じプラットフォームを採用していることから、ホイールベースはデミオと同じ2490mmですが、ベリーサの全長はデミオよりも50mm長くなっており、やや大きなボディサイズを採用していました。

 ベリーサはベースのデミオよりも高級志向のモデルとして位置づけられていたため、当時は珍しかったアドバンスドキーを標準装備したほか、本革シートやHDD内蔵のミュージックシステムをオプションに用意。

 ハイグレードな装備を用意することで、積極的に他車との差別化を図っていました。

 また、上質な仕立ては装備品のみならず、広々とした車内空間に防音材を取り入れ静音性を高めるなど、ワンランク上のコンパクトカーに相応しい設計が施されています。

 搭載するパワーユニットは、最大出力113馬力・最大トルク14.3kgf・mを発揮する1.5リッター直4エンジンに4速ATの組み合わせで、駆動方式はFFと4WDから選択が可能。

 これはデミオの上位グレードと同じエンジンで、1100kgの車重には十分なパワーによってコンパクトカーらしい軽快な走りが特徴です。

■高く評価されるも販売数は

 このように、上質な内外装に加えて静音性や走行性能も高いレベルでまとめられたベリーサは、2004年の「日本カー・オブ・ザ・イヤー」で特別賞に選出。

 同年12月には限定800台の限定車をリリースするなど、販売数の拡大を図ります。

 しかし、完全な新規モデルゆえの知名度の低さや、そもそも同門のデミオが欠点の少ないクルマだったこともあり、ベリーサの販売数はマツダの予想に届かず伸び悩みます。

 マツダは同車の訴求力を増すべく、当初オプションだった本革シートを標準装備に変更するなど意欲的なマイナーチェンジを繰り返しますが、2015年に生産が終了。

 2004年のデビューから11年と販売期間は長かったものの、明確な後継モデルは登場せず、1代のみで姿を消しました。

※ ※ ※

 ベリーサの登場した当時のマツダは「Zoom Zoom」をブランドメッセージとし、ラインナップ全体でスポーティさを表現していたことから、上級思考のベリーサは大衆モデルながら「一風変わった存在」と捉えられていた面も否定できません。

 しかし、現在のマツダはスポーティさとともにブランド全体で上質感を演出しており、デミオを改名したマツダ2には高級感のある本革シートが用意されるなど、かつてのイメージとは異なるメーカーとなっています。

 ベリーサ自体は後継車種なくモデル寿命を終えましたが、実用的なモデルの中に上質さを追求したその「志」は、現在のマツダ車の中に息づいているのかもしれません。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

なぜ「車検ステッカー」の貼付場所が変わった? 罰則もあり!? 最新「“ミニ”車検証」でできる裏ワザとは?
なぜ「車検ステッカー」の貼付場所が変わった? 罰則もあり!? 最新「“ミニ”車検証」でできる裏ワザとは?
くるまのニュース
カル・クラッチロー、ワイルドカード参戦予定だったMotoGPイギリスGPを手の怪我で欠場
カル・クラッチロー、ワイルドカード参戦予定だったMotoGPイギリスGPを手の怪我で欠場
motorsport.com 日本版
走りを変える、ブリッツの「スマスロ」「スロコン」に『レクサスLM』『GRヤリス』『ランクル250』『マツダ2』など追加
走りを変える、ブリッツの「スマスロ」「スロコン」に『レクサスLM』『GRヤリス』『ランクル250』『マツダ2』など追加
レスポンス
日産『GT-R』最後の北米限定車「T-spec 匠エディション」&「スカイライン・エディション」がエモすぎる[詳細画像]
日産『GT-R』最後の北米限定車「T-spec 匠エディション」&「スカイライン・エディション」がエモすぎる[詳細画像]
レスポンス
ダイハツ「新・軽バン」初公開! 「大人2人寝れる」車中泊仕様!? オシャ内装採用の「バンテック・ルネッタ」発表へ
ダイハツ「新・軽バン」初公開! 「大人2人寝れる」車中泊仕様!? オシャ内装採用の「バンテック・ルネッタ」発表へ
くるまのニュース
日産「新型2ドアクーペ」発表で大反響! オシャグリーン内装&「匠の手組みエンジン」がイイ! ド迫力フェンダーも採用の「Takumi Edition」米登場に「夢のある車」の声
日産「新型2ドアクーペ」発表で大反響! オシャグリーン内装&「匠の手組みエンジン」がイイ! ド迫力フェンダーも採用の「Takumi Edition」米登場に「夢のある車」の声
くるまのニュース
ドゥカティの最新型マシン削減方針、VR46は不満「プラマックのように2台最新型が欲しかった」
ドゥカティの最新型マシン削減方針、VR46は不満「プラマックのように2台最新型が欲しかった」
motorsport.com 日本版
「実効空力」と「しなるホイール」って……こんなに違うの!? ホンダアクセスのパーツを装着したヴェセルの走りが衝撃だった
「実効空力」と「しなるホイール」って……こんなに違うの!? ホンダアクセスのパーツを装着したヴェセルの走りが衝撃だった
WEB CARTOP
21ポジションアップの大逆転。ウィル・パワーが今季2勝目、ペンスキー勢がダブルヘッダー完勝/インディカー
21ポジションアップの大逆転。ウィル・パワーが今季2勝目、ペンスキー勢がダブルヘッダー完勝/インディカー
AUTOSPORT web
アルピナ製BMW5シリーズ全7世代をテスト!5シリーズはアルピナブランドの心臓であり魂だ
アルピナ製BMW5シリーズ全7世代をテスト!5シリーズはアルピナブランドの心臓であり魂だ
AutoBild Japan
約2500万円のトヨタ「アルファード」が売れてる!? 「クラウンミニバン」も設定!? 競合多い「高級ミニバン」 中国の現状は?
約2500万円のトヨタ「アルファード」が売れてる!? 「クラウンミニバン」も設定!? 競合多い「高級ミニバン」 中国の現状は?
くるまのニュース
MTで操れるトヨタのコンパクトスポーツカー「GR86」が進化! “グリーンのボディ×ブラウンの内装”がおしゃれな限定車も注目です
MTで操れるトヨタのコンパクトスポーツカー「GR86」が進化! “グリーンのボディ×ブラウンの内装”がおしゃれな限定車も注目です
VAGUE
面倒な客には「無理して売らない」が令和スタイル! お客も知っておくべきいまどきの新車販売現場
面倒な客には「無理して売らない」が令和スタイル! お客も知っておくべきいまどきの新車販売現場
WEB CARTOP
宮城の老舗ショップ「コズミック」製作のカスタムハーレーを紐解く
宮城の老舗ショップ「コズミック」製作のカスタムハーレーを紐解く
バイクのニュース
「有料道路になります」異例の看板出現に反響多数!?「渋滞緩和楽しみ」「無料のままがいい」福岡の「八木山バイパス」4車線化いよいよ秒読み段階へ
「有料道路になります」異例の看板出現に反響多数!?「渋滞緩和楽しみ」「無料のままがいい」福岡の「八木山バイパス」4車線化いよいよ秒読み段階へ
くるまのニュース
[15秒でニュース]アジアラリー王者奪還へ、三菱『トライトン』の準備は万端
[15秒でニュース]アジアラリー王者奪還へ、三菱『トライトン』の準備は万端
レスポンス
シボレー カマロ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
シボレー カマロ【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
【最新モデル評価】最新シビック・タイプRはFF世界最速の称号を獲得。「赤バッジ」は速いホンダの象徴である!
【最新モデル評価】最新シビック・タイプRはFF世界最速の称号を獲得。「赤バッジ」は速いホンダの象徴である!
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

9件
  • 藍流頓瀬奈
    今の魂動デザインの、尻上がりなmazda2よりも見切りのいい水平基調の窓配置も見逃せない。
    これのおかげで運転のしやすさや開放感もある。
    今一度思い出して欲しい、特に小型車はこういうのがあっていい。
  • che********
    おいおい、クルマのニュースならいつもの「小さな高級車」ってタイトルに入れないの?大好きだったよね、「小さな高級車」!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.5192.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.079.8万円

中古車を検索
ベリーサの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.5192.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.079.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村