サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ30年前の部品を!? トヨタが旧型「スープラ」(A70/A80)廃版補給部品復刻へ

ここから本文です

■ドアハンドルやプロペラシャフトなどの部品を再販

 トヨタは、「GRヘリテージパーツプロジェクト」として、A70スープラ(1986年から1993年)およびA80スープラ(1993年から2002年)の補給部品を復刻し、国内をはじめ、北米、欧州などの海外向けに再販売すると発表しました。

なぜ「スカイラインGT-R」純正品、続々と再生産? 新車メーカーが絶版車に取り組む背景とは

 このプロジェクトは、長い間スープラを愛用しているユーザーに、これからも愛車として乗り続けてもらえるよう、廃版となった補給部品を復刻・再生産し、純正部品として再販売する取り組みです。

おすすめのニュース

サイトトップへ