サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ30年前の部品を!? トヨタが旧型「スープラ」(A70/A80)廃版補給部品復刻へ

ここから本文です

なぜ30年前の部品を!? トヨタが旧型「スープラ」(A70/A80)廃版補給部品復刻へ

■ドアハンドルやプロペラシャフトなどの部品を再販

 トヨタは、「GRヘリテージパーツプロジェクト」として、A70スープラ(1986年から1993年)およびA80スープラ(1993年から2002年)の補給部品を復刻し、国内をはじめ、北米、欧州などの海外向けに再販売すると発表しました。

なぜ「スカイラインGT-R」純正品、続々と再生産? 新車メーカーが絶版車に取り組む背景とは

 このプロジェクトは、長い間スープラを愛用しているユーザーに、これからも愛車として乗り続けてもらえるよう、廃版となった補給部品を復刻・再生産し、純正部品として再販売する取り組みです。

 復刻する部品は、A70スープラにおいては「プロペラシャフト」「ドアハンドル」「フューエルセンダーゲージ」「ウェザーストリップ」「フロントエンブレム」。

 A80スープラにおいては「ヘッドランプ」「ドアハンドル」「ブレーキブースター」となり、いずれも2020年中に発売予定とされています。

 なお、復刻部品は通常の純正部品と同様に、トヨタの販売店で購入することが可能です。

 品番や発売時期などの詳細については、準備が整った部品から2020年春ごろよりTOYOTA GAZOO Racing ウェブサイトで公開される予定です。

 また、ウェブサイトでは、復刻リクエストが受け付けられています。車両スペックや必要な部品とその状況について、オンラインフォームで要望を送ることができ、今後の復刻部品選定の手がかりとして活用されるということです。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します