現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった

ここから本文です

クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった

掲載 18
クラウンシリーズ最後に登場のエステート! 「クラウンにワゴン?」なんて思ったらじつは伝統あるモデルだった

 この記事をまとめると

■クラウンエステートが2024年に17年目ぶりに復活する

究極のオヤジキラー「クラウン」はマジメ一辺倒の優等生じゃなかった! なんとトラックまで存在した派生車が面白すぎる

■クラウンのワゴンモデルの歴史は長く、2代目クラウンからワゴンモデルが存在していた

■新しいモデルはPHEVモデルなどを用意し、クロスオーバーテイストとなる

 クラウンのワゴンモデルを振り返る

 2024年中にも正式発売されるという16代目トヨタ・クラウンのワゴンモデル=エステート。クラウンのエステートはクラウンの11代目、S170W型が2007年5月に生産を終了して以来、17年ぶりの復活となる。

 国産ハイエンドステーションワゴンを望むユーザーにとって朗報であり、またS170W型がそうであったように、スポーティなワゴンモデルとして誕生することへの期待も大きい。

 さて、トヨタ・クラウンのステーションワゴン=エステートモデルの歴史を紐解いてみると、いわゆるワゴンボディはなんと1962年に登場した2代目クラウンの時代からラインアップされていたのである。

 2代目クラウンはフォード・ファルコンを見本として開発されたという話もあり、その当時のアメリカ車にステーションワゴンが人気車種としてあったことも、トヨタが早期にステーションワゴンを用意していた理由といえるだろう。

 ただし、当時はエステートとは呼ばず、クラウンのワゴンモデルという呼び方だったようだ。

 1967年登場の3代目クラウンには、バン、ステーションワゴンのほかに、ピックアップトラックまで用意されていたのも、アメリカ車の影響だといえそうだ。

 馴染みのあるクラウンのステーションワゴンといえば、1979年に登場した7代目、1983年デビューの8代目クラウンのステーションワゴンだろう。

 ボディサイドにウッドパネル(デコレーションシートだが)が貼られたカントリーテイストなモデルも人気だった。

 車名がエステートになってから走りがスポーティになった

 そんなクラウンのステーションワゴンが大きく変わったのが、1999年に登場したクラウンの11代目である(アスリートグレードが8代目以来、復活)。クラウンのステーションワゴン版をS170W型「エステート」と改名し、ある意味、クラウンエステートの初代モデルとなったときだ。その後、2001年のマイナーチェンジではスポーティな”アスリート”グレードのみとなったのである。

 そして、冒頭でも触れたように、2007年5月にクラウンのエステートは生産終了。以来、クラウン本体と比べ大幅なロングライフ自慢(10年は作られていた)だったクラウンのエステートモデルは不在となったのだ。

 2007年当時のメモを振り返れば、初代エステート(クラウンとしては11代目)は先代のロイヤルシリーズがベースで、ボディサイズは全長4835×全幅1765×全高1510~1525mm、ホイールベース2780mm。

 パワーユニットは2.5リッター(FRと4WD)と3.5リッター(FR)の直6エンジン+6速AT(2.5リッターの4WDは5速AT)という仕様であり、歴代クラウンステーションワゴンのなかでもっともスポーティな味付けがなされていた。といっても、乗り心地重視のロイヤルシリーズがベースなだけに、乗り心地はふんわりとしたものではあった。

 国産高級ステーションワゴンをファミリーユースとして望むユーザーのほか、カメラマンの機材車としても人気だったと記憶する。

 これまでのクラウンワゴン、クラウンエステートはもちろん内燃機関車だったわけだが、トヨタが2024年年央以降発売予定としている”2代目”クラウンエステートは、全長4930×全幅1880×全高1620mm、ホイールベース2850mmの立派なボディサイズを備え、ハイブリッド(HEV)とプラグインハイブリッド(PHEV)のふたつのパワーユニットを搭載するとされ、タイヤサイズは21インチ、駆動方式も4WDのみとなる予定だ。

 つまり、エステートといっても、2022年に登場した16代目クラウンがクロスオーバーグレードから発売したように、トヨタが説明する「フラットデッキを持つワゴンとSUVの融合」が示す、ピアノブラックのフェンダーアーチを持つ真正クロスオーバーモデルであり、それにスポーツ色を加味した電動エステートになる。

 もちろん、ラゲッジルームは分厚いカーペットに覆われ、欧州ステーションワゴンに負けないラグジュアリーテイストをふんだんに盛り込んだ、汚れものの積載など憚られる、今や絶滅危惧種ともなった国産ステーションワゴンの頂点に立つ、かつてない高級ステーションワゴンの誕生になることは必至だ。

こんな記事も読まれています

可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
ベストカーWeb
「走り屋」「アウトドア派」「サーフ&スノー派」全部に愛された! 初代セリカ・リフトバックのカッコ良さがいま見てもヤバい
「走り屋」「アウトドア派」「サーフ&スノー派」全部に愛された! 初代セリカ・リフトバックのカッコ良さがいま見てもヤバい
WEB CARTOP
なんこれ……VWじゃないの!? 日本じゃマイナーだけどいま見るとアリでしなかい「アウディ50」ってナニモノ?
なんこれ……VWじゃないの!? 日本じゃマイナーだけどいま見るとアリでしなかい「アウディ50」ってナニモノ?
WEB CARTOP
クラウン エステートの登場間近でブーム再来!? 一時代を築いた[ステーションワゴン]
クラウン エステートの登場間近でブーム再来!? 一時代を築いた[ステーションワゴン]
ベストカーWeb
トヨタ・アルファードってどんなクルマ? ヴェルファイアとの違いも解説!
トヨタ・アルファードってどんなクルマ? ヴェルファイアとの違いも解説!
WEB CARTOP
全長5m級! トヨタが新型「ラージSUV」発売! 唯一の“上質ブルー内装”で車中泊できる!? 17年ぶり「クラウンエステート」復活!
全長5m級! トヨタが新型「ラージSUV」発売! 唯一の“上質ブルー内装”で車中泊できる!? 17年ぶり「クラウンエステート」復活!
くるまのニュース
トヨタ「新型ラージSUV」17年ぶり復活へ 全長5m切り“上質デザイン”×「画期的ラゲッジ」採用! 期待の「めちゃ便利なクラウン」はどんなモデル?
トヨタ「新型ラージSUV」17年ぶり復活へ 全長5m切り“上質デザイン”×「画期的ラゲッジ」採用! 期待の「めちゃ便利なクラウン」はどんなモデル?
くるまのニュース
この可愛さなのに「パラシュートで降下できる軍用車」として誕生……も採用されず! 隠れファンの多い「ミニモーク」は消えそうで消えない不死鳥カーだった
この可愛さなのに「パラシュートで降下できる軍用車」として誕生……も採用されず! 隠れファンの多い「ミニモーク」は消えそうで消えない不死鳥カーだった
WEB CARTOP
総額60万円以下でも探せばある! 走り好きの心を満たしてくれる安ウマ国産中古車5選
総額60万円以下でも探せばある! 走り好きの心を満たしてくれる安ウマ国産中古車5選
WEB CARTOP
ヒット作の「次」は難易度高し!? なぜ発売当時R33GT-RとS14シルビアは「不人気だった」のか
ヒット作の「次」は難易度高し!? なぜ発売当時R33GT-RとS14シルビアは「不人気だった」のか
WEB CARTOP
トヨタ「FF最大・最上級セダン」発表! 最新トヨタ顔&新ハイブリッド採用! めちゃスポーティ感高めな「カムリ」お求めやすい価格で豪に登場へ
トヨタ「FF最大・最上級セダン」発表! 最新トヨタ顔&新ハイブリッド採用! めちゃスポーティ感高めな「カムリ」お求めやすい価格で豪に登場へ
くるまのニュース
トヨタ新型「クラウン スポーツ」に試乗! 素直にカッコいいと思える久々の国産車は590万円から
トヨタ新型「クラウン スポーツ」に試乗! 素直にカッコいいと思える久々の国産車は590万円から
Auto Messe Web
マツダ新型「最上級モデル」初公開! FR×直6エンジンでめちゃ“楽しそう”! 日本販売も予定のビッグな「CX-80」は「CX-8」と何が違うのか
マツダ新型「最上級モデル」初公開! FR×直6エンジンでめちゃ“楽しそう”! 日本販売も予定のビッグな「CX-80」は「CX-8」と何が違うのか
くるまのニュース
やっぱクーペはノッチバックだぜ! 車名は[コロナ]でもめちゃスタイリッシュだった!! カレンのご先祖様[コロナクーペ]はST160セリカの兄弟車!
やっぱクーペはノッチバックだぜ! 車名は[コロナ]でもめちゃスタイリッシュだった!! カレンのご先祖様[コロナクーペ]はST160セリカの兄弟車!
ベストカーWeb
初代キューブに触発!? キャパってコスパ最強じゃない!? 
初代キューブに触発!? キャパってコスパ最強じゃない!? 
ベストカーWeb
トヨタ「次期型エスティマ」どうなる!? “天才的”なタマゴデザインも継承? 新型「まんまるミニバン」に期待大!
トヨタ「次期型エスティマ」どうなる!? “天才的”なタマゴデザインも継承? 新型「まんまるミニバン」に期待大!
くるまのニュース
サーフボードもクルマもナンパの小道具! バブル期に湧いて出た「陸サーファー」に愛されたクルマ4選
サーフボードもクルマもナンパの小道具! バブル期に湧いて出た「陸サーファー」に愛されたクルマ4選
WEB CARTOP
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
ベストカーWeb

みんなのコメント

18件
  • osa********
    170系には3.5リットルエンジンも6速ATもないけど(笑)素人さん記事?
  • pro********
    さすがはお粗末メディアのカートップ。

    2代目で初設定されたワゴンには「カスタム」というサブネームがあり、少なくとも4代目あたりまではそう呼ばれていましたが、「当時はエステートとは呼ばず、クラウンのワゴンモデルという呼び方だったようだ」とはどういうことでしょう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.86400.5万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

23.86400.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村