現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが「新型クラウン オフロード仕様」発表! 車高アップ×ワイドボディがカッコイイ! “タフすぎ”オシャグリーンの「LANDSCAPE」 どんなモデル?

ここから本文です

トヨタが「新型クラウン オフロード仕様」発表! 車高アップ×ワイドボディがカッコイイ! “タフすぎ”オシャグリーンの「LANDSCAPE」 どんなモデル?

掲載 8
トヨタが「新型クラウン オフロード仕様」発表! 車高アップ×ワイドボディがカッコイイ! “タフすぎ”オシャグリーンの「LANDSCAPE」 どんなモデル?

■車高アップ&ヒッチ装着! 「本格オフローダー」に変身したモデル登場

 トヨタは2024年4月4日、新「クラウンクロスオーバー」改良モデルを発表するとともに、特別仕様車「RS“LANDSCAPE”」(以下RSランドスケープ)を設定しました。
 
 どのようなモデルなのでしょうか。

【画像】超カッコイイ! これが「新型クラウン SUV仕様」です! 画像で見る(50枚以上)

 新型クラウンは16代目で、2022年7月に世界初公開されました。歴代初のグローバルモデルとして世界各国に展開を予定し、さらにボディタイプも従来の「セダン」に加え「エステート」「クロスオーバー」「スポーツ」が用意されました。

 このうち、2022年9月に第一弾モデルのクロスオーバーは、従来の4ドアセダンとSUVを融合させた新しいスタイルのクラウンです。

 セダンの雰囲気を残しつつも車高を上げ、クーペSUVのようなプロポーションとしました。

 フロントデザインは、新世代のトヨタ車を象徴する「ハンマーヘッド」モチーフのデザインを採用し、真一文字のヘッドライト・テールライトやクラウンとしては最大の21インチ大径ホイールを装備し、斬新な塗り分けの2トーンカラーも用意。

 インテリアは「全席特等席」を提唱し、水平基調で操作部をまとめたアイランドアーキテクチャー構造を採用。加飾などにとらわれない上質さを追求した室内に仕上げています。

 パワートレインは2.4リッターターボエンジンと新世代ハイブリッドを組み合わせる「デュアルブーストハイブリッドシステム」と、2.5リッターエンジンとハイブリッドを組み合わせる「シリーズパラレルハイブリッドシステム」の2タイプを用意します。

 今回の改良では、新グレード「Z」の新設とグレード体系の整理、内外装色の追加と内装の質感向上が図られています。

 同時に、内外装をタフなイメージに仕立てた新タイプのRSランドスケープが設定されました。

 エクステリアは通常モデルに設定のなかったブラック×アーバンカーキを用意し、さらに片側20mmの車幅アップとなる専用オーバーフェンダーモール(GORI GORI BLACK塗装)を装着しました。

 さらに、ウインドウモールやドアハンドル、トヨタエンブレム、HEVエンブレムなどもブラックアウト化され、本格四輪駆動車のような、無骨で存在感のある印象に仕上げています。

 足元は、切削光輝加工を施した専用デザインの18インチにオールテレインタイヤを組み合わせ、全高を25mmアップさせた専用サスペンションを装着しました。

 これにより、最低地上高も145mmから172mmになり、悪路での走破性能を高めています。

 また、泥や小石の跳ね上がりからボディを守るとともに、足元を引き締める王冠マーク入りのマッドガード、最大750kgを牽引できるトーイングヒッチ、ナンバーポケット左右にリアフォグランプを装着し、機能性も向上しました。

 インテリアではRSランドスケープ専用の内装色「ブラックラスター」が設定され、インパネには“LANDSCAPE”のレーザー刻印が施されています。

 また、標準モデルには設定されていない60:40可倒分割式のリアシートを採用。サーフボードなどの長尺物の積載にも対応しました。これに伴い、リクライニング機能は省略されています。

 このほか、RSランドスケープではフロントウインドウデアイサーやミリ波融雪機能などの寒冷地仕様も標準装備されています。

 RSランドスケープ専用の販売店オプションも用意され、ルーフに装着する「システムキャリア・ベースラック」(4万4990円)では最大40kgの荷物を積載することができます。

 新クラウンクロスオーバー RSランドスケープの価格(消費税込)は685万円です。

※ ※ ※

 なお、2023年1月に開催のカスタムカーイベント「東京オートサロン2023」では、トヨタ・レクサスのブースで「クラウン アウトドア コンセプト」が公開されました。

 アーバンカーキのボディにLEDドライビングランプやオリジナルアルミスキッドプレート、無塗装樹脂のホイールアーチが装備されたほか、車高も50mm高められ、ホワイトレター入り大径のオールテレインタイヤを装着していました。

 今回のRSランドスケープは、このクラウン アウトドア コンセプトのように仕上げられています。

こんな記事も読まれています

日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
日産の新型「軽ハイトワゴン」登場! 日本で一番売れてる“超静音”モデル「サクラ」どこが変わった!?
くるまのニュース
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
2024年版 使い勝手バツグンで「走り」も良い欧州ミニバン 10選 合理的で快適な1台
AUTOCAR JAPAN
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
フランスの高速道路料金所トラブル事情。SAでの給油儀式は不愉快なので燃費走行でル・マンへ【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
アルファGTVとシャシーが共通! クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(1) バングルの自己主張ボディ
AUTOCAR JAPAN
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
かつては最速の「前輪駆動」 クーペ・フィアット UK版中古車ガイド(2) 5気筒ターボは長寿命!
AUTOCAR JAPAN
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
ポルシェvsトヨタの首位争いは横転クラッシュのSCで仕切り直しに。混戦のまま終盤戦へ/ル・マン決勝18時間後
AUTOSPORT web
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
【途中経過】2024年WEC第4戦/第92回ル・マン24時間 決勝18時間後
AUTOSPORT web
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
なぜクルマに「馬のひづめ」? ナゾの昭和カスタム文化 どんな意味があったのか?
乗りものニュース
ニッサン新型「小さな高級車」公開! オシャ内装&タフ外装の「コンパクトSUV」に「斬新デザイン!」の声も! 「新キックス」米登場で反響集まる
ニッサン新型「小さな高級車」公開! オシャ内装&タフ外装の「コンパクトSUV」に「斬新デザイン!」の声も! 「新キックス」米登場で反響集まる
くるまのニュース
トラックドライバーを苦しめる「高速深夜割引」の改訂! 高速料金を自腹で払う運転士には痛手でしかない
トラックドライバーを苦しめる「高速深夜割引」の改訂! 高速料金を自腹で払う運転士には痛手でしかない
WEB CARTOP
電動車2650台以上提供! 「トヨタ」はなぜ、パリ五輪参加にこれほど労力を注ぐのか
電動車2650台以上提供! 「トヨタ」はなぜ、パリ五輪参加にこれほど労力を注ぐのか
Merkmal
井戸田潤、2台のメルセデス・ベンツで揺れる恋心!?ファミリーカー購入決断か!?
井戸田潤、2台のメルセデス・ベンツで揺れる恋心!?ファミリーカー購入決断か!?
グーネット
愛車の履歴書──Vol41. 大黒摩季さん(前編)
愛車の履歴書──Vol41. 大黒摩季さん(前編)
GQ JAPAN
なんというスケール…高速道路上の巨大「足場要塞」ついに潜入 「石ころ一つ落とさない」ために準備6年!? 今まさに格闘中!
なんというスケール…高速道路上の巨大「足場要塞」ついに潜入 「石ころ一つ落とさない」ために準備6年!? 今まさに格闘中!
乗りものニュース
テインの車高調「フレックスZ」がシエンタ、ヤリスクロス、RAV4、インプレッサスポーツの適合を追加
テインの車高調「フレックスZ」がシエンタ、ヤリスクロス、RAV4、インプレッサスポーツの適合を追加
レスポンス
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
イギリス流の高級──新型レンジローバー・スポーツ・オートバイオグラフィーD300試乗記
GQ JAPAN
「モータースポーツは残酷だ」アルピーヌA424の初ル・マンは2台ともにエンジントラブルでリタイア
「モータースポーツは残酷だ」アルピーヌA424の初ル・マンは2台ともにエンジントラブルでリタイア
AUTOSPORT web
「ぶら下がっているタイプの給油器」見なくなったのはなぜ!? 数を減らすのも仕方ない理由とは
「ぶら下がっているタイプの給油器」見なくなったのはなぜ!? 数を減らすのも仕方ない理由とは
乗りものニュース

みんなのコメント

8件
  • npo********
    何でもありになってきましたね(^_^;)
  • ********
    そして次の記事のタイトルは「話題騒然」で「反響多数」なんだろうな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.8890.5万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.8890.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村