現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 背が高すぎないスズキ新型「ワゴンRスマイル」は需要あり? スーパーハイトの弱点狙った戦略とは

ここから本文です

背が高すぎないスズキ新型「ワゴンRスマイル」は需要あり? スーパーハイトの弱点狙った戦略とは

掲載 14
背が高すぎないスズキ新型「ワゴンRスマイル」は需要あり? スーパーハイトの弱点狙った戦略とは

■背が高すぎないのがちょうどいいかも!?

 スズキの新たな軽自動車として新型「ワゴンRスマイル」が登場しました。

【画像】ワゴンRっぽくない!? ノッポすぎない新型ワゴンRスマイルはいい感じ!(26枚)

 スライドドアを備えた新型ワゴンRスマイルは、昨今の軽でシェアを伸ばす全高1780mm前後のスーパーハイトワゴンとは異なり、全高1695mmとそれほど背が高くないのが特徴です。

 新型ワゴンRスマイルについてユーザーはどう感じたのか、アンケートを実施しました。

「新型ワゴンRスマイルのデザインについてどう思いますか?」という質問では、「とても良い」が12.2%、「まあまあ良い」が57.1%、「それほど良くない」が20.4%、「まったくよくない」が10.2%となり、おおむね好評といったところです。

 好印象を抱いた人の意見では、「可愛らしい、愛嬌がある」「男女の区別なく似合いそう。飽きの来ないデザインだと思います」「四角さと丸さがいいバランスだと思う」などのコメントがありました。

 その一方、「ハスラーとスペーシアを足してワゴンRで割った印象」「ワゴンRというよりスペーシアですね」「ワゴンRの顔ではないと思いました」と、ワゴンRの新型モデルというより、ほかのスズキ車と似ているという声があがっています。

 次に、「軽自動車では背が高いスーパーハイトワゴンが人気ですが、ハイトワゴンでそれほど背が高くないワゴンRスマイルは需要があると思いますか?」という質問では、「需要があると思う」と回答した人が85.7%と、「需要がないと思う」(14.3%)を大きく上回る結果となりました。

「スライドドアは欲しいが、スーパーハイトだと価格帯が…という人は多い」「我が家の車庫は車高が決まっていてスーパーハイトだと入らない」「ハイトワゴンは走行中の横風に恐怖を感じる。少し低いだけで高速道路での安定安心が強くなるから」など、スーパーハイトワゴンの弱点を新型ワゴンRスマイルは逆手に取っているといえそうです。

 また、「洗車のときに屋根まで手が届きやすい」「雪国の青空駐車なのであまり高さがあると雪おろしに苦労する」など、背が高すぎないことによるメリットも魅力という意見もありました。

 さらに、「ムーヴキャンバスのヒットがあったから」「ムーヴキャンバスがコンスタントに売れているように、スペーシアより価格が安ければ売れる余地はある」など、ハイトワゴンのスライドドア車であるダイハツ「ムーヴキャンバス」が人気を得ていることも、新型ワゴンRスマイルが受け入れられる要因と考える回答者もいました。

「新型ワゴンRスマイルについてどのポイントが気になりますか?」(複数回答)という質問では、やはり「それほど背が高くないハイトワゴンでスライドドアを装備」と答えた人がもっとも多く65.3%、次いで「四角いフォルムに丸目ライトの、シンプルで愛着のわく外観」(40.8%)、「狭い道でのすれ違い時の接触防止をサポートするすれ違い支援機能(スズキ初)」(30.6%)となりました。

 ほかにも気になるポイントとして、「ターボモデルの設定がない」「ストロングハイブリッドが出るのかどうか」というパワートレインについてや、「カスタムが欲しい」といったスタイルに関することをあげた回答者が多かったです。

 さらに、「スペーシアとどのように棲み分けるのか?」「スペーシアと共食いしないか心配」など、スライドドアを備えたスーパーハイトワゴンのスズキ「スペーシア」との関係に着目する声も見受けられました。

※ ※ ※

 新型ワゴンRスマイルはワゴンRを名乗りますが、スライドドア部分はスペーシアをベースとしています。

 ワゴンRとスペーシアの良いところを取り入れたといえる新型ワゴンRスマイルがヒット作となるのか注目されます。

こんな記事も読まれています

フォード・マスタング躍進。チャズ・モスタート&キャメロン・ウォーターズが今季初勝利/RSC第4戦
フォード・マスタング躍進。チャズ・モスタート&キャメロン・ウォーターズが今季初勝利/RSC第4戦
AUTOSPORT web
2024スーパーGT第3戦鈴鹿のGT300クラス公式予選Q1組分けが発表
2024スーパーGT第3戦鈴鹿のGT300クラス公式予選Q1組分けが発表
AUTOSPORT web
ふたつの心臓を持つ猛牛!ウルスにプラグインHVが登場【ランボルギーニ ウルスSE】
ふたつの心臓を持つ猛牛!ウルスにプラグインHVが登場【ランボルギーニ ウルスSE】
グーネット
5速MTのみ! オープントップの新型「スポーツモデル」発表! レトロデザインに「タテ型マフラー」採用した「小さな高級車」に反響あり
5速MTのみ! オープントップの新型「スポーツモデル」発表! レトロデザインに「タテ型マフラー」採用した「小さな高級車」に反響あり
くるまのニュース
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
フォード・マスタング 史上初「4ドア仕様」導入か 派生モデル展開を示唆、しかしEV化は否定
AUTOCAR JAPAN
アンドレッティ、元FIAチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズを獲得。2026年に向け技術規則の知識が活きるか
アンドレッティ、元FIAチーフテクニカルオフィサーのパット・シモンズを獲得。2026年に向け技術規則の知識が活きるか
AUTOSPORT web
ブガッティの正規アイテムがネットで購入できる! アパレルからビリヤード台まで…実車は果たして購入可能!?
ブガッティの正規アイテムがネットで購入できる! アパレルからビリヤード台まで…実車は果たして購入可能!?
Auto Messe Web
ホンダ新世代燃料電池車「CR-V e:FCEV」間もなくデビュー!
ホンダ新世代燃料電池車「CR-V e:FCEV」間もなくデビュー!
グーネット
【検証】練馬区2歳女児死亡事故はなぜ起きた? ミニバンの窓スイッチ誤操作から子どもの命を守る、チャイルドシートの使用法
【検証】練馬区2歳女児死亡事故はなぜ起きた? ミニバンの窓スイッチ誤操作から子どもの命を守る、チャイルドシートの使用法
AUTOCAR JAPAN
スバル、“集大成”のBRZ CNF Conceptで富士24時間に参戦。各種最適化や新アイテム投入
スバル、“集大成”のBRZ CNF Conceptで富士24時間に参戦。各種最適化や新アイテム投入
AUTOSPORT web
新生『ディスカバリー』にも2025年モデル導入。装備見直しと350PSに向上のディーゼルMHEVへ統一
新生『ディスカバリー』にも2025年モデル導入。装備見直しと350PSに向上のディーゼルMHEVへ統一
AUTOSPORT web
ポルシェ911のレストアで“レストモッド” ブームを牽引する「シンガー」がコーンズと提携|Singer
ポルシェ911のレストアで“レストモッド” ブームを牽引する「シンガー」がコーンズと提携|Singer
OPENERS
新型「“R36”GT-R」まもなく登場か!?  4.1リッターV6搭載で1000馬力発揮!? 旧型デザイン採用の「和製スーパーカー」生産状況を公開
新型「“R36”GT-R」まもなく登場か!? 4.1リッターV6搭載で1000馬力発揮!? 旧型デザイン採用の「和製スーパーカー」生産状況を公開
くるまのニュース
TANABEのカスタムスプリング2製品にレクサス『IS500』用など3車種のラインナップが追加
TANABEのカスタムスプリング2製品にレクサス『IS500』用など3車種のラインナップが追加
レスポンス
新しいジープ アベンジャー4xeが出た!──GQ新着カー
新しいジープ アベンジャー4xeが出た!──GQ新着カー
GQ JAPAN
新型メルセデスAMGピュアスピードが鮮烈デビュー!──GQ新着カー
新型メルセデスAMGピュアスピードが鮮烈デビュー!──GQ新着カー
GQ JAPAN
JMIAが2025年を目指し『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタート。コンセプトカー開発に着手
JMIAが2025年を目指し『NEXT-FORMULA-PROJECT』をスタート。コンセプトカー開発に着手
AUTOSPORT web
宮田莉朋、イモラで試した新しいアプローチ。間一髪の接触回避で飛び出した自己考察/FIA F2第4戦レビュー
宮田莉朋、イモラで試した新しいアプローチ。間一髪の接触回避で飛び出した自己考察/FIA F2第4戦レビュー
AUTOSPORT web

みんなのコメント

14件
  • ターボ搭載車が出たら売れる。今はキャンパスとのサイがない
  • スーパーハイトの弱点狙った戦略と声高々に言われてますが
    既にムーヴキャンバスが開拓したカテゴリーですが?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8294.0万円

中古車を検索
スペーシアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8294.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村