サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型アウトランダーにラリーアート!? なぜ今復活の狼煙を上げたのか?

ここから本文です

2022年1月14日、東京オートサロン2022の三菱ブースで「ヴィジョン ラリーアート コンセプト」が出展された。

三菱は2021年5月に行われた20年度決算発表の席上、ラリーアートブランドの復活を発表。同年12月には、タイでピックアップトラックのトライトンとミッドサイズSUVのパジェロスポーツに、復活第1弾となる特別仕様車を発売した。

三菱の新型軽EVは、なぜeKクロスがベースなのか? 2022年度初頭発売前のコンセプトカーから考察

ラリーアートは、もともと三菱がラリー活動を行うために設立した会社。世界ラリー選手権やダカールラリーといったモータースポーツではワークスチーム名として知られる。

おすすめのニュース

サイトトップへ