現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > EVやPHEVがガソリン車より高いのはなぜ?【電気自動車の基礎知識】

ここから本文です

EVやPHEVがガソリン車より高いのはなぜ?【電気自動車の基礎知識】

掲載 更新 3
EVやPHEVがガソリン車より高いのはなぜ?【電気自動車の基礎知識】

車とお金 [2023.10.07 UP]


EVやPHEVがガソリン車より高いのはなぜ?【電気自動車の基礎知識】
 一般的に、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド(PHEV)はガソリン車よりも高価格。同じ車格の場合、およそ1.5倍くらい高額となっているケースが多いです。装備内容に大きな差はないのに、一体なぜ……?とおもうひとも多いでしょう。今回は、EVの価格について説明しましょう。

【23’ 10/2最新】レギュラーガソリン全国平均180円台切る 4週連続値下りで


バッテリーが高価なのが最大の理由
 EVやPHEVが高価な理由はシンプルで、バッテリーの生産コストが高いからです。ここ最近、バッテリーはリチウムイオン式が主流となっていますが、この材料はその名の通りリチウムという金属が使われています。リチウムはレアメタル(希少金属)で、生産国はオーストラリアやチリ、中国などに偏っており、日本では輸入に頼らざる得ない状況となっています。ほかにもリチウムイオン電池にはコバルトなどの高価なレアメタルが使われており、バッテリー生産コストの増大に繋がっているのです。


今後、EVやPHEVがもっと普及すれば安くなる?
 EVやPHEVの価格変動には、2つの大きな要因が考えられます。まずは生産技術の向上によるもの。現在は内燃機関車がまだまだ主流ですが、EV/PHEVの生産規模が徐々に大きくなるにつれ、1台当たりの生産コストは下がります。少ない台数を作るより、大量生産するほうが安くなるのは当然といえるでしょう。

 もうひとつはレアメタルの埋蔵量が要因となります。リチウムやコバルトの埋蔵量は有限であるため、EVやPHEVによる需要がさらに増大すればコストは上がっていく可能性が高いです。現段階では需要が供給を上回っているため、当面は原材料のコストは依然高い時期が続くでしょう。また輸入に頼らざる得ないため、国際情勢の影響を受けやすいという欠点があります。リチウムやコバルトの安定供給が、リチウムイオンバッテリー、つまりEVやPHEV生産コストのカギとなるのです。

 しかしここ最近は、レアメタルフリーのナトリウムイオン電池など、新しい技術の研究も行われています。ナトリウムは、リチウムと似た性質を持つアルカリ金属ですが、埋蔵に偏りがなく豊富に存在するため、実用化すれば将来的なコストダウンが見込めます。しかし現状はエネルギー密度の問題など、自動車への搭載には多くの課題が残されています。


※写真はイメージです。

補助金制度を活用してお得に買おう
 価格が高いEV/PHEVですが、CEV補助金制度を利用することで新車購入時の負担を減らすことが可能です。補助金は車種や地方自治体によって異なりますが、例えば日産リーフ(e+ G/60kWh車両)の場合は国から85万円、地方自治体(例:東京都)から45万円が受けられます。また、グリーン化特例やエコカー減税により、自動車税や重量税も免除・軽減されることがあるので、これらの制度を積極的に利用しましょう。

 なお、国へのCEV補助金申請書は、次世代自動車振興センターのサイト(下記参照)より入手可能です。

https://www.cev-pc.or.jp/
まとめ
 EV/PHEVはガソリン車よりも高価ですが、それはリチウムイオンバッテリーのコストが高いことに起因します。大量生産をしてもコスト減には限度があるため、EV/PHEVが新車販売の主流になったら自動車そのものがより高価なものになる可能性が高いです。補助金制度を積極的に利用し、少しでも安く購入したいですね。

ほかにもこんな記事が参考になります

https://www.goo-net.com/magazine/newmodel/car-news/202845/

こんな記事も読まれています

電気だけで動くEVと、ガソリンと電気のハイブリッド車PHEV、いま購入するならどっち?
電気だけで動くEVと、ガソリンと電気のハイブリッド車PHEV、いま購入するならどっち?
@DIME
BEVで気になる下取り価格! まだまだ「中古電気自動車」の価値は業界的にも未知数
BEVで気になる下取り価格! まだまだ「中古電気自動車」の価値は業界的にも未知数
WEB CARTOP
なぜ日本メーカーは「軽EV」に注力? 5社が軽商用EV市場に参戦! メリットと懸念点とは
なぜ日本メーカーは「軽EV」に注力? 5社が軽商用EV市場に参戦! メリットと懸念点とは
くるまのニュース
元自動車ディーラーがぶっちゃけ 「EV需要」が日本で加速しないワケ
元自動車ディーラーがぶっちゃけ 「EV需要」が日本で加速しないワケ
Merkmal
ヴォクシーの燃費はフルモデルチェンジでどう変わった?新旧モデルを調べてみた
ヴォクシーの燃費はフルモデルチェンジでどう変わった?新旧モデルを調べてみた
グーネット
メルセデス・ベンツ 新型「GLC」にPHEVモデル追加 EV航続距離は118キロに
メルセデス・ベンツ 新型「GLC」にPHEVモデル追加 EV航続距離は118キロに
グーネット
CO2を排出しない「水素エンジン」の泣き所NOx排出! それでも夢のエンジンとして可能性は大だった
CO2を排出しない「水素エンジン」の泣き所NOx排出! それでも夢のエンジンとして可能性は大だった
WEB CARTOP
ガソリンの二重課税にクルマの納期長すぎ……自動車ユーザーの思いよ届け!! クルマ界に物申す
ガソリンの二重課税にクルマの納期長すぎ……自動車ユーザーの思いよ届け!! クルマ界に物申す
ベストカーWeb
レクサス BEV専用モデル「RZ」にFWD車「RZ300e」追加導入
レクサス BEV専用モデル「RZ」にFWD車「RZ300e」追加導入
グーネット
EV普及を邪魔する「コバルト不足」を解決? 東芝“新型リチウムイオン電池”が秘めた大きな可能性、時代は原料争奪戦から新技術開発か
EV普及を邪魔する「コバルト不足」を解決? 東芝“新型リチウムイオン電池”が秘めた大きな可能性、時代は原料争奪戦から新技術開発か
Merkmal
三菱が新型「2人乗り軽バン」発表! 補助金なしでアンダー250万円の設定に「コスパ最高!」と高評価も 新型「ミニキャブEV」の期待値とは
三菱が新型「2人乗り軽バン」発表! 補助金なしでアンダー250万円の設定に「コスパ最高!」と高評価も 新型「ミニキャブEV」の期待値とは
くるまのニュース
ディーゼルエンジンでカーボンニュートラル!マツダが目指す「市販車へのHVOドロップイン」は、日本でも実現するのか
ディーゼルエンジンでカーボンニュートラル!マツダが目指す「市販車へのHVOドロップイン」は、日本でも実現するのか
Webモーターマガジン
話題のホンダ新型SUV「WR-V」ってどんなクルマ? ヴェゼルと何が違うのか、比較してみた
話題のホンダ新型SUV「WR-V」ってどんなクルマ? ヴェゼルと何が違うのか、比較してみた
グーネット
人気も実力も文句なし!「買い時ミドルSUVベスト4」
人気も実力も文句なし!「買い時ミドルSUVベスト4」
グーネット
ニュージーランドは旧車にも優しい!驚きの自動車税と車検制度とは
ニュージーランドは旧車にも優しい!驚きの自動車税と車検制度とは
旧車王
福島県民は軽が好き!?ホンダ「軽自動車白書2023」が都道府県別の特徴をリサーチ
福島県民は軽が好き!?ホンダ「軽自動車白書2023」が都道府県別の特徴をリサーチ
グーネット
約9年ぶり!ランドクルーザー70発売 6速AT採用でオンロード性能も強化
約9年ぶり!ランドクルーザー70発売 6速AT採用でオンロード性能も強化
グーネット
日産は「中国EV市場」で逆襲できるか? 新戦略「DNA+」にみる、新型10車種が握る命運とは
日産は「中国EV市場」で逆襲できるか? 新戦略「DNA+」にみる、新型10車種が握る命運とは
Merkmal

みんなのコメント

3件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.1583.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.9409.0万円

中古車を検索
リーフの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

408.1583.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.9409.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村