現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 全長4m級で「豪華内装」採用! ホンダ「小さな高級車」のインテリアがイイ! クラス超え質感の「フィット」特徴は?

ここから本文です

全長4m級で「豪華内装」採用! ホンダ「小さな高級車」のインテリアがイイ! クラス超え質感の「フィット」特徴は?

掲載 20
全長4m級で「豪華内装」採用! ホンダ「小さな高級車」のインテリアがイイ! クラス超え質感の「フィット」特徴は?

■クラス超えの「豪華内装」採用!

 コンパクトカーは比較的安価な価格設定だったことから、内装もシンプルに仕上げていたモデルが多い傾向にありました。
 
 一方、近年ではコンパクトカーであっても上級車種並みのインテリアを用意することも増えています。そのひとつがホンダ「フィット」です。

【画像】めちゃカッコイイ! ホンダ「フィット」の内装を画像で見る(50枚)

 フィットは2001年に登場したコンパクトカーで、ホンダ独自の低床FFプラットフォームによる広い室内空間や使い勝手の良いシートアレンジなどが人気を博した主力モデルです。

 現行型は4代目で2020年に発売。視界や乗り心地・座り心地、使い心地など、4つの「心地よさ」を高め、内外装を一新しました。

 さらにパワートレインには2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」を設定し、走行性能と燃費を向上。先進運転支援として「ホンダ センシング」を全モデルで標準装備するなど、安全性も高めました。

 2022年10月にはマイナーチェンジが実施され、内外装デザインにリフレッシュが図られました。

 e:HEV車ではモーター出力が向上し、ガソリン車もエンジン排気量を1.3リッターから1.5リッターへアップするなど、走行性能を向上。ホンダ センシングの機能も高められています。

 ボディサイズは全長3995-4095mm×全幅1695-1725mm×全高1515-1570mm、ホイールベースは2530mmです。

 ラインナップはこれまでとは異なり、装備の違いで分けるのではなく、内外装のコーディネートを複数用意し、好みに合わせてタイプを選択できるようにしています。

 現行では、「BASIC(ベーシック)」「HOME(ホーム)」「RS(アールエス)」「CROSSTAR(クロスター)」「LUXE(リュクス)」という5つのタイプが用意されます。

 このなかでLUXEは、「洗練と上質を兼ね備えたスタイリッシュなタイプ」だといい、5タイプ中もっとも豪華なモデルです。

 エクステリアではグリルやドア、テールゲートの下部にメッキ加飾があしらわれ、華やかな印象となっており、ホイールもLUXE専用16インチを装着。特別感を演出しました。

 インテリアはほかの4タイプでは設定のない本革シートを標準装備し、前席にはシートヒーターが装備され、ステアリングヒーターも備わるなど、ほとんど上級車種並みの充実した内容となっています。

 インテリアカラーは通常のブラックに加え、オプションで「ライトブラウン」を用意。

 シートやドア内張り(前席のみ)、インパネ中央やセンターコンソール周辺もライトブラウンで統一され、コンパクトカーのクラスを超えた上質な内装となります。

 また、ライトブラウンを選択するとシートの仕上げも異なります。

 ヘッドレスト周囲やシートの肩口部にはブラックのパイピングが施されるほか、背もたれと座面中央部はキルティング加工に加え、パーフォレーション(穴あけ)加工がさせるなど、高級モデルと比較しても遜色のない仕上がりです。

 なお、親しみやすいシンプルな中間グレードHOMEも、シート地は織物×プライムスムースのコンビシートとなっており、さらにスエード調素材×プライムスムースを採用したライトグレー内装もオプション設定され、こちらの仕上がりもコンパクトカーとしては質感の高いものとなっています。

 価格(消費税込)はLUXEが219万3400円、HOMEが186万3400円から、オプションの内装はLUXEのライトブラウン、HOMEのライトグレーともに4万4000円で用意されています。

 いずれのモデルとも、オプションの内装を選択すると価格は最廉価モデルのBASIC(162万4700円)と比較し、30万円から60万円ほどアップしますが、大きいボディサイズを必要とせず、上質な内装のクルマが欲しい場合には有効な選択肢となりそうです。

※ ※ ※

 なお、フィットの納期についてホンダの公式サイトでは、ガソリン車が約半年、e:HEV車が約3ヶ月と案内しています。

 コロナ禍による生産ラインの停止や世界的な半導体不足による部品供給の不透明性といった、長納期化に関する問題は徐々に解決傾向にあるようですが、もしフィットを検討している場合は早めに問い合わせたほうが良さそうです。

こんな記事も読まれています

フェラーリ、ロングランの”一貫性”に手応え。しかしレッドブルのポテンシャルは不透明……「自分たちの立ち位置を把握している人は誰もいない」
フェラーリ、ロングランの”一貫性”に手応え。しかしレッドブルのポテンシャルは不透明……「自分たちの立ち位置を把握している人は誰もいない」
motorsport.com 日本版
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
ホンダ「軽商用バン」は「車中泊」がめちゃラクチン!? アウトドア派注目の「N-VAN」が”超カッコイイ”「キャンプ×愛犬家仕様」に変身? 「Honda Dogシリーズ」とは
くるまのニュース
自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
自転車にも自動でON/OFFしてくれるオートライトがオススメ
バイクのニュース
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
F1村を離れた前フェラーリF1代表のビノット、イタリア企業テキサ社の新設部門責任者に就任
AUTOSPORT web
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
なぜインプレッサにはなかったのよ……後年に価値が上がるのは確実!! GRヤリスにオジエ&ロバンペラ仕様登場で再び注目される「WRCチャンピオン」の名を冠した特別モデル!
ベストカーWeb
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
1本のホイールで2度美味しい!「ヴァレンティ」のトヨタ「ハイエース」用のオリジナルホイールとタイヤに注目です
Auto Messe Web
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
【クシタニ】2024春夏情報!クシタニ最高スペック生地の簡易防水「K-2417 3.0フレキシブルジャケット」ほかを紹介!  
モーサイ
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
Jeepを見つけたらアヒルを置こう ジープ特別仕様車「Jeep® Wrangler Unlimited Freedom EditionII」を発売
月刊自家用車WEB
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
イニシャルDの中里のR32 GT-Rがプラモデルとなって発売!初回生産特典も!
月刊自家用車WEB
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
【旧車FAN】生まれる時代が早すぎたスポーツカー「CR-X デルソル」
月刊自家用車WEB
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
2月29日WEC開幕、トヨタ、プジョー、フェラーリ、ポルシェに加え、BMW、ランボルギーニ、アルピーヌも参戦、空前の大激戦【2024 WEC プレビュー】
Webモーターマガジン
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web

みんなのコメント

20件
  • sha********
    内装を現行フィットで外装をフィット3系なら売れたのに。
  • マーキ
    スイフトの中身にガッカリした。
    内装が古臭い。
    走りはフィットが上でしょう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8270.0万円

中古車を検索
フィットの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

162.5236.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8270.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村