現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 顔がスゴイ! ダイハツ”ド派手”「人気ワゴン」がいっぱい! “強烈2トーン”採用のダイハツ「トール」カスタムがアツかった

ここから本文です

顔がスゴイ! ダイハツ”ド派手”「人気ワゴン」がいっぱい! “強烈2トーン”採用のダイハツ「トール」カスタムがアツかった

掲載 15
顔がスゴイ! ダイハツ”ド派手”「人気ワゴン」がいっぱい! “強烈2トーン”採用のダイハツ「トール」カスタムがアツかった

■ド派手「トール」複数存在!? 存在感マシマシのカスタム車とは?

 ダイハツのハイトワゴン「トール」とそのOEM車であるトヨタ「ルーミー」は、合算すると国産普通乗用車の販売台数ランキングで上位に位置する売れ筋のクルマです。
 
 そんなトールですが、過去の東京オートサロンで上級ミニバンにも負けない迫力を持つコンセプトモデルが登場していました。

【画像】おおっ… 顔の迫力スゴすぎ! 存在感ハンパない「トール」カスタム車を画像で見る(42枚)

 トールは、ダイハツが軽自動車で培ったノウハウを活かし、「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」として2016年11月に登場しました。

 同時に、トヨタ「ルーミー」やスバル「ジャスティ」としてそれぞれOEM供給されており、なかでもルーミーは2022年度の新車販売台数ランキングで4位(9万9307台)を記録するなど、3車種を合計すれば国産普通乗用車のなかでもトップレベルの人気を誇ります。

 全長3700mm×全幅1670mm×全高1735mmとコンパクトなボディサイズにもかかわらず両側スライドドアを採用。室内長も2180mmを確保し、室内高も1355mmとサイズにしてはかなり大きな居住スペースを持つことが特徴です。

 前後シートはウォークスルーが可能なほか、フルフラットにすることもでき、各種収納やカップホルダーを多く設けるなど、利便性を高める工夫がなされています。

 さらに、2020年9月に実施した改良では、内外装のデザインを刷新しただけでなく、先進運転支援「スマートアシスト」の機能向上を図り、全車速対応のアダプティブクルーズコントロールを新設定したのに加え、停車時にブレーキを踏んだ状態を維持する電動パーキングブレーキの採用など、機能性を大幅に向上。

 その一方で価格(消費税込)は156万6500円から210万円と比較的低く抑えている点も魅力的なポイントと言えます。

 そんなトールですが、ダイハツはカスタムカーの祭典である東京オートサロンにトールのコンセプトモデルを何度か出展していました。

 2018年では、2台のトールを展示。

 1台は「SPORT」というテーマでかつての「シャレードデトマソ」や「ミラ TR-XX」など、往年のホットハッチが目指した精悍さと上質さを表現。

 ボディカラーは赤と黒のツートンカラーでフロントリップスポイラーやサイドスカート、リアスポイラーを装備し一気にスポーティなイメージを強めました。

 さらに、シルバーリム・ゴールドディスクのホイールを装備し、存在感を強めています。

 一方で、もう1台の「PREMIUM」はパールホワイトのボディにメッキパーツやエアロパーツを装備し、優美さと迫力を表現したといいます。

 こちらはフロントグリルからヘッドライトまで繋がったデザインのメッキ加飾をはじめ、標準モデルとは異なるデザインのロアグリルを採用したバンパーなどで、高級感が高められました。

 続く2019年の東京オートサロンでも、トールのエアログレード「カスタム」をベースにした「プレミアム Ver.」を公開。

 ヘッドライト側面からテールライトにかけてピンストライプが貼付され、上部はブラック、下部はホワイトの2トーン塗装をまとっています。

 さらに、グリル内とヘッドライト下部にはブルーに点灯するアクセントライトが配されています。カスタムグレードのエアロパーツとも相まって上級ミニバンにも匹敵する強い存在感を放っています。

 そして2021年も「トール プレミアムVer. with D-sport」を公開し、2019年のコンセプトカーと共通性を感じさせながらもブルーとシルバーの塗装とすることで、今度はスポーティな雰囲気へと仕上げました。

※ ※ ※

 こうした意欲的なコンセプトカーも披露されるトールですが、登場から7年目を迎えてモデルチェンジを期待するユーザーも少なくありません。

 未だハイブリッドモデルが設定されていない点なども考慮すると、この魅力的なパッケージングを維持しつつ、基本性能の刷新を図った新型の登場が待たれます。

こんな記事も読まれています

待望のSF初優勝に大号泣。参戦6年目、牧野任祐がついに表彰台の頂点に【第2戦決勝レポート】
待望のSF初優勝に大号泣。参戦6年目、牧野任祐がついに表彰台の頂点に【第2戦決勝レポート】
AUTOSPORT web
レッドブル育成ハジャルが今季2勝目飾る。マクラーレン育成ボルトレートが2位/FIA F2第4戦レース2
レッドブル育成ハジャルが今季2勝目飾る。マクラーレン育成ボルトレートが2位/FIA F2第4戦レース2
AUTOSPORT web
世界中で物議を醸した自動車デザイン 20選 今見ると「カッコいい」?
世界中で物議を醸した自動車デザイン 20選 今見ると「カッコいい」?
AUTOCAR JAPAN
MスペックのMはミドルハースト? スカイラインGT-Rで成功した男(2) レザーシートはロールス・ロイス製
MスペックのMはミドルハースト? スカイラインGT-Rで成功した男(2) レザーシートはロールス・ロイス製
AUTOCAR JAPAN
スカイラインGT-Rで成功した男(1) カーマニアと日産との出会い いしずえ築いたR32型
スカイラインGT-Rで成功した男(1) カーマニアと日産との出会い いしずえ築いたR32型
AUTOCAR JAPAN
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web
RBのホームレースで2台揃ってQ3進出「今週末の裕毅はとても乗っていた」とHRC折原氏。CEOも称える/F1第7戦
RBのホームレースで2台揃ってQ3進出「今週末の裕毅はとても乗っていた」とHRC折原氏。CEOも称える/F1第7戦
AUTOSPORT web
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
乗りものニュース
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
AUTOSPORT web
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
AUTOSPORT web
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
WEB CARTOP
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
Merkmal
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
GQ JAPAN
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
グーネット
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
月刊自家用車WEB
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
グーネット
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
スバル 「レヴォーグ レイバック」でアイサイトX紹介 人とくるまのテクノロジー展2024
グーネット

みんなのコメント

15件
  • 安くて威張れれば、全て良し。
    がさつに回るエンジンも、ふらつく足回りも気にしない人には、打ってつけですね。
  • 69馬力という遅い車番付の横綱
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

155.7192.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0238.0万円

中古車を検索
トールの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

155.7192.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0238.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村