サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アストンマーティンからついにEVが登場した! ラピードEは800Vシステムを搭載【上海モーターショー2019】

ここから本文です
アストンマーティン初のEVとなるラピードEの生産型が上海モーターショーにてワールドプレミアされた。

 ラピードEは車名のとおりラグジュアリースポーツサルーンのラピードをベースに仕立てられたラピードEは、F1で有名なウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリング(WAE)との共同開発という。
 
 電圧は800V。バッテリー容量は65kWh。5600本以上のリチウムイオンバッテリー(テスラ同様の18650形式の円筒形セル)を搭載しているという。とはいえ航続距離はWLTPモードで約322kmと現実的な数字となる。

おすすめのニュース

サイトトップへ