現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > これはかなり攻めたデザイン! プジョーが低くワイドなお洒落ワゴン、新型308SWを世界公開

ここから本文です

これはかなり攻めたデザイン! プジョーが低くワイドなお洒落ワゴン、新型308SWを世界公開

掲載 32
これはかなり攻めたデザイン! プジョーが低くワイドなお洒落ワゴン、新型308SWを世界公開

フルモデルチェンジした新型「308 SW」が一足先に欧州でベールを脱いだ。308シリーズの売れ筋ステーションワゴンということで、先にデビューしているハッチバックとの差異を中心にその内容を探ってみた。

フロントマスクは、新しいブランドロゴとライオンの牙のようなデイタイムランニングライトが配されたハッチバックと同様のデザイン。一方、ボディは全長がハッチバックより30センチほど延長され、サイズは全長4636mm×全幅1852mm×全高1444mmというもの。流麗なルーフラインと伸びやかなリアフェンダー周りはSWだけのセリングポイントだが、全幅はやや大きめだ。ちなみに現行モデルの日本仕様は4600mm×1805mm×1475mmだから、新型はよりロング&ワイドになる一方で全高が低められている。それもあってデザインはかなり攻めた感じで、街中でも人目を引きそうだ。

>>現行型308SWのおすすめグレードやユーザー評価を見てみる

ユーティリティの面では、純内燃機関モデルのラゲッジスペースに上下に可動可能な「ツーポジション・フロアー」を採用し使い勝手を向上。伸びた全長のうち210mmがリアオーバーハングに充てられたことで、荷室容量は床面を下げた状態で608L、40/20/40の分割可倒式リアシートを倒せば1634Lまで拡大する。ハッチゲートもオートオープン機能を新たに備え、足をバンパー下で動かすだけで開けることが可能となった。また、ボディの大型化にもかかわらず、空力特性に優れたリアクォーターパネルやアンダーボディを採用することで、CO2排出量は先代SWよりも改善している。

ワゴン化により居住性がアップしたことも美点のひとつ。ホイールベースはハッチバック比で+55mmの2732mmとされ、後席の足元スペースは129mmが確保されている。小径ステアリングホイールなどプジョー独自の「i-Cockpit」は基本的にハッチバックと変わらず、液晶メーターや10インチのタッチスクリーン、さらには機能を任意に割り当てられるタッチスイッチ「i-toggles」などを備える。

パワーユニット及びトランスミッションの組み合わせは、ハッチバックと同じ以下の7種となる。
・1.2L3気筒ガソリン(110bhp/205Nm)+6MT
・1.2L3気筒ガソリン(130bhp/230Nm)+6MT
・1.2L3気筒ガソリン(130bhp/230Nm)+8AT
・1.5L4気筒ディーゼル(130bhp/300Nm)+6MT
・1.5L4気筒ディーゼル(130bhp/300Nm)+8AT
・1.6L4気筒ガソリン・プラグインハイブリッド(150bhp/250Nm)+8AT
・1.6L4気筒ガソリン・プラグインハイブリッド(180bhp/250Nm)+8AT

ワゴンのユーティリティは欲しいけど、デザインにはこだわりたい。そんな人にとってはとくに要注目の存在となりそうだ。

こんな記事も読まれています

LEDヘッドランプ搭載 マツダ「スクラムトラック」が製品改良 軽トラをもっと快適/安全に
LEDヘッドランプ搭載 マツダ「スクラムトラック」が製品改良 軽トラをもっと快適/安全に
AUTOCAR JAPAN
年収1000万円を超えるとSUVが人気…家計診断・相談サービス「オカネコ」調べ
年収1000万円を超えるとSUVが人気…家計診断・相談サービス「オカネコ」調べ
レスポンス
全国のロゴス直営店にて「テントフェスタ」を5/31~6/2まで開催!
全国のロゴス直営店にて「テントフェスタ」を5/31~6/2まで開催!
バイクブロス
【ヤマハ】エリック・ヘイズによるペイントが施された YZF-R7・YZF-R125 が渋谷パルコにて展示中!(動画あり)
【ヤマハ】エリック・ヘイズによるペイントが施された YZF-R7・YZF-R125 が渋谷パルコにて展示中!(動画あり)
バイクブロス
車内の「謎の木目」何で出来てる!? ホンモノの木じゃないってマジ!? 知ってるようで知らない「“木目”パネル」の正体とは
車内の「謎の木目」何で出来てる!? ホンモノの木じゃないってマジ!? 知ってるようで知らない「“木目”パネル」の正体とは
くるまのニュース
モナコGPを”カミカゼ”戦略で走り切ったアロンソ。実はフィニッシュ時には入賞したと思っていた?「その誤った情報が僕を生き返らせてくれた」
モナコGPを”カミカゼ”戦略で走り切ったアロンソ。実はフィニッシュ時には入賞したと思っていた?「その誤った情報が僕を生き返らせてくれた」
motorsport.com 日本版
高騰のシビックタイプRが無理なら[シロッコR]!! 250馬力オーバーが買える! 格安車両には要注意!?
高騰のシビックタイプRが無理なら[シロッコR]!! 250馬力オーバーが買える! 格安車両には要注意!?
ベストカーWeb
ホンダ:間近で感じたドゥカティの速さ。ザルコ「自分のペースにフラストレーション」/第6戦カタルーニャGP スプリント
ホンダ:間近で感じたドゥカティの速さ。ザルコ「自分のペースにフラストレーション」/第6戦カタルーニャGP スプリント
AUTOSPORT web
【角田裕毅F1第8戦展望】最適化されたセットアップ。1セットの新品ソフトで全区間自己ベストを更新、前年を上回る8番手
【角田裕毅F1第8戦展望】最適化されたセットアップ。1セットの新品ソフトで全区間自己ベストを更新、前年を上回る8番手
AUTOSPORT web
ロールス・ロイス新型「カリナン シリーズII」に「ブラックバッジ」が同時発表! まさに600馬力のV12エンジンを搭載した破壊神です
ロールス・ロイス新型「カリナン シリーズII」に「ブラックバッジ」が同時発表! まさに600馬力のV12エンジンを搭載した破壊神です
Auto Messe Web
やっぱり最強最速なのか!? フォルクスワーゲンが新ゴルフGTIクラブスポーツをニュル24時間レースで世界初公開
やっぱり最強最速なのか!? フォルクスワーゲンが新ゴルフGTIクラブスポーツをニュル24時間レースで世界初公開
Webモーターマガジン
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派モデル、ベストバイはこれ!【日産・キャラバン】
しっかり悩んでみる価値はあり! 超個性派モデル、ベストバイはこれ!【日産・キャラバン】
月刊自家用車WEB
ヤマハ:スプリントで課題が明らかに。クアルタラロ「一番の問題は最終セクター」/第6戦カタルーニャGP
ヤマハ:スプリントで課題が明らかに。クアルタラロ「一番の問題は最終セクター」/第6戦カタルーニャGP
AUTOSPORT web
富士スピードウェイの高速コーナー「100R」がキャンプ場に! 「RECAMP 富⼠スピードウェイ」が今秋オープン!
富士スピードウェイの高速コーナー「100R」がキャンプ場に! 「RECAMP 富⼠スピードウェイ」が今秋オープン!
くるくら
「昭和のボンネットバス」がトミカに 奈良交通が6月発売 入手方法は?
「昭和のボンネットバス」がトミカに 奈良交通が6月発売 入手方法は?
乗りものニュース
車買取でおすすめの一括査定サイトを比較
車買取でおすすめの一括査定サイトを比較
くるくら
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]ミドルグレードスピーカーを低コストで取り付けて、音が良くなる感動を体験!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]ミドルグレードスピーカーを低コストで取り付けて、音が良くなる感動を体験!
レスポンス
ルクレール、直前でエンジン交換もポール獲得、悲願の母国初優勝に近づく「今のフェラーリなら、今度こそ勝てる」
ルクレール、直前でエンジン交換もポール獲得、悲願の母国初優勝に近づく「今のフェラーリなら、今度こそ勝てる」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

32件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

362.1470.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.9525.4万円

中古車を検索
308SW (ワゴン)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

362.1470.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

22.9525.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村