現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レイバックの【奥様対策】とは? 実用性がハンパないスバルSUV5選

ここから本文です

レイバックの【奥様対策】とは? 実用性がハンパないスバルSUV5選

掲載 2
レイバックの【奥様対策】とは? 実用性がハンパないスバルSUV5選

 SUVにもいろいろある。道なき道を行く本格派から、街なかを走って映える都会派まで。その両方を力強く、かつスマートにこなせるのが、スバルのSUVだ。今回は、パワートレインも豊富で、幅広いニーズに答えられるポテンシャルを秘めたスバルのSUV軍団を一挙にご紹介しよう。

※本稿は2024年4月のものです
文/渡辺陽一郎、写真/ベストカー編集部、SUBARU
初出:『ベストカー』2024年5月10日号
※ハイブリッドはHV、マイルドハイブリッドはMHV、ディーゼルターボはDT、電気自動車はBEVと表記しています

レイバックの【奥様対策】とは? 実用性がハンパないスバルSUV5選

■スバル レヴォーグレイバック(2023年9月登場)

スバル レヴォーグレイバック(価格:399万3000円 2023年販売台数:2000台)

 レヴォーグのSUV仕様だが「奥様対策」も注目される。「スバル車は乗り心地がどこか硬め」という女性の声に応えて、乗車感覚と乗り心地、内外装を上質に仕上げた。

【主要諸元】
・全長4770×全幅1820×全高1570mm
・1600kg
・最低地上高200mm
・1.8L、水平対向4気筒ターボ(177ps/30.6kgm)
・WLTCモード13.6km/L

■スバル クロストレック(2022年11月登場)

スバル クロストレック(価格帯:266万2000~328万9000円 2023年販売台数:1万6695台)

 インプレッサをベースに開発されたSUVだから、ボディサイズのわりに車内が広く後席も快適だ。最低地上高は200mmの余裕があり、悪路走破力も高めている。

【主要諸元】
・全長4480×全幅1800×全高1575mm
・1540kg
・最低地上高200mm
・2.0L、水平対向4気筒(145ps/19.2kgm)+モーター(13.6ps)
・WLTCモード16.4km/L

[articlelink]

■スバル フォレスター(2018年5月登場)

スバル フォレスター(価格帯:306万9000~374万円 2023年販売台数:2万2141台)

 スバルのSUVのなかでは悪路走破力や積載性などの実用性が最も優れる。最低地上高も220mmと余裕があり、全高も1700mmを超えるから居住空間と荷室も広い。

【主要諸元】
・全長4640×全幅1815×全高1715mm
・1570kg
・最低地上高220mm
・1.8L、水平対抗4気筒ターボ(177ps/30.6kgm)
・WLTCモード13.6km/L

■スバル レガシィアウトバック(2021年9月登場)

スバル レガシィアウトバック(価格帯:425万7000~451万円 2023年販売台数:6460台)

 レヴォーグと同じ1.8Lターボを搭載するが、ボディはLサイズで最低地上高も213mmを確保。

[articlelink]

■スバル ソルテラ(2022年5月登場)

スバル ソルテラ(価格帯:627万~715万円 2023年販売台数:632台)

 bZ4Xと基本的に同じEVだが、パドルシフトを装着するなど駆動力を制御しやすい。

こんな記事も読まれています

3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
3列目は実用性に欠ける!? 燃費28km超えにコンパクトな[シエンタ]は運転のしやすさ抜群だった!
ベストカーWeb
クラス超えの質感!! 燃費もリッター30km超え! 欠点が見当たらない[ヴェゼル]は納得のヒット作だった
クラス超えの質感!! 燃費もリッター30km超え! 欠点が見当たらない[ヴェゼル]は納得のヒット作だった
ベストカーWeb
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
小さな高級車[LBX]はさすがの仕立て!! 価格は460万円~と高価格帯も[3気筒]はちょっと気になる!?
ベストカーWeb
デザインは「?」 でも万能 そして安い! テリー伊藤、フォレスターに惚れ込む【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
デザインは「?」 でも万能 そして安い! テリー伊藤、フォレスターに惚れ込む【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
276万円って破格すぎ!! ソツなく仕上げた[カローラクロス]! コスパ最強と言えるワケ
276万円って破格すぎ!! ソツなく仕上げた[カローラクロス]! コスパ最強と言えるワケ
ベストカーWeb
[ノートオーラ]はコスパ最強のクルマだった!? 質感が爆増も14万円アップだけ!! 燃費も文句なしの27km/L超え
[ノートオーラ]はコスパ最強のクルマだった!? 質感が爆増も14万円アップだけ!! 燃費も文句なしの27km/L超え
ベストカーWeb
ボディサイズの割に4人快適に乗れる!! リッター30km超えの[フィット]でカッコ悪いと言われてる部分って?
ボディサイズの割に4人快適に乗れる!! リッター30km超えの[フィット]でカッコ悪いと言われてる部分って?
ベストカーWeb
燃費向上&安全装備充実で大幅魅力アップ! 三菱ミニキャブ トラック一部改良
燃費向上&安全装備充実で大幅魅力アップ! 三菱ミニキャブ トラック一部改良
ベストカーWeb
リッター24km超えで唯一のMT!! 燃費も良くて走りも爽快な[新型スイフト]! 実際マニュアルってどうなのよ
リッター24km超えで唯一のMT!! 燃費も良くて走りも爽快な[新型スイフト]! 実際マニュアルってどうなのよ
ベストカーWeb
[WR-V]バカ売れなのはやっぱ価格!! 装備も文句ナシも唯一のお願いが!!!!
[WR-V]バカ売れなのはやっぱ価格!! 装備も文句ナシも唯一のお願いが!!!!
ベストカーWeb
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
ベストカーWeb
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
もはや熟成の域だよレガシィアウトバック!! さすが4駆のスバル!! やっぱアウトドアにピッタリだった 
ベストカーWeb
脱「コの字」型ヘッドライト採用! [新型フォレスター]は新世代スバルSUVの旗手となるのか?
脱「コの字」型ヘッドライト採用! [新型フォレスター]は新世代スバルSUVの旗手となるのか?
ベストカーWeb
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
ベストカーWeb
[アルファード]顔負けの激広ワゴンが復活!? ホンダのアヴァンシアがホントに返ってくるかも
[アルファード]顔負けの激広ワゴンが復活!? ホンダのアヴァンシアがホントに返ってくるかも
ベストカーWeb
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
ベストカーWeb
[リッター36km]を記録で燃費1位に!! 軽量ボディの[ヤリス]は走りも軽快だった!
[リッター36km]を記録で燃費1位に!! 軽量ボディの[ヤリス]は走りも軽快だった!
ベストカーWeb
奇抜デザインなのに最高の乗り心地!? ハイドロサス搭載[シトロエンC6]は専門店で狙え!!
奇抜デザインなのに最高の乗り心地!? ハイドロサス搭載[シトロエンC6]は専門店で狙え!!
ベストカーWeb

みんなのコメント

2件
  • まほほん
    奥様対策というか女性から見ればスバルの
    SUVは地味なのに高いという印象だろうな。
    そもそもトヨタや日産、ホンダがあるのに
    わざわざスバルを選びたくないだろうね。

    レイバックなんてワゴン車を少し高くした
    だけなのに値段が高い、しかもボンネットの
    穴がカッコ悪いから女性は嫌がるだろう。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

310.2576.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

54.0615.0万円

中古車を検索
レヴォーグの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

310.2576.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

54.0615.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村