現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「カムリ“クーペ”」初公開!? 「FF最大・最上級セダン」のデザインまとった爆速モデル! 期待の「ド迫力カムリ」米で発表

ここから本文です

トヨタ新型「カムリ“クーペ”」初公開!? 「FF最大・最上級セダン」のデザインまとった爆速モデル! 期待の「ド迫力カムリ」米で発表

掲載 10
トヨタ新型「カムリ“クーペ”」初公開!? 「FF最大・最上級セダン」のデザインまとった爆速モデル! 期待の「ド迫力カムリ」米で発表

■まさかの新型「カムリ クーペ」誕生?

 2023年11月27日、トヨタのアメリカ法人は、2024年のNASCARカップシリーズ(NCS)に参戦する新設計の2024年型「カムリXSEレースカー」を公開しました。

【画像】超カッコイイ! 美しすぎる”クーペスタイル”の新型「カムリ」を画像で見る(30枚以上)

 同車は、11月15日に世界初公開された11代目となる新型「カムリ」の外装をまとっています。

 カムリは、1980年に「セリカ」の派生車種「セリカ・カムリ」として登場したミッドサイズセダンです。1982年に登場した2代目からセリカの名称が消えてカムリとして独立し、現行モデルは2017年登場の10代目です。

 初代こそFRでしたが、2代目以降はFFに改められ、現在のトヨタラインナップのなかでは“FF最大・最上級セダン”となっています。

 現行モデルの10代目は、日本国内では、すでに2023年12月下旬に生産終了することが明かされています。

 一方、国外では、北米地域で21年連続でミディアムサイズセダンセグメントの最量販モデルとなっているなど、その人気は根強く、オーストラリアなどもあわせて、今後も展開が続く予定です。

 そんなカムリがフルモデルチェンジを遂げ、11代目となる新型カムリが、11月15日に発表されました。

 エクステリアは、これまでのモデルと比較し、より滑らかでスポーティなデザインです。フロントフェイスには、最新のトヨタ車で特徴的なハンマーヘッドが用いられるほか、シャープなLEDヘッドライト、デイタイムランニングライト、テールライトが装備され、洗練された印象になりました。

 インテリアは、全体的に先進的な水平基調のデザインとなっており、上質感を高めています。また、全グレードでシートクッションの形状と密度が見直され、クッションを長くすることで快適性を向上させています。ヘッドレストも柔らかくなるとともに後方に移動し、乗り心地が向上しています。

 パワートレインは、トヨタのセダンで初めて最新の5世代目TFSを搭載。2.5リッター直列4気筒エンジン+モーターを組み合わせたハイブリッドシステムで、FFで225馬力、AWDで232馬力のシステム最高出力を発揮します。

 今回そんなカムリのデザインが用いられた新型カムリXSEレースカーが発表されました。

 新型カムリXSEレースカーは、NCSに参戦するために制作されたモデルで、新型カムリのデザインが忠実に再現されるほか、クーペスタイルとなっています。

 また、より大型のロアグリルの外側にはC字型のコーナーベントが設けられ、ボンネットには新しいキャラクターラインと新しいボンネットダクトが設けられています。

 車両後方は、クォーターパネルのスタイルが変更され、コーナーパネル後部の面取りされたバンパーコーナーがリアバンパーと一体化しています。

 TMNA(トヨタモーターノースアメリカ)でモータースポーツグループマネージャーを務めるポール・ドレシャル氏は、このクルマについて以下のようにコメントしています。

「新型カムリXSEレースカーは、新型カムリで示されているように、トヨタの細部へのこだわりを適切に強調することになるでしょう。私たちはこのクルマをレーストラックに投入し、今後何年もこのクルマで成功を収め続けるでしょう。

 このクルマの生産に費やされた労力はどれだけ誇張してもしすぎることはありません。チームが勝利をもたらすため、最高のクルマを作成するために努力してくれたTRDとCalty Designの全員に感謝します」

 新型カムリXSEレースカーの詳細なスペックは公開されていませんが、実際のレースでの活躍に注目です。

こんな記事も読まれています

ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
AUTOSPORT web
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
motorsport.com 日本版
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
AUTOCAR JAPAN
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
くるまのニュース
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
レスポンス
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
Auto Messe Web
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
AUTOSPORT web
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
レスポンス
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
バイクブロス
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
バイクブロス
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
バイクブロス
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
くるまのニュース
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクのニュース
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
@DIME
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
motorsport.com 日本版
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
トヨタ新型「ヤリスクロス」が超スポーティ! エアロでカスタムしたらカッコ良すぎた! ラグジュアリー仕様ってどんなもの?
くるまのニュース

みんなのコメント

10件
  • tac********
    こいつらの言う「爆速」って何?
  • 無知は罪
    「FF最大・最上級セダン」のデザインって煽るから写真を見てみたらレース仕様のどんがらボディ。
    いい加減クソみたいな釣りのタイトル付けるのはやめなよ。みっともない。詐欺まがいの事は大人ならやめてください。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.5468.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.0467.0万円

中古車を検索
カムリの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.5468.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

45.0467.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村