現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産 サクラ【3分で読める国産車解説/2023年版】

ここから本文です

日産 サクラ【3分で読める国産車解説/2023年版】

掲載 Webモーターマガジン 1
日産 サクラ【3分で読める国産車解説/2023年版】
写真を全て見る(3枚)

日産 サクラ(NISSAN SAKURA)
現行モデル発表日:2022年5月22日
車両価格:294万3700円~304万400円

走りも使いやすさも次世代のサブカーにふさわしい
日産 サクラの車内はコンパクトなボディからイメージするよりもずっと広々としていることに驚くはずだ。さらには、各席の周囲には大小の収納スペースやポケットが機能的に設けられている細やかさも、さすが日産車といったところ。リアシートはリクライニングと前後スライドが可能で、後席の乗員と荷室の使用状況にあわせてアレンジできるのも助かる。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

都内「激狭バス通り」バイパス開通の効果は? 環八‐甲州街道つなぐ世田谷の生活道路、所要時間が短縮
都内「激狭バス通り」バイパス開通の効果は? 環八‐甲州街道つなぐ世田谷の生活道路、所要時間が短縮
乗りものニュース
トヨタ新型「プリウスGTW」実車公開! “6本出し”マフラー&ド迫力ワイドボディ採用!黄金に輝く「コンプリートマシン」とは
トヨタ新型「プリウスGTW」実車公開! “6本出し”マフラー&ド迫力ワイドボディ採用!黄金に輝く「コンプリートマシン」とは
くるまのニュース
北海道に札幌-石狩間を結ぶロープウエーの構想が浮上。手稲・麻生・栄町のどこにつながる?
北海道に札幌-石狩間を結ぶロープウエーの構想が浮上。手稲・麻生・栄町のどこにつながる?
くるくら
【カワサキ】「カワサキ プラザ焼津」がリニューアルオープン!
【カワサキ】「カワサキ プラザ焼津」がリニューアルオープン!
バイクブロス
ドイツを代表するスポーツカーの両雄「ポルシェ×BMW」ル・ボラン2024年4月号、2月26日より好評発売中!!
ドイツを代表するスポーツカーの両雄「ポルシェ×BMW」ル・ボラン2024年4月号、2月26日より好評発売中!!
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産 アリア【1分で読める国産車解説/2023年版】
日産 アリア【1分で読める国産車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
期待しかない!ハイパーSUV「LOTUS ELETRE(ロータス エレトレ)」が注目を浴びるワケとは?
期待しかない!ハイパーSUV「LOTUS ELETRE(ロータス エレトレ)」が注目を浴びるワケとは?
AutoBild Japan
三菱「新型軽バン」実車展示! “後席ナシ”「2シーター仕様」設定でアンダー250万円! 12月発売の新型「ミニキャブ」を披露
三菱「新型軽バン」実車展示! “後席ナシ”「2シーター仕様」設定でアンダー250万円! 12月発売の新型「ミニキャブ」を披露
くるまのニュース
電動キックボード「RICHBIT ES1 PRO」がヤマダ電機の自転車取扱店舗にて販売開始!(動画あり)
電動キックボード「RICHBIT ES1 PRO」がヤマダ電機の自転車取扱店舗にて販売開始!(動画あり)
バイクブロス
ネットがないのに通販はあった!? 平成に突如現れたクルマの通販ショップ【80年代の限定車・特別仕様車研究 旧車雑誌オールドタイマーより】
ネットがないのに通販はあった!? 平成に突如現れたクルマの通販ショップ【80年代の限定車・特別仕様車研究 旧車雑誌オールドタイマーより】
driver@web
ホンダの「ミッドシップSUV」登場! 日産じゃないけど”クールな”「Z」!? めちゃコンパクトな「26年落ち軽SUV」米でいくらになった?
ホンダの「ミッドシップSUV」登場! 日産じゃないけど”クールな”「Z」!? めちゃコンパクトな「26年落ち軽SUV」米でいくらになった?
くるまのニュース
極上の日産「R34スカイラインGT-R」が英国オークションに登場! 低走行の“VスペックII” 気になる落札価格とは
極上の日産「R34スカイラインGT-R」が英国オークションに登場! 低走行の“VスペックII” 気になる落札価格とは
VAGUE
今年はルーフにカーナンバー入り! 王座奪還目指すスバルがスーパーGT・GT300のBRZをシェイクダウン
今年はルーフにカーナンバー入り! 王座奪還目指すスバルがスーパーGT・GT300のBRZをシェイクダウン
motorsport.com 日本版
スバル注目モデル購入ガイド~走りの実力/おすすめグレード他~
スバル注目モデル購入ガイド~走りの実力/おすすめグレード他~
グーネット
フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入
フィアットがSUVコンセプト発表…新デザイン言語を導入
レスポンス
BYDが欧州に初めてPHEVを投入、SUV『シールU』に設定…ジュネーブモーターショー2024
BYDが欧州に初めてPHEVを投入、SUV『シールU』に設定…ジュネーブモーターショー2024
レスポンス
ルノー『5』復活、航続400kmのEVに
ルノー『5』復活、航続400kmのEVに
レスポンス
マクラーレンの電動スーパーカー『アルトゥーラ』、オープン「スパイダー」発表
マクラーレンの電動スーパーカー『アルトゥーラ』、オープン「スパイダー」発表
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • kus********
    そうなんだよね。この車のユーザーはおそらくセカンドカーにICE HVを持っている人。
    すでにセカンドカーにEVを持っているユーザー、たとえばリーフだと、車格落ち。
    家内のリーフの買い換えにさくらを勧めたら、軽は嫌の一言で却下。リーフになりました。アリアは高くて手が出せず。
    旧型は捨てようかと思ったら、娘が欲しいと言い出してめでたく収まった。
    EVって壊れないから12年目でも娘の日用にはさくら以上に走れる。
    となると、これからのEVに必要なのはPCのようなアップデート機能が必要なのだろうなあ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

249.4304.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

140.9315.0万円

中古車を検索
サクラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

249.4304.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

140.9315.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村