現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【噂の真相】オープンカーライフは思ったより大変ってホント?

ここから本文です

【噂の真相】オープンカーライフは思ったより大変ってホント?

掲載 更新
【噂の真相】オープンカーライフは思ったより大変ってホント?

ドライブスルーの洗車機も使える

高温多湿で四季のある日本には、オープンカーは不向きと言われるが、どうだろうか? オープンカーライフで心配になることを列挙して検討してみよう。

【今さら聞けない】オープンカーの呼び名が沢山あるのはナゼ?

(1)洗車が大変ってホント?

たしかに、ソフトトップ部は毛のやわらかいブラシでの水洗いを推奨されているし、幌の合わせ目に、直接水をかけるのはNGとされている。しかし、国産車のオープンカーで、幌の使用年数が10年以内のクルマなら、ドライブスルーの洗車機などで洗っても大丈夫! プラスチックブラシや高圧・高速の水流のノンブラシタイプはまずいだろうが、傷がつきにくいとされるゴム・布・スポンジタイプの洗車機ならOK。水洗い+ワックスコースなら、幌にコーティング効果も期待できる!?

こだわる人は、手洗い+幌専用のケミカル剤がベストだろうが、オープンカー歴20年以上の筆者は、気にせずガソリンスタンドのセルフ洗車機のお世話になってきた。リアスクリーンがアクリル樹脂のクルマで、幌がくたびれているクルマだとちょっと心配だが、ガラス製ならほとんど心配なし。屋外保管で、洗車機使用でも、幌の交換サイクルは10年以上だった実績がある。

(2)雨漏りするってホント?

これもよく心配されるところだが、不良品でもない限り、国産車なら10年ぐらい心配なし! 屋外駐車で、雪が積もったあと、しばらく放っておいても、雨漏りするようなケースは少ない。ただ、保管場所その他で個体差があるのも事実。

中古車などで、ウェザーストリップが痛んでいたら交換し、水の通り道や排水ホース、排水穴の清掃をときどきすれば大丈夫なはず(事故車は別……)。

(3)排ガス・ホコリ・花粉などは大丈夫?

まず、ホコリに関していえば、じつはあまり入ってこない。今のオープンカーは、巻き込み風対策も進んでいるので、ホコリや風に関しては、意外なほど快適。むしろ、究極の換気システムなので、けっこうクリーンかもしれない。

したがって、トラックなどの排ガスも直接浴びることはほとんどないが、匂いだけは正直気になる。ただ、オープンカーだけ特別辛いというわけでなく、屋根のあるクルマで、外気導入でエアコンを使用している状態と大差ないぐらい。

風と光と匂いを楽しむのもオープンカーの特権なので、これは割り切りが必要。花粉については何とも言えないが、花粉症の人は、マスクを着用して、その時期は幌を締めっぱなしの方がベターだろう……。それから、長いトンネルだけは、オープンカーファンでも不快感が募る環境。ここは我慢のしどころだ。

セキュリティや一番大切な爽快感はどうなのか

(4)幌を切られるなどセキュリティは大丈夫?

セキュリティは確かに不安。しかし、日本の治安の良さは世界で有数。そう考えると、世界で一番安心してオープンカーに乗れるのは、日本なのかもしれない! 車上荒らしへの対策としては、車内に貴重品や金目のものを置かず、高価なオーディオも入れない(もともとオープンカーは遮音性が低いし)。いつもすっきりした車内を保ち、できるだけ人目に付くところに駐車する。幌へのいたずら対策や車上荒らし対策は、こんなところしかないだろう……。

(5)幌が猫の被害に遭いやすいってホント?

猫が幌の上に乗る(毛がつく)、猫が幌で爪を研ぐ……。これらの被害はけっこう報告されている……。忌避剤もあるが、効果は薄く、猫が嫌うハーブの鉢をそばに置いたり、超音波の動物撃退装置などを使う手も。日当たりの悪い駐車場や、ノラ猫がいないエリアの駐車場を選ぶしかない!?

(6)夏は暑くて冬は寒く思ったより快適じゃないってホント?

自然を肌で感じられるのが、オープンカーの魅力なので、当然、夏は暑く、冬は寒い。しかし、寒冷地は別として、冬のオープンカーは意外に快適。ヒーターを全開で入れれば、頭寒足熱。「冬のオープンカーは、露天風呂のようなもの」という名言もあるほど。もっとも手先はけっこう冷えるので、冷え症気味の人は、レーシンググローブの着用がオススメ。帽子もあったほうがいい。

一方、真夏の日中はたしかに暑い。日焼け対策を万全にし、帽子&サングラスも必須。エアコンもガンガン入れて乗り切るしかない。ちなみに、真夏は幌を閉めても黒い幌に熱と光が集まり、断熱材が入っていないので渋滞などに嵌るとエアコンを入れてもあまり涼しくない……。

とはいえ、清少納言も「夏は夜」と詠った通り、夏の夜のドライブもオープンカー向き。酷暑日の日差しが強い時間だけ、場合によっては、クローズドにしても、あとはフォーシーズンオープンにして、枕草子の詠われた、日本の四季の魅力を、肌で感じてみることをおすすめする。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スズキ新型「SUV」発表! 4.3m級ボディ&MT設定あり! 約470万円の“SX4後継機“! 安全装備も進化の「エスクロス」西に登場
スズキ新型「SUV」発表! 4.3m級ボディ&MT設定あり! 約470万円の“SX4後継機“! 安全装備も進化の「エスクロス」西に登場
くるまのニュース
【鈴鹿8耐】ドゥカティファクトリーマシンで速さ見せるTeam KAGAYAMA、それでも耐久レースは未知「何が起こるかわからない」
【鈴鹿8耐】ドゥカティファクトリーマシンで速さ見せるTeam KAGAYAMA、それでも耐久レースは未知「何が起こるかわからない」
motorsport.com 日本版
ホンダ「小さな高級車」がスゴい! 全長4m級“ちょうどいいサイズ”に「クラス超えた豪華内装」採用! めちゃ上質な「フィット」はどんなモデル?
ホンダ「小さな高級車」がスゴい! 全長4m級“ちょうどいいサイズ”に「クラス超えた豪華内装」採用! めちゃ上質な「フィット」はどんなモデル?
くるまのニュース
ブレーキ液は、減る? 減らない?
ブレーキ液は、減る? 減らない?
バイクのニュース
“第1回瑶子女王杯”が開幕。トップタイムは牧野任祐、復調の大湯都史樹が続く|スーパーフォーミュラ第4戦富士:土曜フリー走行タイム結果
“第1回瑶子女王杯”が開幕。トップタイムは牧野任祐、復調の大湯都史樹が続く|スーパーフォーミュラ第4戦富士:土曜フリー走行タイム結果
motorsport.com 日本版
子ども向けオフロード入門車『ヤマハ PW50』2025年モデル、10月25日発売へ
子ども向けオフロード入門車『ヤマハ PW50』2025年モデル、10月25日発売へ
レスポンス
ハイブリッド初オーバル戦は、システム未稼働車が最速に。「大金を投じてつまらなくするなんて」/インディカー
ハイブリッド初オーバル戦は、システム未稼働車が最速に。「大金を投じてつまらなくするなんて」/インディカー
AUTOSPORT web
体制新たに表彰台を目標に掲げるAstemo Honda Dream SI Racing。「上げ幅があるから心配はしていない」と野左根/鈴鹿8耐
体制新たに表彰台を目標に掲げるAstemo Honda Dream SI Racing。「上げ幅があるから心配はしていない」と野左根/鈴鹿8耐
AUTOSPORT web
WRCラトビアが開幕。常設サーキットが舞台のスーパーSSでトヨタ好調、ロバンペラが首位
WRCラトビアが開幕。常設サーキットが舞台のスーパーSSでトヨタ好調、ロバンペラが首位
AUTOSPORT web
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
AUTOCAR JAPAN
「車検証」「車庫証明」「定期点検」シールを貼らなくてもいいものは? 知らないと罰則50万円以下も…いま一度、愛車のご確認を!
「車検証」「車庫証明」「定期点検」シールを貼らなくてもいいものは? 知らないと罰則50万円以下も…いま一度、愛車のご確認を!
Auto Messe Web
クルマは停めっぱなしでも「バッテリーが上がる」! 上がる要因の「暗電流」と防ぐ方法とは
クルマは停めっぱなしでも「バッテリーが上がる」! 上がる要因の「暗電流」と防ぐ方法とは
WEB CARTOP
ドイツプレミアムブランドが中国で苦戦 景気低迷や価格競争激化 NEVで巻き返したいものの…
ドイツプレミアムブランドが中国で苦戦 景気低迷や価格競争激化 NEVで巻き返したいものの…
日刊自動車新聞
BMWのデジタルキー、通信の安全性などで「CCC」認証取得…自動車メーカー初
BMWのデジタルキー、通信の安全性などで「CCC」認証取得…自動車メーカー初
レスポンス
2024鈴鹿8耐プレビュー:注目チームやテスト結果をおさらい。EWCチャンピオンシップはヨシムラとYARTヤマハが1点差
2024鈴鹿8耐プレビュー:注目チームやテスト結果をおさらい。EWCチャンピオンシップはヨシムラとYARTヤマハが1点差
AUTOSPORT web
世界を混乱させたシステム障害。メルセデスF1も影響を受ける……ハンガリーGPのFP1前に全コンピュータを再起動「今は必要な状態に戻った」
世界を混乱させたシステム障害。メルセデスF1も影響を受ける……ハンガリーGPのFP1前に全コンピュータを再起動「今は必要な状態に戻った」
motorsport.com 日本版
『グラディエーター』に米フロリダ限定「ハイタイド」登場! ジープらしいオフロード性能さらに強化
『グラディエーター』に米フロリダ限定「ハイタイド」登場! ジープらしいオフロード性能さらに強化
レスポンス
6速MT搭載! トヨタが新型「FRスポーツカー」公開! 2.0Lエンジン廃止の「2ドアクーペ」! 大排気量“直6”搭載の「スープラ」米で今秋発売
6速MT搭載! トヨタが新型「FRスポーツカー」公開! 2.0Lエンジン廃止の「2ドアクーペ」! 大排気量“直6”搭載の「スープラ」米で今秋発売
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

100.8165.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1132.0万円

中古車を検索
ライフの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

100.8165.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1132.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村