現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バカ高い税金を抜け穴で回避!? 全国どこでも同じ値段アルトが初だった!! 維持の新車47万円を実現できたワケ

ここから本文です

バカ高い税金を抜け穴で回避!? 全国どこでも同じ値段アルトが初だった!! 維持の新車47万円を実現できたワケ

掲載 47
バカ高い税金を抜け穴で回避!? 全国どこでも同じ値段アルトが初だった!! 維持の新車47万円を実現できたワケ

 スズキのベーシック軽であるアルト。現在は9代目モデルが販売中となっており、日常のアシから営業車まで幅広いユーザーに支持されている。そんなアルトの初代モデルは1979年に登場し、新車でありながら47万円という衝撃的な価格で一大センセーションを巻き起こした。そんな偉大な初代アルトについて、今一度振り返ってみたい。

文:小鮒康一/写真:スズキ

バカ高い税金を抜け穴で回避!? 全国どこでも同じ値段アルトが初だった!! 維持の新車47万円を実現できたワケ

■税制の隙を突いた「軽ボンネットバン」として登場した初代アルト

初代アルトは、安価な日常のアシを求めていたユーザーから圧倒的な支持を集めて人気車種になった

 現在は乗用車として販売されているアルトであるが、初代モデルは4ナンバー登録の商用車として販売されていた。

 当時、乗用車には高い物品税が課せられており、3ナンバーの乗用車で23%、5ナンバーで18.5%、そして軽乗用車でも15.5%という高い税率となっていた一方で、商用車は業務に供する車両ということで物品税が非課税となっていたのだ。

 そこに目を付けたスズキは、アルトをフロントシート優先の軽ボンネットバンとしてリリースし、高い物品税を回避するという手段に出たのである。

 そもそも当時の軽自動車は今よりもサイズが小さく、リアシートを日常的に使用するケースはそこまで多くなかったため、4ナンバーでも不満を覚えるユーザーは少なかったという側面もあるだろう。

 結果、アルトはもともと47万円という低価格に加えて税制面でも有利となり、安価な日常のアシを求めていたユーザーから圧倒的な支持を集めて人気車種になったというワケなのだ。



記事リンク















前の記事





アルト ワゴンR ジムニー ミラ……スズキ・ダイハツの名モデルたちが最も売れた時代















次の記事





えええ、今は無きミニカがスゲー……1人乗り仕様あったってマジか!! エアコンすらなしの男前グレード!! もしや積載性能最強だったんじゃないか説















■常に庶民の味方であり続けている

現行アルトの税抜100万円を切る車両本体価格というのは、初代の意思を受け継いでいると言えるかもしれない

 ちなみにこの軽ボンネットバンというジャンルは当然他メーカーも後追いし、ダイハツ ミラ・クオーレやスバル レックス コンビなど、同様のコンセプトのモデルが多く生まれた。

 その結果、国は軽ボンネットバンにも物品税をかけるようになったのだが、軽トラックなどの2シーターは引き続き非課税だったため、アルトにも2シーター仕様を追加するなど、いたちごっこが続くことにもなったという逸話があるほど。

 もちろんアルトは税制面だけでなく、47万円という低価格で販売するためにさまざまなコストカットを行っており、ラジオやシガーソケットはもちろんオプションとし、ウインドウウォッシャーもモーターを必要としない手動ポンプ式。

 極めつけはボンネットオープナーのワイヤーを省略するために、ボンネットを開けるときはボンネットに備わっているスズキのエンブレムを押すようになっていたほどだったのである。

 このように、さまざまな手法でユーザーへの負担を減らそうとしていた初代アルト。さすがに現行型は衝突被害軽減ブレーキなどの義務化などもあり、初代アルトのように簡素な仕様にはなっていないが、それでも税抜100万円を切る車両本体価格というのは、初代の意思を受け継いでいると言えるかもしれない。

【画像ギャラリー】ええ、初代アルトのリアシートベニヤなの?! 徹底したコストカットはさすが!! 初代アルトの全貌を写真で(4枚)

投稿 バカ高い税金を抜け穴で回避!? 全国どこでも同じ値段アルトが初だった!! 維持の新車47万円を実現できたワケ は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

こんな記事も読まれています

新車の[ランクル250]が180万円も安く!! コスパ最強の[廉価グレード]は納期まで早くて最高じゃん!
新車の[ランクル250]が180万円も安く!! コスパ最強の[廉価グレード]は納期まで早くて最高じゃん!
ベストカーWeb
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
なんで[ルーミー]に負けるの[ソリオ]!! 販売店の量が原因だと思ってたけど差をつけられてる原因が他にもあった!?
ベストカーWeb
[アルファード]もアイシスの解放感にはかなわず!? ずっと売れ続けた秘訣は180万円以下スタートの価格設定か!?
[アルファード]もアイシスの解放感にはかなわず!? ずっと売れ続けた秘訣は180万円以下スタートの価格設定か!?
ベストカーWeb
1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた
1.3Lターボってマジかよ!! [新型カプチーノ]普通車で開発中!? でも初代もスズキのホンキっぷりがヤバすぎた
ベストカーWeb
3代目[プリウス]買いに来たのにアリオンに鞍替え!? 100万円台で買えた[アリオン]が熱烈支持されていたワケ
3代目[プリウス]買いに来たのにアリオンに鞍替え!? 100万円台で買えた[アリオン]が熱烈支持されていたワケ
ベストカーWeb
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
ベストカーWeb
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
[セレナミニ]爆誕!? シエンタにフリードバカ売れなのに日産なぜ出さない!?
ベストカーWeb
[WR-V]バカ売れなのはやっぱ価格!! 装備も文句ナシも唯一のお願いが!!!!
[WR-V]バカ売れなのはやっぱ価格!! 装備も文句ナシも唯一のお願いが!!!!
ベストカーWeb
大苦戦[CX-60]も見習うべきじゃ…CX-7激安だったんじゃないか説!! 当時から先進装備マシマシ!! しかも今見ると不思議とカッコよくない!?!?
大苦戦[CX-60]も見習うべきじゃ…CX-7激安だったんじゃないか説!! 当時から先進装備マシマシ!! しかも今見ると不思議とカッコよくない!?!?
ベストカーWeb
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ええ[N-BOX]越えやん!! 2代目ワゴンRヤバ!!  サンルーフに天井スピーカーあったってマジかよ
ベストカーWeb
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
工夫の塊[新型スイフト]はちょっと不便!? 正常進化も[リアに室内灯なし]!! トラウマになってるクルマって?
ベストカーWeb
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
マツダ最後のミニバン[ビアンテ]今なら人気爆発!? 登場時期を間違えたミニバン5選
ベストカーWeb
[パジェロ]の弟分がスゴかった!! 超絶頑丈な背面タイヤ仕様がカッコよかったのよ
[パジェロ]の弟分がスゴかった!! 超絶頑丈な背面タイヤ仕様がカッコよかったのよ
ベストカーWeb
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
ベストカーWeb
人気はあったのに……なんで消えた? 苦しくも生産終了になってしまったクルマ6選
人気はあったのに……なんで消えた? 苦しくも生産終了になってしまったクルマ6選
ベストカーWeb
人気とタマ数のバランスでまさかのお得感! 100万円以下とかありえない「コスパ最強」の中古車をピックアップした
人気とタマ数のバランスでまさかのお得感! 100万円以下とかありえない「コスパ最強」の中古車をピックアップした
WEB CARTOP
トヨタがガチで作ったら……想像すると欲しい気がする! なぜトヨタはバカ売れジャンルの「軽自動車」を作らないのか?
トヨタがガチで作ったら……想像すると欲しい気がする! なぜトヨタはバカ売れジャンルの「軽自動車」を作らないのか?
WEB CARTOP
300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
300万円台あり! 4L・V8の感動は国産中古スポーツを凌ぐ!? BMWの至宝M3はE92型がねらい目だ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

47件
  • ******
    官僚、運輸省が何が何でも税金取ろうとしたのを
    あの手この手を使って販売に漕ぎつけたクルマ
    47万円じゃ当時と言えども収益率悪かったと思う
    最近のトヨタ車の、えっ?こんなのが700万円?
  • 岡ちゃん
    アルト47万円とCMしてましたよね、クーラー無しの値段でした。あの頃は軽自動車はクーラー無しが標準で普通車でもクーラーはオプションがほとんどでした。今はクーラーじゃなくエアコン(除湿付き)が普通だから時代は変わったな〜と思う。大半の若い方は知らないし乗ったことないて思うが運転席と助手席の三角窓を開けて走ると(停まると地獄だが)30度を超える気温でも寒イボたちました(前の席のみだが)。窓開けるのも手回しクルクルが普通だった。無論AT車は高級車のみの設定だった。しかしその不便さも懐かしく感じるもうすぐ60歳の当方です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

106.5125.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0400.0万円

中古車を検索
アルトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

106.5125.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

1.0400.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村