現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「オデッセイ」登場! 初の中国生産車として復活! 「4人乗りVIPモデル」は中国だけ!? 日中仕様はどう違う?

ここから本文です

ホンダ新型「オデッセイ」登場! 初の中国生産車として復活! 「4人乗りVIPモデル」は中国だけ!? 日中仕様はどう違う?

掲載 13
ホンダ新型「オデッセイ」登場! 初の中国生産車として復活! 「4人乗りVIPモデル」は中国だけ!? 日中仕様はどう違う?

■内外装のカラーは中国仕様のほうが豊富!?

 ホンダは高級ミニバン「オデッセイ」を国内で復活させ、2023年12月8日に発売します。
 
 初代オデッセイは1994年にデビュー。セダンのような走行性能や快適性能、背の低いスタイリッシュなデザインを採用したことで人気を獲得し、ミニバンブームの火付け役となりました。

【画像】「えっ…!」超カッコイイ! これが新しい「オデッセイ」です! 画像を見る(50枚以上)

 2013年に登場した最新の5代目は、車高を高めてスライドドアを備えたミニバンへと変更。

 その後、2度のマイナーチェンジをおこなって各部がアップデートされましたが、製造を担当していた狭山工場の閉鎖にともない、2021年12月末に生産が終了しています。

 そうしたなか、ホンダは2023年4月にオデッセイの国内再投入を発表し、10月から先行受注もおこなわれ、いよいよ発売されることとなりました。

 新たなオデッセイは、ホンダの中国合弁会社「広汽本田汽車」が中国で継続生産しているモデルを輸入し、国内で販売されるホンダ車として初の中国生産車となります。

 日本で復活を遂げた新オデッセイですが、中国仕様との違いはあるのでしょうか。

 新オデッセイの国内再導入にあたり、改良も実施されました。

 エクステリアは、フロントグリルの開口部上段を拡大し、水平基調の5本バーに突起状のデザインを組み合わせてワイド感と高級感を高めています。

 インテリアは、2列目に4ウェイパワーシートを標準装備。オットマンやリクライニング動作を電動化することで、きめ細かい調節が可能となっています。

 さらに、2列目シートヒーターや折りたたみ式センターテーブル、2列目専用の急速充電付きUSBチャージャーも装備されるなど、快適性の向上が図られました。

 日本仕様と中国仕様で内外装のデザインで違いはないのですが、機能や装備で異なるところがあります。

 まず、中国仕様に搭載される「ジェスチャーコントロール・パワースライドドア」ですが、2020年11月のマイナーチェンジ時に日本仕様にも搭載されたものの、再導入を機に非搭載となりました。

 これは、ドアノブにふれることなく、流れる光に手をかざすことでパワースライドドアの開閉が可能となる機能。光の演出とジェスチャー操作による新たな体験ができるとあって、おもてなしを重視する中国では人気の装備だといいます。

 また、内外装のカラーは日本仕様と中国仕様で違いが見られます。

 ボディカラーは、「プラチナホワイト・パール」「プレミアムヴィーナスブラック・パール」「メテオロイドグレー・メタリック」の3色は共通して設定されますが、日本仕様では「フォーマルブラック」を含めて4色を設定しました。

 それに対し、中国仕様はホワイトをもう1色と、「ストリーミングマジックパープル」「オーロラブルー」を設定し、全6色展開としています。

 インテリアカラーは日本仕様がブラックのみとなるのに対し、中国仕様ではブラックとブラウンが選べます。

 さらなる違いとして、日本仕様は3列シート7人乗りのみですが、中国仕様には「エリートエディション」という2列シート4人乗りの豪華なモデルが存在。

 リアの広々とした空間に2座の大型キャプテンシートを配置した贅沢なつくりで、運転席・助手席とはパーティションで区切られています。パーティションには大型モニターが設置されるなど、ショーファーを目的としたグレードとなっています。

 また、このエリートエディションはフロントグリルがメッシュタイプになるなど、通常仕様とは異なるデザインも与えられました。

※ ※ ※

 新オデッセイは全車が2リッターエンジンに2モーターハイブリッドを組み合わせた「e:HEV」モデルとなり、近年のホンダ車で採用されているスイッチ式シフトを初採用しました。

 先進運転支援機能では、最新の「ホンダセンシング」を搭載し、近距離衝突軽減ブレーキ、オートハイビーム、急アクセル抑制機能(オプション)を追加しています。

 加えて、フロントカメラを広角化することで、衝突被害軽減ブレーキの検知対象が拡大。交差点右折時の対向車や横断自転車、夜間の歩行者検知が可能になるなど、安全性能が向上しました。

 また、コネクテッド機能「ホンダコネクト」を採用しています。

こんな記事も読まれています

ハミルトンの後任シート争奪戦がすでにスタート「僕にまで連絡が殺到」とメルセデスF1のラッセル
ハミルトンの後任シート争奪戦がすでにスタート「僕にまで連絡が殺到」とメルセデスF1のラッセル
AUTOSPORT web
“今回こそ”は逃す訳にはいかない……! メルセデス、ハミルトンとの長期契約避けた背景に神童アントネッリの存在があったと明かす
“今回こそ”は逃す訳にはいかない……! メルセデス、ハミルトンとの長期契約避けた背景に神童アントネッリの存在があったと明かす
motorsport.com 日本版
国内初の“2Lエンジン”搭載! マツダ新型「スポーツカー」公開に期待高まる声も! 爆速&豪華仕様の「ロードスター RS C」実車展示
国内初の“2Lエンジン”搭載! マツダ新型「スポーツカー」公開に期待高まる声も! 爆速&豪華仕様の「ロードスター RS C」実車展示
くるまのニュース
大排気量Vツイン搭載のスゴイやつ KTM新型「1390 SUPER DUKE R EVO」の走りは?
大排気量Vツイン搭載のスゴイやつ KTM新型「1390 SUPER DUKE R EVO」の走りは?
バイクのニュース
日本にない…トヨタ『ヤリス』改良新型に「GR SPORT」を欧州で設定
日本にない…トヨタ『ヤリス』改良新型に「GR SPORT」を欧州で設定
レスポンス
工場で大切なのは紐を引く勇気だ! これさえ徹底してれば……トヨタが誇るお家芸「トヨタ生産方式」ってなーに?
工場で大切なのは紐を引く勇気だ! これさえ徹底してれば……トヨタが誇るお家芸「トヨタ生産方式」ってなーに?
ベストカーWeb
700馬力にアップしたマクラーレン「アルトゥーラ」にスパイダーが追加! 11秒で開閉し最高速は330キロ!!
700馬力にアップしたマクラーレン「アルトゥーラ」にスパイダーが追加! 11秒で開閉し最高速は330キロ!!
Auto Messe Web
若者が憧れるクルマは、実はあのブランドだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(後編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
若者が憧れるクルマは、実はあのブランドだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(後編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
くるくら
実はZ世代の6割以上がクルマの運転が好きだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(前編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
実はZ世代の6割以上がクルマの運転が好きだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(前編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
くるくら
人気!「レトロスポーツ」350ccクラスのバイクを集めてみた!GB350Sのライバルは輸入モデルの個性的なヤツばかり!   
人気!「レトロスポーツ」350ccクラスのバイクを集めてみた!GB350Sのライバルは輸入モデルの個性的なヤツばかり!   
モーサイ
ペダルを漕いで発電 ペダル付き特定原付「ENNE T350 Pro」の先行販売価格が決定!
ペダルを漕いで発電 ペダル付き特定原付「ENNE T350 Pro」の先行販売価格が決定!
月刊自家用車WEB
ロングドライブのお供に!後部座席でNetfrixやYoutubeが見れるAndoroidTV搭載APPスマートリアモニターが発売
ロングドライブのお供に!後部座席でNetfrixやYoutubeが見れるAndoroidTV搭載APPスマートリアモニターが発売
月刊自家用車WEB
クルマとスマートフォンの有線接続はもういらない!Apple CarPlayとAndroid Autoでワイヤレス接続ができる「AN-S128」が発売
クルマとスマートフォンの有線接続はもういらない!Apple CarPlayとAndroid Autoでワイヤレス接続ができる「AN-S128」が発売
月刊自家用車WEB
BYDのEV車に乗れるチャンス!全国 約30箇所を巡る展示・試乗イベント「Hello! BYD Caravan」が開催
BYDのEV車に乗れるチャンス!全国 約30箇所を巡る展示・試乗イベント「Hello! BYD Caravan」が開催
月刊自家用車WEB
草刈りはラジコンでする時代!最新モデルのラジコン草刈機『カルゾーLM750』が30%OFF!
草刈りはラジコンでする時代!最新モデルのラジコン草刈機『カルゾーLM750』が30%OFF!
月刊自家用車WEB
「窓ガラスが曇って前が見えない!」運転中の困りごとの対処法
「窓ガラスが曇って前が見えない!」運転中の困りごとの対処法
LE VOLANT CARSMEET WEB
PHEVハイパーカー、アルトゥーラに待望のオープンモデル誕生|McLaren
PHEVハイパーカー、アルトゥーラに待望のオープンモデル誕生|McLaren
OPENERS
日産、自動運転モビリティサービス 2027年にもドライバーレス 官民共同で早期実現へ
日産、自動運転モビリティサービス 2027年にもドライバーレス 官民共同で早期実現へ
日刊自動車新聞

みんなのコメント

13件
  • cub racer
    オデッセイは今まで乗り継いでて好きだが
    中国生産車ならもう買わない。
  • 齊藤裕介
    中国製のオデッセイ買う人いるの?笑
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索
オデッセイの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

480.0516.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.2565.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村