現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電動化とオフロード性能を両立!ジープ「ラングラー」に初のPHEVモデルWrangler Unlimited Rubicon 4xeが登場

ここから本文です

電動化とオフロード性能を両立!ジープ「ラングラー」に初のPHEVモデルWrangler Unlimited Rubicon 4xeが登場

掲載 更新
電動化とオフロード性能を両立!ジープ「ラングラー」に初のPHEVモデルWrangler Unlimited Rubicon 4xeが登場

ジープ(Stellantisジャパン)は、本格オフローダー「Wrangler」シリーズのハードコアモデル「Wrangler Unlimited Rubicon(ラングラー・アンリミテッド・ルビコン)」にプラグインハイブリッドモデルを追加、「Wrangler Unlimited Rubicon 4xe(フォー・バイ・イー)」として受注を開始した。

なお、同モデルは左ハンドルのみの設定となる。

今週、話題になったクルマのニュース4選(2022.2.19)

新時代の幕開けを告げる電動パワートレーン搭載のラングラー

卓越した悪路走破性を誇る「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン」に、電動パワートレーンを備えたプラグインハイブリッドモデルが登場。

この「ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xe」は、オフロード走行のポテンシャルアップと、約42kmを電気のみで走行可能な高効率かつスムーズな走りを両立し、本格オフローダーの新たな可能性を開拓するモデルだと言える。

搭載するパワートレーンは、2L直列4気筒ターボエンジン、2基の電気モーター、350Vのリチウムイオンバッテリーに、8速オートマチックトランスミッションを組み合わせている。

エンジンにマウントされるP1モーターは、きわめて滑らかにエンジンを始動させることで燃費低減機能を実現しているほか、バッテリーパックに供給するための電気も生み出す。

トランスミッション前部には、P2モーター(高電圧モータージェネレーター)を備えており、エンジンとP2モーターは2つのクラッチで制御され、バイナリークラッチと呼ばれる動力を伝達するスイッチが開いた状態で100%のEV走行モード、閉じるとエンジンとモーターの出力が融合される。

P2モーターとトランスミッションの間に備わるもうひとつのクラッチは、トランスミッションとの噛み合いを調整し、ドライバビリティと効率性を向上させている。

モーターの役割を選択できる3つの走行モードを装備

ラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xeは、運転席でのボタン操作により、以下の3つの走行モードを選択できる。

■HYBRIDモード

道路状況やドライバーの操作に応じて、電気モーターとエンジンの作動状況を自動で最適化。バッテリーに電気が十分に蓄えられた状態ではモーター駆動(EV走行)が優先されるが、充電レベルが低下するとガソリンエンジンとモーターを併用したハイブリッド走行モードに切り替わる。

■ELECTRICモード

排出ガスを出さない100%EV走行を行うモード。満充電の状態では、約42kmを電気のみで走行が可能。通常はモーターで駆動するが、充電レベルが最低限になった場合やアクセルペダルを強く踏み込んだ場合にはエンジンが始動する。

■e-SAVEモード

バッテリーの充電レベルを維持するモード。このモードでは、充電レベルが十分な状態においてもエンジン主体で走行する。さらにタッチパネルモニター内の「ハイブリッド エレクトリック ページ」から、「バッテリー節約」と「バッテリー充電」のいずれかを選択できる。

本格を名乗るにふさわしいタフネスさを継承

電動化を遂げたルビコン 4xeのパワートレーンは、ラングラーの卓越したオフロード性能においてさらなる高みを実現。電気モーターは、発進と同時に最大トルクを発生する特性をもつなど、オフロード性能の向上にも寄与している。

例えば大きな石を乗り超えるような場面でもエンジン回転数を上げることなく、巨大なトルクを瞬時に生み出すことができる。これは急勾配を駆け上がるクライミングや、悪路を低速で進む場面においても威力を発揮するという。

バッテリーの充電は、家庭用200Vの普通充電に対応している。減速時や制動時に働く回生ブレーキは、4×2走行時には駆動輪である後輪から、4×4走行時には4輪すべてからの制動エネルギーをバッテリーに供給。さらに、エネルギーの回収を最大化して発電力を高める「Max Regen」機能を作動させることも可能だ。

さらに、すべての高電圧電子部品は、シーリング加工や防水処理が施されている。これによってラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xeの渡河性能は、ガソリンエンジン車と同等の30インチ(76cm)を実現。

またリチウムイオンバッテリーはリアシート下部に配置されており、重量配分を最適化するとともに、外部からの衝撃による損傷リスクの低減を図っている。バッテリーには冷却回路を備えているため、常に最適な温度に保たれる。

プラグインハイブリッドならではの特別な装い

ルビコン 4xeでは、エンジンフード、ボディサイドのTRAIL RATED バッジ、リアエンブレムにブルーのアクセントカラーが配されるなどの差別化が図られている。インテリアにおけるブルーのステッチも特別感を演出する。

ボディカラーはブラックC/C、ブライトホワイトC/C、アールC/Cの3色を設定し、いずれもブラック内装を組み合わせている。

このラングラー・アンリミテッド・ルビコン 4xeは、真骨頂であるオフロード性能に新たな可能性を生み出す電動パワートレーンを搭載した、新感覚のモデルとなる。

【メーカー希望小売価格】
10,300,000円(税込)

関連情報:https://www.jeep-japan.com/wrangler-jl/wrangler-4xe.html

構成/土屋嘉久

こんな記事も読まれています

今季NEXTevo導入の『FC2』を公開「パワーで曲げられる飛躍的進化」シリーズプロモ動画も/ナイトロクロス
今季NEXTevo導入の『FC2』を公開「パワーで曲げられる飛躍的進化」シリーズプロモ動画も/ナイトロクロス
AUTOSPORT web
トヨタ新型「後輪駆動“高級セダン”」発表! 流麗ボディに「美しい」の声も! 全長5m級の「ミライ」スペインで約1260万円から
トヨタ新型「後輪駆動“高級セダン”」発表! 流麗ボディに「美しい」の声も! 全長5m級の「ミライ」スペインで約1260万円から
くるまのニュース
フェラーリ レーシングデーを鈴鹿サーキットで2日間開催
フェラーリ レーシングデーを鈴鹿サーキットで2日間開催
Auto Prove
【いよいよ明日発売】乗ってどうだ? BYDシール 中国試乗で見えた走りのパフォーマンス
【いよいよ明日発売】乗ってどうだ? BYDシール 中国試乗で見えた走りのパフォーマンス
AUTOCAR JAPAN
量産車で世界最高の空力性能、Cd値0.194達成…中国シャオペンの新型EV
量産車で世界最高の空力性能、Cd値0.194達成…中国シャオペンの新型EV
レスポンス
99%がリヤ駆動のなかで日野がFFのトラックを発売! 激レアなFFトラックはどこにメリットがあるのか?
99%がリヤ駆動のなかで日野がFFのトラックを発売! 激レアなFFトラックはどこにメリットがあるのか?
WEB CARTOP
プロが選ぶ253軒の宿情報を一冊に。『5つ星の宿』2024年版 発売
プロが選ぶ253軒の宿情報を一冊に。『5つ星の宿』2024年版 発売
グーネット
ハミルトン、今季初表彰台で18年連続の快挙。夢のスタートを決めたラッセル「2013年のアロンソみたい!」
ハミルトン、今季初表彰台で18年連続の快挙。夢のスタートを決めたラッセル「2013年のアロンソみたい!」
AUTOSPORT web
ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
GQ JAPAN
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
乗りものニュース
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
くるまのニュース
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
レスポンス
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
レスポンス
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
バイクのニュース
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
Auto Prove
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
AUTOSPORT web
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
レスポンス
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0899.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81643.0万円

中古車を検索
ラングラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0899.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81643.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村