現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ゲ、1300馬力・・・?】電動3シリーズのMバージョン「BMW i3M」は信じられないほどパワフルなモデルとなる?

ここから本文です

【ゲ、1300馬力・・・?】電動3シリーズのMバージョン「BMW i3M」は信じられないほどパワフルなモデルとなる?

掲載 12
【ゲ、1300馬力・・・?】電動3シリーズのMバージョン「BMW i3M」は信じられないほどパワフルなモデルとなる?

BMW i3M:未来予想イラスト。BMWは電気自動車3シリーズに1300馬力以上を与えるか?BMWがあるモデルを市場に投入する際、M GmbHは通常、そう遠くない時期にパフォーマンスバージョン投入で追随する。2026年に電気自動車3シリーズとして発売される予定の「ヴィジョン ニュークラス(Vision Neue Klasse)」のMバージョンも、それに続く可能性が高い。これがi3Mの外観だ!

BMWの電気自動車の世界は、以前にも増してスポーティになってきている。「BMW i5」と「i7」には、名前にMが付くより速い派生モデルがすでにあるが、まだ「M50i」や「M5」のレベルには達していない。しかし、これは間もなく登場する「i3」で変わる可能性がある。

「VW ゴルフ50周年記念モデル」ニュルブルクリンク24時間レースでワールドプレミア 348馬力のゴルフGTIクラブスポーツ登場!

これまで「BMW i3」は、その大胆なデザインが何よりも際立つコンパクトな電動シティカーとして知られてきた。しかし、「i3」は遅くとも2026年までに「3シリーズ」のプラグインハイブリッドバージョンとして発売される予定である。

原則として、BMWのスポーツ部門M GmbHはニューモデルで遅れを取らないため、パワフルな「i3M」がそれに続く可能性が高い。

BMW i3Mは1300馬力以上?「Focus Online」によれば、BMWの開発責任者フランク ウェーバーは、すでに電気自動車「3シリーズ」のパフォーマンスバージョンを図面に描いており、性能面ではすでに最初のヒントが得られているという。それによれば、最大4基の電動モーターを搭載し、総出力1メガワット(1360馬力)弱の全輪駆動が検討されているが、これが実際に量産されるかどうかは現時点では未定だ。

しかし、確かなのは、電気自動車「M3」の派生モデルは決して脆弱なモデルなわけではなく、非常に高い性能を有したモデルとして開発される見込みだということだ。今、「ニュークラス」スタディモデルのデザインがほぼ量産に近いものと考えれば、スポーツバージョンのおおよその姿が見えてくる。

ワールドプレミアは2026年半ば大型のエアインテークを備えた「M」らしいバンパーや、ヘッドライトから下まで続くもうひとつのデザイン要素があるかもしれない。しかし、このエレメントには機能がないわけではない。ホイール周辺の乱気流を最小限に抑えるエアカーテンとしての役割もあるだろう。スポーツモデルでは、効率性も重要な役割を果たす。デザインは、カラーコントラストを強調したエレメントで丸みを帯びている。

しかし、電気自動車「3シリーズ」が市場に投入されるのは2026年初頭の予定であるため、「i3M」が路上で見られるようになるにはまだ時間がかかりそうだ。スポーツモデルは通常、タイムラグをもってその後に続く。2026年後半の発表が考えられるだろう。

Text: Sebastian FriemelPhoto: Bernhard Reichel

関連タグ

こんな記事も読まれています

新型「ベントレー コンチネンタルGT」782馬力プラグインハイブリッドV8がW12を日陰に追いやる
新型「ベントレー コンチネンタルGT」782馬力プラグインハイブリッドV8がW12を日陰に追いやる
AutoBild Japan
【ニューモデル情報】ミュンヘン製コンパクトモデル 新型BMW 1シリーズが次のラウンドへ
【ニューモデル情報】ミュンヘン製コンパクトモデル 新型BMW 1シリーズが次のラウンドへ
AutoBild Japan
新型「BMW M3」早くもツーリングをフェイスリフト パワーアップされた「M3」の全情報!
新型「BMW M3」早くもツーリングをフェイスリフト パワーアップされた「M3」の全情報!
AutoBild Japan
【ニューモデル情報】VWトランスポーターファミリー完成!VW、新型第7世代トランスポーターのシルエットを発表
【ニューモデル情報】VWトランスポーターファミリー完成!VW、新型第7世代トランスポーターのシルエットを発表
AutoBild Japan
さらに優れたドライビング特性とともに登場!電動車含む3台の新型「メルセデス Gクラス」を初テスト!
さらに優れたドライビング特性とともに登場!電動車含む3台の新型「メルセデス Gクラス」を初テスト!
AutoBild Japan
3列シート 7人乗り、多彩なライフスタイルにフィットするSUV 電気自動車 メルセデス「EQB」を発売
3列シート 7人乗り、多彩なライフスタイルにフィットするSUV 電気自動車 メルセデス「EQB」を発売
AutoBild Japan
トヨタが新型「カローラ」発表! 斬新な「レトロ×スポーツ」デザイン採用! ド派手な「リアスポ」も! 「1987年式のFX16」敬意を表す仕様が米登場、日本の反響は?
トヨタが新型「カローラ」発表! 斬新な「レトロ×スポーツ」デザイン採用! ド派手な「リアスポ」も! 「1987年式のFX16」敬意を表す仕様が米登場、日本の反響は?
くるまのニュース
【スクープ】トヨタ新型スーパーカー「GR GT3」いよいよ市販化へ! V8ツインターボ搭載との情報が!
【スクープ】トヨタ新型スーパーカー「GR GT3」いよいよ市販化へ! V8ツインターボ搭載との情報が!
LE VOLANT CARSMEET WEB
アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』発表…220馬力モーター搭載
アルピーヌ初のEV、コンパクトハッチ『A290』発表…220馬力モーター搭載
レスポンス
メルセデスベンツ、最後のエンジン搭載『GLE』は2025年に…「Eクラス」風デザインで登場か
メルセデスベンツ、最後のエンジン搭載『GLE』は2025年に…「Eクラス」風デザインで登場か
レスポンス
フェラーリ新型「スーパーカー」日本初公開! 830馬力のV12エンジン搭載!? 「12チリンドリ」とはどんなモデルか
フェラーリ新型「スーパーカー」日本初公開! 830馬力のV12エンジン搭載!? 「12チリンドリ」とはどんなモデルか
くるまのニュース
トヨタ”新型”「スープラ」まもなく登場!? “中身”はSUVと共有も? デビュー6年目「本格スポーツカー」どうなるのか
トヨタ”新型”「スープラ」まもなく登場!? “中身”はSUVと共有も? デビュー6年目「本格スポーツカー」どうなるのか
くるまのニュース
スーパーワゴンが14年ぶりに復活! BMW『M5ツーリング』最終デザインを大予想
スーパーワゴンが14年ぶりに復活! BMW『M5ツーリング』最終デザインを大予想
レスポンス
三菱の「ランエボ“SUV”」!? 高性能4WD搭載の「スポーティモデル」! 斬新ドアも超カッコイイ「e-EVOLUTION C」とは
三菱の「ランエボ“SUV”」!? 高性能4WD搭載の「スポーティモデル」! 斬新ドアも超カッコイイ「e-EVOLUTION C」とは
くるまのニュース
メルセデスがEQBの改良モデルを発表。バッテリー容量を拡大したほか、最新デザインを採用しスタイリッシュに変身
メルセデスがEQBの改良モデルを発表。バッテリー容量を拡大したほか、最新デザインを採用しスタイリッシュに変身
Webモーターマガジン
ポルシェを超えた? 10分で310km分を充電 英ロータス、新型EVで市販最速に
ポルシェを超えた? 10分で310km分を充電 英ロータス、新型EVで市販最速に
AUTOCAR JAPAN
400馬力! スバルの美しすぎる「スポーツクーペ」が凄い! パワフルな「ツインターボ×四輪駆動」搭載! ガバっと開く「斬新ドア」採用した「B11S」とは
400馬力! スバルの美しすぎる「スポーツクーペ」が凄い! パワフルな「ツインターボ×四輪駆動」搭載! ガバっと開く「斬新ドア」採用した「B11S」とは
くるまのニュース
500台目にして最後のブガッティ シロン ワンオフモデルの「リュルティム(L’Ultime)」 すべての情報!
500台目にして最後のブガッティ シロン ワンオフモデルの「リュルティム(L’Ultime)」 すべての情報!
AutoBild Japan

みんなのコメント

12件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.8451.5万円

中古車を検索
i3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

78.8451.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村