現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

ここから本文です

威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

掲載 6
威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

 ベストカー本誌で30年も続いている超人気連載「テリー伊藤のお笑い自動車研究所」。過去の記事を不定期で掲載していきます。今回はトヨタ センチュリー(2018年-)試乗です!(本稿は「ベストカー」2018年11月10日号に掲載した記事の再録版となります)

撮影:西尾タクト

威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】

■「引きの美学」を感じるデザインが素晴らしい!

トヨタ センチュリー(電気式無段変速:1960万円)。ボディサイズは全長5335×全幅1930×全高1505mm、ホイールベース3090mm、車重2370kg

 新型センチュリーである。

 20年ぶりのフルモデルチェンジだそうで、ジムニーのモデルチェンジといい、平成最後の自動車業界は「20年ぶり」がキーワードになっているようだ。

 センチュリーはデザインが素晴らしい。独特の「引きの美学」を感じるのだ。

 ものを作る時に「足す」のは簡単だが「引く」のは難しい。しかし、センチュリーはデザインに足し算をしない勇気がある。

 昨年の東京モーターショーに行った時、私はセンチュリーのデザイナーと会うことができた。思いのほか若い人だったが、彼は本当にいい仕事をしたと思う。

 20年ぶりのモデルチェンジというだけでも相当なプレッシャーがあったと思うが、センチュリーはそれに加えて50年の歴史でこれが3世代目。

 そんな特殊なクルマのデザインを任されたら、普通は「どうすりゃいいのよ?」と戸惑うはずだが、そこを彼は「引きの美学」で乗り越えた。この一点だけでも優秀な人物であることがわかる。

「引きの美学」は「寸止めの美学」や「削ぎ落としの美学」と言い換えてもいい。

 私の印象では、ヘッドライトまわりをはじめとするフロントマスクを中心に、もっと「オラオラ感」を出したくなるところをこらえている。

 若いデザイナーでも「俺の感性を見せつけてやるぜ!」というタイプではこうはならなかったはずだ。

 このデザインには今までの歴史へのリスペクトがあるし、日本文化本来の美しさも感じさせる。

 日の丸を筆頭に、日本の文化は「削ぎ落とすこと」に特徴がある。センチュリーのデザインはそこをみごとに表現しているのだ。

 ただし、リアのライトはもっと小ぶりでもよかったと思う。トランクの切れ目の内側にまでライトを伸ばすのではなく、外側にだけ小さいライトを置いておけばよかったのではないか。これは私の個人的な意見だが。

 今後20年もちそうなデザインだというのも素晴らしい。落ち着きがあるだけでなく、耐久性も持ち合わせている。

 新型センチュリーのモデルチェンジは、デザインだけで成功と言えるのではないだろうか。

リアシートこそセンチュリーのメインステージ。電動オットマンもあって快適な乗り心地だったのは言うまでもない

 インテリアも「引きの美学」が徹底している。

 そもそもドライバーは二の次というクルマだから、使いやすさが最優先されていて、ここでも「オラオラ感」はまったくない。

 必要なものを必要な場所に美しく配置する。それが徹底されていることに潔さを感じる。

 ただし、ここでもひとつ疑問があって、それは前席と後席の間に置かれている壁のようなモニターだ。

 昭和の時代、応接間にテレビを大切に置いていた家庭がよくあったが、それを思い出してしまった。

 いくらなんでもそこまで昔の伝統を持ってこなくてもいい。ここはもっとスマートにできなかったものかと思う。

■クーペもオープンも作ってほしい

 自らハンドルを握って試乗もしてみたが、センチュリーは走ってどうこう言うクルマではないだろう。

 見晴らしがよくて、大きさのわりに運転がしやすいことが確認できたが、それも「運転手さんよかったね」というだけで、このクルマの真の価値とは別の話だろう。

走りはよくてあたりまえ(笑)。だがやはり、運転するより乗せてもらいたいクルマだ

 パワーユニットはV12、5LのガソリンエンジンからV8、5Lのハイブリッドに変わった。今の時代、ムダをなくすのは当然のことで、それもわかる。

 でも、この使われなくなったV12エンジンは今後どこで保管されるのか。何かの拍子で流出してドリフトマシンに使われたりしないのか。なぜかそんなことが気になった。

 早い話が、走りに関しては「よくてあたりまえだしな」という感想しかないということである(笑)。

 それはともかく、新型センチュリーに乗ってつくづく思ったことがある。トヨタはセンチュリーのクーペやオープンカーを作るべきだ、と。

 ロールスロイスにはあたりまえのようにクーペもオープンもあるのに、なぜ日本のセンチュリーにはないのか。

 日本車の文化レベルを上げる、格好の素材ではないかと声を大にして言いたいのだ。

「トヨタはセンチュリーのクーペやオープンカーを作るべき」と語ってくれたテリーさん

 皇室のロールスロイスコーニッシュIII(コンバーチブル)が劣化して、廃車になるという報道がある。その代わりをセンチュリーのコンバーチブルが務めるのはあたりまえの話ではないか。

 来年5月には新天皇即位のイベントがあるはずだし、そこでセンチュリーコンバーチブルが登場するのはストーリーとしても最適。それも皇室専用の改造車ではなく、市販モデルとして出すべきなのだ。

 センチュリーのクーペやコンバーチブルがもし市販されれば、日本も凄くて楽しいクルマが作れることを世界に知らしめることができるはず。そして、今それができるのはトヨタしかない。

 センチュリーのセダンはいくら評判がよくても「人ごと」の域を出ないが、クーペやコンバーチブルなら私もぜひ乗ってみたい。

 トヨタにこの「男前な決断」を期待したい。

■テリー伊藤 今回のつぶやき

 トヨタはロールスやベントレーのようにセンチュリーのクーペとオープンを作り、「日本もやるな!」と思わせるべきだ!

(写真、内容はすべてベストカー本誌掲載時のものです)

【画像ギャラリー】開発テーマは「継承と進化」! 18年ぶりフルモデルチェンジのNEWセンチュリーをチェック!(10枚)

投稿 威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】 は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
ベストカーWeb
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
ベストカーWeb
BooBooラウンジ第4回 マニュアル車が大好きな松重 豊さんが乗りたくてワクワクしていた[フェアレディZ]に試乗!
BooBooラウンジ第4回 マニュアル車が大好きな松重 豊さんが乗りたくてワクワクしていた[フェアレディZ]に試乗!
ベストカーWeb
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
もはやスイスポいらずの完成度!! 新型[スイフト]は値上げも軽量を武器に! 元気な走りを見せる
ベストカーWeb
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
未だに300万円もすんの!? ラシーンは当時家族優先のクルマだった?! 30年経ってもファン多めなラシーン新車販売当時の評価を振り返ってみる!! 【リバイバルBESTCAR】
ベストカーWeb
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
ベストカーWeb
えええ、DIYなの!? 完成度ヤバ!! ベンツが市販化しなかったコンセプトカーをクルマ好きが自作した衝撃
えええ、DIYなの!? 完成度ヤバ!! ベンツが市販化しなかったコンセプトカーをクルマ好きが自作した衝撃
ベストカーWeb
コスパ最強SUVの[WR-V]は4倍の注文!! 爆売れのワケは前代未聞の割り切りにあった!?
コスパ最強SUVの[WR-V]は4倍の注文!! 爆売れのワケは前代未聞の割り切りにあった!?
ベストカーWeb
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
2Lツインカムを積む後輪駆動! 販売期間はたったの2年2カ月! セリカ カムリと呼ばれた初代カムリは奇跡の1台だった!
ベストカーWeb
今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
今は無き[エスティマ]値上がりヤバい!! だったら北米の巨大ミニバン[シエナ]日本導入プランは?
ベストカーWeb
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
[キューブ]ってそんな売れてたっけ!? なのに復活の声多いワケ
ベストカーWeb
外車も良いけど国産車もアリ!! 今こそ日本車のワケ
外車も良いけど国産車もアリ!! 今こそ日本車のワケ
ベストカーWeb
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
新型パジェロとも疑うデキ!! 技術をフルに投入[トライトン]! SUV顔負けのまさか過ぎる性能とは?
ベストカーWeb
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
これは…売れる……小さな高級車レクサスLBXが売れまくっている理由
ベストカーWeb
もはやベース車以上!! 最高にご機嫌な2台の乗り味に悶絶! [クラウンクロスオーバーランドスケープ]と[ポルシェ911ダカール]一気乗りでわかった2台の真実!!
もはやベース車以上!! 最高にご機嫌な2台の乗り味に悶絶! [クラウンクロスオーバーランドスケープ]と[ポルシェ911ダカール]一気乗りでわかった2台の真実!!
ベストカーWeb
コロナがN-BOX並に売れてたってマジか!! [トヨペット コロナ ハードトップ1600S]は走りにこだわったスポーツモデル!!
コロナがN-BOX並に売れてたってマジか!! [トヨペット コロナ ハードトップ1600S]は走りにこだわったスポーツモデル!!
ベストカーWeb
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
新型[プリウス]はもっと”スポーツカー”に!? トヨタが電動化時代もエンジンに注力するワケ
ベストカーWeb
[新型フリード]に黒っぽいボディが3つもある!? フリードこそブラックボディにすべきというこれだけの理由
[新型フリード]に黒っぽいボディが3つもある!? フリードこそブラックボディにすべきというこれだけの理由
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
  • エコライナー31
    ロールスロイスと比べたら外身はいいけど内装がショボ過ぎるな。
  • BG5PE-100
    3枚も同じ写真あるけど、テリーさんは合成?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2500.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
センチュリーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

2500.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村