サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > エステバン・オコン、ルノーF1からタイヤテストに参加「復帰に向けて大きな助けになる!」

ここから本文です

エステバン・オコン、ルノーF1からタイヤテストに参加「復帰に向けて大きな助けになる!」

エステバン・オコン、ルノーF1からタイヤテストに参加「復帰に向けて大きな助けになる!」

 ルノーは来季、ニコ・ヒュルケンベルグに代えてエステバン・オコンを起用することを決断した。そしてそのオコンは、シーズン終了直後にアブダビで始まったタイヤテストに参加している。

 来季の開幕前テストは、2019年の8日間から6日間に削減されることになっている。そのためオコンは、今回のタイヤテストに参加することは、F1復帰に向けて不可欠だと考えている。

■F1タイヤテスト初日:ボッタス首位、クビアト3番手。レッドブル・ホンダのフェルスタッペンは153周走り込み

 今シーズンはメルセデスのリザーブドライバーを務めてきたオコンは、シーズン終了翌日から特例的にルノーに加入。今回のテストに参加することができた。

「今回のテストで走るのはとても重要であり、間違いなく僕にとって大きな助けになるだろう。なぜなら2月のテストに向けて有利になり、マシンの中でのポジションもコース上で確認することができるからだ。このチャンスを手にできるのは素晴らしいことだ」

 オコンはテスト初日、そしてルノーR.S.19の走行を終え、そう語った。

「今年はマシンをドライブする時間があまりなかった。2月のテストの日程が減らされるのは大きな問題だ」

「だからここで2日間にわたって走ることは、2月に不足する2日間を穴埋めすることになる」

 オコンはテスト初日、首位のバルテリ・ボッタス(メルセデス)から2.838秒遅れの8番手に終わった。

 なおタイヤサプライヤーであるピレリは、オコンの走行距離は、シートポジションの問題により制限されることになったという。メルセデス在籍時代にW10を走らせた経験があるオコンも、メルセデスとルノーのシートポジションが大きく違うことを認めている。

 とはいえオコンは、テスト初日がかなりスムーズに進み、その走行を楽しむことができたと語る。

「(F1マシンのコクピットに)戻ってくるのは素晴らしい気分だ。今日はとても興奮していた。何ヵ月もそれを待ち、ついにその時が来たんだ」

「第一印象はとても良かったし、チームも僕は暖かく歓迎してくれた。そういうことは、いつもとても満足する。昔からの知り合いも、初めて会う人もいる。それもいつも素晴らしい」

「僕らは様々な細かい作業に、正しく取り組み始めた。そして午後に向け、少しずつ限界に近づけていった」

 ルノーのマシンR.S.19について、オコンは次のように語った。

「良い感じだった。もちろん、いつでも改善できるモノはたくさんある。でもこのエンジン(パワーユニット)は、僕が久々に経験するモノだ。良いパワーだよ」

「そしてバランスにも当然取り組んでいかなきゃいけない。でも明日以降続けていくための、力強い基盤になったと思う」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します