サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界初のレベル3に対応した自動運転車、ホンダ「レジェンド」発売で加速する開発競争、カギを握るテクノロジー関連企業との連携

ここから本文です

「CASE」(コネクテッド、『自動運転』、シェアリング、電動化)は自動車業界に100年に1度の大変革をもたらすといわれている。今回三井住友DSアセットマネジメントはマーケットレポート「世界初となるレベル3の『自動運転』車発売、開発競争は激化」を発表した。

『自動運転』の法整備が進む

全方位で徹底検証!スズキ「ハスラー」とダイハツ「タフト」買うならどっち?

国内では運転の主体がシステムとなるレベル3の『自動運転』車が公道を走行するときのルールを決めた改正道路交通法と、『自動運転』車の整備内容を定めた改正道路運送車両法が、2020年4月に施行された。これにより『自動運転』のレベル3が国内で解禁され、法規定に従えば公道でも走れるようになった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン