現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ「GRスープラ」は直6より直4が面白い! ただしMTにこだわるのなら「RZ」一択しかありません

ここから本文です

トヨタ「GRスープラ」は直6より直4が面白い! ただしMTにこだわるのなら「RZ」一択しかありません

掲載 41
トヨタ「GRスープラ」は直6より直4が面白い! ただしMTにこだわるのなら「RZ」一択しかありません

下りのワインディングなら「SZ-R」のほうが楽しい!

2019年にリリースされたGRスープラはBMWとの協業で生まれた1台です。同車は3Lの直6エンジンを搭載する「RZ」と2L直4の「SZ-R」「SZ」をラインアップしています。パワーや排気量だけを目にすると「RZ」の方が良さそうに見えますが、じつは2L直4モデルも意外と評価が高いのをご存知でしょうか。その理由を説明します。

人生初の愛車にトヨタ「GRスープラ」を選択! 理由は『グランツーリスモ6』の「FT-1」を走らせていたから。「実際のサーキットはぜんぜん違いますね」

約50kgも直4モデルの方が軽量になっている

GR86、GRヤリス、GRカローラなどラインアップが充実しているトヨタのGRシリーズ。フラッグシップモデルのGRスープラはスーパーGTの参戦車両でもあるが、ストリートではなぜか影が薄い存在に……。BMW「Z4」と兄弟車で、オーストリアのマグナ・シュタイヤー社で生産されているため、なんとなく国産スポーツのカラーが弱かったり、当初ATモデルしかなかったことなどがネガティブな要素だったかもしれないが、Z4の「M40i」より、スープラ「RZ」の方が約150万円も安く、冷静に考えるとバーゲンプライスなクルマだともいえるだろう(それでも「RZ」の新車は730万円もするのだが……)。

さて、そんなGRスープラには直6エンジンを搭載した「RZ」と直4エンジンを積んだ「SZ-R」/「SZ」がある。直6は3Lで、直4は2Lと排気量が違うため、動力性能だけで比較すれば、直6の「RZ」が387ps、「SZ-R」が258psと大きな差が見られる。だが、走る場所によってはむしろ「SZ-R」に軍配が上がるケースもあって、単純に「RZ」の方がスポーツカーとして「上」とは言い切れない。

というのは、3Lの直6エンジンはパワフルだが重たく、2Lの直4エンジンはアンダーパワーでもコンパクトだからだ。フロントにエンジンを搭載するFRのGRスープラは、エンジンの重さが走りに大きく影響する。直6のB58B30Bと直4のB48B20Bをエンジン単体で比較すると、約50kgも直4の方が軽量だ。

BMWのスポーツカーは伝統的に前後の重量配分が50:50になっているが、GRスープラで重量バランス50:50を実現しているのは、直4の「SZ-R」の方となっている(RZも一応、50:50となっているが、それは人が乗車したときの設定)。実際に「SZ-R」は、ノーズが軽く、1460kgもあるのに軽快感も残っているのが魅力的だ。

GRスープラの開発担当だった多田哲哉氏自身も次のようにコメントしていた。

「(ヨーロッパの)アルプス越えでは、RZとSZ-Rは甲乙つけがたかった」

フロントが50kgも軽ければ明らかによく曲がり、コーナリングスピードも速く、パワーが低いのに同じ幅のタイヤを履いているため、SZ-Rの方がより積極的にアクセルを踏んでいくことだってできてしまう(RZは19インチ、SZ-Rは18インチだが、ハイトのあるタイヤの方がトラクションはかけやすいし、ハンドルもより切り足せる)。少なくとも下りのワインディングなら、RZよりSZ-Rの方がより楽しく走れるのは保証できる。

車体こそ大きく見えるが、GRスープラのホイールベース・トレッド比は1.55と、フェラーリ458イタリアの1.58より小さく、素性はかなりコーナリングマシン(ロータスエリーゼは1.53)! その素性の良さを活かすのなら、フロントの軽い直4モデルがベターで、ピュアなFRスポーツとして楽しむのなら、SZ-Rに軍配が上がるのは間違いなしだ。

AMWノミカタ

鼻先が軽くてワインディングが楽しい直列4気筒を選ぶのなら、現在はSZ-RとSZを選ぶことになるが、8速ATしかラインアップがない。パドルシフトでのドライビングも楽しいが、せっかくならMTで操る感覚を満喫したい人には、6MT搭載のRZ一択となってしまう。BMWもパワーのあるストレートシックスではなく、非力な直4をMTで操るほうが断然楽しかった。GRスープラにも直4+MTの組み合わせを望んでしまうのは、クルマ好きの戯言であろうか。

関連タグ

こんな記事も読まれています

純正のほぼ半値! 高額なトヨタ「GRヤリス」純正ローターに代わる高性能1ピースローターが登場! 魅力的なパッドも充実しています
純正のほぼ半値! 高額なトヨタ「GRヤリス」純正ローターに代わる高性能1ピースローターが登場! 魅力的なパッドも充実しています
Auto Messe Web
日産「フェアレディZ ニスモ」を長距離で試したら「サーキットで走らせたい」と初めて思った! 買えた人はラッキー、でもスタンダードでも十分
日産「フェアレディZ ニスモ」を長距離で試したら「サーキットで走らせたい」と初めて思った! 買えた人はラッキー、でもスタンダードでも十分
Auto Messe Web
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
これが最先端スポーツだった!! 今乗ると遅いけどめっちゃ楽しい[セリカXX] ソアラとの違いは?
ベストカーWeb
GR ヤリス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
GR ヤリス【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
マクラーレン「750Sスパイダー」を関西まで長距離テスト! サーキットが真骨頂のクルマが提案する日常の楽しみ方とは
マクラーレン「750Sスパイダー」を関西まで長距離テスト! サーキットが真骨頂のクルマが提案する日常の楽しみ方とは
Auto Messe Web
公道でもたっぷり走りを楽しめるTOM’Sのチューニングモデル「GR86 TS」
公道でもたっぷり走りを楽しめるTOM’Sのチューニングモデル「GR86 TS」
@DIME
トヨタ新型「クラウン スポーツ」に試乗! 素直にカッコいいと思える久々の国産車は590万円から
トヨタ新型「クラウン スポーツ」に試乗! 素直にカッコいいと思える久々の国産車は590万円から
Auto Messe Web
フェラーリ新型「12チリンドリ」を発表前にマラネッロで見た印象とは? 価格は6650万円から「デイトナ」オマージュに見えてもいいじゃない
フェラーリ新型「12チリンドリ」を発表前にマラネッロで見た印象とは? 価格は6650万円から「デイトナ」オマージュに見えてもいいじゃない
Auto Messe Web
シボレー「コルベット Z06」で1200キロ試乗! ミッドシップ化は70年前に目指した理想の現実化だった!?
シボレー「コルベット Z06」で1200キロ試乗! ミッドシップ化は70年前に目指した理想の現実化だった!?
Auto Messe Web
GRヤリスがついに240万円に!? [本当の]GRヤリス購入に注意したいコト
GRヤリスがついに240万円に!? [本当の]GRヤリス購入に注意したいコト
ベストカーWeb
110万円から買えるGRヤリス!? 驚異の10速AT搭載の[ヴィッツGRスポーツGR]
110万円から買えるGRヤリス!? 驚異の10速AT搭載の[ヴィッツGRスポーツGR]
ベストカーWeb
中古で良品見つけたら即ゲットしちゃおう! ATよりも100倍楽しいテッパンおすすめMT車7選
中古で良品見つけたら即ゲットしちゃおう! ATよりも100倍楽しいテッパンおすすめMT車7選
ベストカーWeb
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
ベストカーWeb
マツダ初の乗用車「R360クーペ」は軽自動車初のAT搭載! 360ccなのに大きなナンバープレートを装着している理由とは
マツダ初の乗用車「R360クーペ」は軽自動車初のAT搭載! 360ccなのに大きなナンバープレートを装着している理由とは
Auto Messe Web
新型に期待大も[現行スイスポ]マジでいい!! ターボ搭載に70kg軽量化で運転が最高に楽しい
新型に期待大も[現行スイスポ]マジでいい!! ターボ搭載に70kg軽量化で運転が最高に楽しい
ベストカーWeb
ピンク・ジャガーは純正色!「Eタイプ シリーズIII」がなんと約1320万円で落札! V12エンジンが再評価されています
ピンク・ジャガーは純正色!「Eタイプ シリーズIII」がなんと約1320万円で落札! V12エンジンが再評価されています
Auto Messe Web
【MM Another Story:BMW M2の「別腹」】Mシリーズ専用ユニット「S58B30A」の魅力は、6速MTとの相性が最高!なだけではないらしい
【MM Another Story:BMW M2の「別腹」】Mシリーズ専用ユニット「S58B30A」の魅力は、6速MTとの相性が最高!なだけではないらしい
Webモーターマガジン
トヨタ「GRヤリス」をグリーンでラッピング! オフ会デビューのために施したカラーチェンジでひときわ目立つクルマに仕上がりました
トヨタ「GRヤリス」をグリーンでラッピング! オフ会デビューのために施したカラーチェンジでひときわ目立つクルマに仕上がりました
Auto Messe Web

みんなのコメント

41件
  • 孟宗竹なら布里井ダム
    この価格帯の車を本気で下りを攻める乗り方する人は居ないから関係ないと思うな。
    そこそこ気持ちよく飛ばせるという人にはMTの方が選ばれるし。
    それこそ自分が金を出して買った車じゃない広報車だから面白く攻められるんだよね?
  • すたーりん
    そんなの昔からBMWじゃ当たり前。あえて4気筒を選ぶ人は、その回頭性に惚れた人。しかし!もはや貴重な直6エンジンのフィールや音の素晴らしさを知っていれば4気筒は無しかな・・
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5789.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

144.81730.0万円

中古車を検索
スープラの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

499.5789.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

144.81730.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村