現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ Sクラスに「S580 4MATIC」「S580 4MATICロング」を追加

ここから本文です

メルセデス・ベンツ Sクラスに「S580 4MATIC」「S580 4MATICロング」を追加

掲載 更新
メルセデス・ベンツ Sクラスに「S580 4MATIC」「S580 4MATICロング」を追加

メルセデス・ベンツ日本は2021年9月3日、Sクラスに新たに「S580 4MATIC」、「S580 4MATIC ロング」を追加し、先行予約の受付を開始しました。

S580 4MATIC ロング AMGライン両モデルには3982ccのV型8気筒ツインターボエンジン「M176型」に48VシステムとISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせたマイルドハイブリッド・ユニットを採用しています。

トヨタ 水素カローラがオーストラリア産のブルー水素を使用

エンジン単体の最高出力は503ps、最大トルクは700Nmで、低中負荷域で気筒休止する機構も備えています。

ISGは、エンジンとトランスミッションの間に配置され、最高出力20ps、最大トルク208Nmを発生。回生ブレーキによる発電を行ない、約1kWhの容量のリチウムイオンバッテリーに充電します。

エンジンの低回転時には、その電力を利用して駆動アシストを行なうことで力強い加速を実現します。スターターが従来より高出力なモーターとなることで、エンジン始動時の振動を抑え、エンジンスタートおよびアイドリングストップからの再スタートの快適性も向上。

さらに、このモーターはシフトチェンジ時にも使用され、エンジンが理想的回転数に達するまでの時間を最小限に抑えるためのアシストも行ない、シフトチェンジに必要な時間が短縮され、スムーズでタイムラグの少ないシフトチェンジを実現しています。

標準ボディのS580 4MATICまたこのモデルは、オプションでフルアクティブ・サスペンション「E-アクティブ・ボディコントロール」も設定しています。エアマチックのシステムをベースに4輪それぞれに48V対応のアクチェーターを追加し、スプリングレートとダンパーの減衰力を個別制御することができます。

ロードサーフェス・スキャンはステレオカメラで前方の路面のアンジュレーションをモニターし、あらかじめダンパーの減衰力を演算して準備する機能で、これによりタイヤへの初期入力から適切に減衰させるとともに、ばね上にその振動を極力伝えずフラットな乗り心地を提供できます。ダイナミックカーブ機能はコーナリング時のロールによるばね上の傾きを修正し水平になるよう制御します。

さらに衝突安全性に寄与する機能も採用されており、側面衝突の可能性があると車両側が判断すると、運転席/助手席のバックレストのサイドサポートに内蔵されたエアクッションが膨張してドアと乗員の間をサポートするだけでなく、E-アクティブ・ボディコントロールが瞬時に車高をアップし、頑強な構造部分であるサイドシルでも衝撃力が受け止められるように機能します。

価格

メルセデス・ベンツ Sクラス 関連記事
メルセデス・ベンツ 関連記事
メルセデス・ベンツ日本 公式サイト

こんな記事も読まれています

トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
トヨタ、ランドクルーザー250を発売 2.8Lディーゼルと2.7Lガソリンを設定 520万円から
日刊自動車新聞
正確、確実、多用途! ダイナミックな走行テストを受ける新型「BMW X3」
正確、確実、多用途! ダイナミックな走行テストを受ける新型「BMW X3」
LE VOLANT CARSMEET WEB
ロータリーエンジン復活へのノロシ!? 半世紀前に登場した近未来デザインスーパーカー マツダ「RX500」が実車展示 その深い歴史とは
ロータリーエンジン復活へのノロシ!? 半世紀前に登場した近未来デザインスーパーカー マツダ「RX500」が実車展示 その深い歴史とは
VAGUE
マツダ新型「最上級セダン」世界初公開!? “横一文字”テール&「後輪駆動」採用!? 新型「マツダ6!?」まもなく中国に登場か
マツダ新型「最上級セダン」世界初公開!? “横一文字”テール&「後輪駆動」採用!? 新型「マツダ6!?」まもなく中国に登場か
くるまのニュース
チームメイトに敗北が続くシャルル・ルクレール、言い訳はなし? 「彼はシンプルに良い仕事をしてる」
チームメイトに敗北が続くシャルル・ルクレール、言い訳はなし? 「彼はシンプルに良い仕事をしてる」
motorsport.com 日本版
トヨタ プリウス、13万台をリコール…走行中にドアが開くおそれ
トヨタ プリウス、13万台をリコール…走行中にドアが開くおそれ
レスポンス
ホンダ、「N-VAN」を一部改良して発売、特別仕様車「STYLE+ NATURE」を同時発売
ホンダ、「N-VAN」を一部改良して発売、特別仕様車「STYLE+ NATURE」を同時発売
LE VOLANT CARSMEET WEB
写真で見るニューモデル トヨタ「ランドクルーザー250」(日本仕様車)
写真で見るニューモデル トヨタ「ランドクルーザー250」(日本仕様車)
日刊自動車新聞
MAXWIN のバイク用スマートモニター「M2-02」約20%OFF の6万500円で一般販売を開始!
MAXWIN のバイク用スマートモニター「M2-02」約20%OFF の6万500円で一般販売を開始!
バイクブロス
【MotoGP】アプリリアで勝利達成ビニャーレス、スズキ&ヤマハ時代とは「異なる価値がある」
【MotoGP】アプリリアで勝利達成ビニャーレス、スズキ&ヤマハ時代とは「異なる価値がある」
motorsport.com 日本版
【リコール】ステランティス プジョー、シトロエン、DSブランドの7車種5900台超でDPFフィルター不具合 
【リコール】ステランティス プジョー、シトロエン、DSブランドの7車種5900台超でDPFフィルター不具合 
Auto Prove
EV普及のゲームチェンジャーとともに、クルマづくりのゲームチェンジャーも明らかに!日産全固体電池パイロット生産ライン見学会レポート
EV普及のゲームチェンジャーとともに、クルマづくりのゲームチェンジャーも明らかに!日産全固体電池パイロット生産ライン見学会レポート
Webモーターマガジン
【ヤマハ】「Yamaha R3 bLU cRU Asia-Pacific Championship」第6戦をオーストラリアにて11/8~10開催
【ヤマハ】「Yamaha R3 bLU cRU Asia-Pacific Championship」第6戦をオーストラリアにて11/8~10開催
バイクブロス
トヨタ車体が1人乗り「りょくまる」実車展示! 小さな丸目が斬新スギ!? 「謎の小型車」が実は凄かった
トヨタ車体が1人乗り「りょくまる」実車展示! 小さな丸目が斬新スギ!? 「謎の小型車」が実は凄かった
くるまのニュース
ヤマハ主催「The Dark side of Japan Night Meeting 2024」 “MTのMTによるMTのためのMeeting”開催
ヤマハ主催「The Dark side of Japan Night Meeting 2024」 “MTのMTによるMTのためのMeeting”開催
バイクのニュース
ギャルにも響く メッチャかわいい人生初の愛車[ワゴンRスマイル]を仮免で早くも納車された強者がいたああ
ギャルにも響く メッチャかわいい人生初の愛車[ワゴンRスマイル]を仮免で早くも納車された強者がいたああ
ベストカーWeb
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
ヤマハYZF-R7はバイク版のユーノス ロードスター(初代)だ!!「自分の腕だけで勝負したいアナタに」
モーサイ
アルファロメオ、新コンパクト『ミラノ』……改め『ジュニア』が世界初公開。HVに加え初BEVも
アルファロメオ、新コンパクト『ミラノ』……改め『ジュニア』が世界初公開。HVに加え初BEVも
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.02160.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.02160.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村