現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヒョンデが開幕2連勝、大荒れのスノーラリーをラッピが制す。トヨタのエバンスが2位【ラリー・スウェーデン】

ここから本文です

ヒョンデが開幕2連勝、大荒れのスノーラリーをラッピが制す。トヨタのエバンスが2位【ラリー・スウェーデン】

掲載
ヒョンデが開幕2連勝、大荒れのスノーラリーをラッピが制す。トヨタのエバンスが2位【ラリー・スウェーデン】

2024年2月15日~18日(現地時間)、WRC(世界ラリー選手権)第2戦ラリー・スウェーデンが北部の学園都市ウメオを起点に開催され、ヒョンデのエサペッカ・ラッピが優勝、2位にはトヨタのエルフィン・エバンス、3位にはMスポーツ・フォードのアドリアン・フルモーが入った。トヨタのロバンペラ、勝田貴元は痛恨のコースアウトで優勝争いから脱落した。

金曜日午前のステージを終え首位に立った勝田
例年以上の大雪のコンディションとなった今年のスウェーデンは、本格的な戦いのスタートとなった金曜日の朝から荒れ模様となった。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

開幕戦モンテカルロで表彰台だったディエリー・ヌーヴィル(ヒョンデ)とエバンスは、先頭&2番手スタートで雪かき役を強いられて、早々に優勝戦線から脱落。

有利なスタート順だった今季初参戦の王者カッレ・ロバンペラ(トヨタ)とモンテカルロでは不振だったオイット・タナック(ヒョンデ)はラリー序盤で首位争いを展開したが、SS4でともにコースオフを喫してデイリタイアとなってしまう。

金曜日午前のステージを終え首位に立っていたのは勝田貴元(トヨタ)だった。その後の午後のステージではこちらも今季初参戦でよりスタート順の有利なラッピに抜かれて2番手に落ちたものの、3番手以下のドライバーはすでに1分以上もの遅れをとっており、優勝争いは完全にふたりのマッチレースとなることが予想された。 

初優勝へ期待が膨らむなか、勝田は痛恨のコースアウト
注目の土曜日、オープニングのSS9で、スタート順の差がほどんどなくなった勝田はラッピを2.3秒上回り、ふたりの差はわずか0.9秒に。しかし、さらなる首位争いの激化、そして勝田の首位再浮上も期待された次のSS10でアクシデントは起きた。

前のステージよりさらにスピードを上げていたGRヤリスはスノーバンクに激突、そのままスタックしてしまったのだ。「コーナーへの進入スピードが高すぎたのだと思います。すごく残念です」という勝田はこれでデイリタイア。WRC初優勝に向けての大きな期待は、スノーバンクの罠に一瞬にして消え去った。

ラリーはその後、大差を活かして慎重な走りにスイッチしたラッピが独走のまま優勝。トヨタ在籍時の2017年フィンランド以来の2勝目を挙げた。

2位には、最終日にフルモーをかわしたエバンスが入り、ポイントランキング首位のヌーヴィルとの差を3点に縮めることに成功。マニュファクチャラー選手権では、開幕2連勝となったヒョンデがトヨタと同点首位に並ぶことになった。

デイ3でラリーに復帰したロバンペラは、最終日のSS16とパワーステージのSS18でベストタイムを記録。総合順位は39位ながら、スーパーサンデーでは首位エバンスと3.9秒差の2位に入り、チームは日曜日に獲得可能な最大ポイントである22ポイントを獲得した。

3月28~31日に行われる次戦第3戦サファリラリー・ケニアは、ラリー・スウェーデンとはコンディションが一変。グラベル(未舗装路)のステージは非常に高速で、軟らかい砂に覆われた道、岩や石が転がる荒れた道など変化に富み、雨が降ると路面は一気にぬかるみ非常に滑りやすくなる。(文:新村いつき)

2024年 WRC第2戦ラリー・スウェーデン リザルト
2024年 WRC第2戦ラリー・スウェーデン 結果
1位:E.ラッピ(ヒョンデ i20N ラリー1 )2h33m04.9s
2位:E.エバンス(トヨタ GRヤリス ラリー1)+29.6s
3位:A.フルモー(フォード プーマ ラリー1)+47.9s
4位:T.ヌーヴィル(ヒョンデ i20N ラリー1 )+1m46.3s
5位:O.ソルベルグ(シュコダ ファビアRS ラリー2)+5m04.2s
6位:S.パヤリ (トヨタ GRヤリス ラリー2)+6m23.9s
7位:G.リンナマエ (トヨタ GRヤリス ラリー2) +6m26.4s
8位:R.コルホネン (トヨタ GRヤリス ラリー2) +6m48.1s
9位:M.ヘイッキラ (トヨタ GRヤリス ラリー2)+7m25.7s
10位:L.バルテッリ (トヨタ GRヤリス ラリー2)+7m37.7s
・・・・・
39位:K.ロバンペラ(トヨタ GRヤリス ラリー1)
45位:勝田貴元(トヨタ GRヤリス ラリー1)

2024年 WRCドライバーズランキング(第2戦終了時)
1位 T.ヌーヴィル(ヒョンデ)48
2位 E.エバンス(トヨタ)45
3位 A.フルモー(Mスポーツ・フォード)29
4位 S.オジェ(トヨタ)24
5位O.タナック(ヒョンデ)21
6位 E.ラッピ(ヒョンデ)19
7位 勝田貴元(トヨタ)12
8位 K.ロバンペラ(トヨタ)11

2024年 WRCマニュファクチャラーズズランキング(第2戦終了時)
1位 ヒョンデ 87
1位 トヨタ 87
3位 Mスポーツ・フォード 47

[ アルバム : WRC第2戦ラリー・スウェーデン はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

WRC第4戦、路面のグリップが刻々と変化する難しいターマックを制するのは?【ラリー・クロアチア プレビュー】
WRC第4戦、路面のグリップが刻々と変化する難しいターマックを制するのは?【ラリー・クロアチア プレビュー】
Webモーターマガジン
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
シェイクダウンはオジエが最速発進。トヨタ1-2にヒョンデ勢が続く/WRC第4戦クロアチア
AUTOSPORT web
トヨタ3連覇中のクロアチア・ラリーは油断禁物。2024年初フルターマックのカギは“七変化”の路面か
トヨタ3連覇中のクロアチア・ラリーは油断禁物。2024年初フルターマックのカギは“七変化”の路面か
AUTOSPORT web
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
シモーネ・テンペスティーニが初優勝。マックス・マクレーもJr.部門を制覇/ERC開幕戦
AUTOSPORT web
トリッキーなクロアチア・ラリーに臨む勝田「さらに進化するためのチャンスに」/WRC第4戦事前コメント
トリッキーなクロアチア・ラリーに臨む勝田「さらに進化するためのチャンスに」/WRC第4戦事前コメント
AUTOSPORT web
WEC第2戦開幕、ポルシェの快進撃が続くか、王者トヨタの巻き返しか【イモラ6時間 プレビュー】
WEC第2戦開幕、ポルシェの快進撃が続くか、王者トヨタの巻き返しか【イモラ6時間 プレビュー】
Webモーターマガジン
新井大輝のシュコダが圧勝。2020年王者、4年ぶりの全日本ラリー総合優勝果たす/第2戦唐津
新井大輝のシュコダが圧勝。2020年王者、4年ぶりの全日本ラリー総合優勝果たす/第2戦唐津
AUTOSPORT web
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
2024年全日本ラリー第2戦「ツール・ド・九州 in 唐津」リポート! 新井/松尾組が駆るシュコダ・ファビアR5がワークスチームに立ち向かう!
くるまのニュース
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
未来のWRC戦士は誰だ? 若武者激突! モリゾウチャレンジカップ第2戦レポート
ベストカーWeb
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
トヨタGR、平川亮が“直近ウイナー”の初開催地イモラへ。トラフィック処理は「大きな挑戦」とブエミ
AUTOSPORT web
1987年、新世代のマシンが登場。よりハイレベルに【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(4)】
1987年、新世代のマシンが登場。よりハイレベルに【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(4)】
Webモーターマガジン
強さは昨年以上!?ディフェンディングチャンピオンの36号車au TOM'S GR Supraが今年も強い!【2024年スーパーGT Rd.1 レポート】
強さは昨年以上!?ディフェンディングチャンピオンの36号車au TOM'S GR Supraが今年も強い!【2024年スーパーGT Rd.1 レポート】
Webモーターマガジン
地元イタリアでフェラーリ499Pがワン・ツー発進。新型プジョー9X8が続く/第2戦イモラFP1
地元イタリアでフェラーリ499Pがワン・ツー発進。新型プジョー9X8が続く/第2戦イモラFP1
AUTOSPORT web
1986年、国内でグループAレース人気が加速する【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(3)】
1986年、国内でグループAレース人気が加速する【グループAレースクロニクル1985-1993 JTC9年間の軌跡(3)】
Webモーターマガジン
首位ローランド、最終ラップで“電欠”に散る。ウェーレインが逆転で今季2勝目/フォーミュラEミサノ
首位ローランド、最終ラップで“電欠”に散る。ウェーレインが逆転で今季2勝目/フォーミュラEミサノ
AUTOSPORT web
【フォーミュラEシーズン10 第6戦イタリア・ミサノ】 ローランド/日産が優勝 ランキングトップに浮上
【フォーミュラEシーズン10 第6戦イタリア・ミサノ】 ローランド/日産が優勝 ランキングトップに浮上
Auto Prove
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
恒例のBTCC公式シーズンラウンチ開催。最後のドニントン・テストは王者サットンが最速
AUTOSPORT web
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
AUTOSPORT web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

223.01680.0万円

中古車を検索
GRヤリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

349.0533.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

223.01680.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村