現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?

ここから本文です

気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?

掲載 39
気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?

 日本仕様の新型フォレスターに搭載される可能性が高いパワートレーンがストロングハイブリッドなのだが、その詳細は依然としてハッキリとしていない。だが、どうやら現在のRAV4に搭載されているハイブリッドシステムが採用される可能性が高いのだとか。予測してみた。

文/ベストカーWeb編集部・渡邊龍生、写真/ベストカー編集部、スバル、トヨタ

気になるスバル期待の「新型フォレスター」は燃費性能爆上げ!? ストロングハイブリッドはトヨタRAV4の「THSII」流用で価格もアップか?

■トヨタ製ハイブリッドの生産を2025年からスタート

新型フォレスターは2024年秋発表、2025年発売開始か?

 スバル喫緊の課題といえば、CAFE(企業平均燃費)だ。カーボンニュートラル時代を迎え、電動化への舵を切らざるを得ない現状において電動ユニットは2Lマイルドハイブリッドのe-BOXERのみ。

 現在のラインナップでe-BOXERを採用しているのはインプレッサとクロストレック、フォレスターの3車種。BEVのソルテラを販売しているとはいえ、現状のままでは劇的なCAFEの向上は見込めないのは明らかだ。

現行型RAV4ハイブリッドのTHSIIを搭載へ

 そこで白羽の矢が立ったのがトヨタのハイブリッドシステム。現在のe-BOXERではなく、次世代e-BOXERにトヨタのTHSを採用した新型のハイブリッド車の生産を2025年からスタートすることをすでに発表している。

 加えてEV専用生産ラインを設け、新規で2028年以降の生産台数を年間40万台以上にアップさせる計画だ。すでに2023年5月に現在の大崎篤社長が今後のハイブリッドとEVの計画について言及していた。

[articlelink]

■2025年をメドにEV自社生産を開始

北米仕様フォレスターは水平対向2.5LDOHCを搭載するが……

 では、次世代e-BOXERはこれまでの2Lマイルドハイブリッドe-BOXERとは何がどう違うのか? その答えは圧倒的な燃費性能の向上にある。

 マイルドハイブリッドのe-BOXERは小型のモーターとバッテリーを使っているため、モーターからのサポートが少なく、どうしても燃費性能をアップさせることができないままでいた。この点はトヨタ製のTHSIIを採用することで解消されるのは間違いないはず。

現行型RAV4ハイブリッドの搭載するTHSII

 また、EVの生産を強化する体制もすでにアナウンスされており、2025年をメドにEVの自社生産をスタートし、ガソリン車の生産も行う矢島工場でのEV生産を年間20万台以上としている。

 さらに大泉工場でのEV専用生産ラインも2027年以降に設立する意向であることも明らかにされている。

 ちなみに新型フォレスターに採用されるストロングハイブリッド、THSIIは現行型RAV4と同じ直4、2.5Lハイブリッドと同じ仕様となるというのが筆者が販売店筋から聞いた情報だ。

■先代のマツダアクセラハイブリッドを覚えているか?

先代アクセラにはマツダ製2LエンジンにTHSを組み込んだハイブリッドシステムを搭載するモデルを設定していた

 ところで、先代アクセラ(現在はマツダ3)にはハイブリッド車が販売されていたのを覚えている方も多いことだろう。マツダの2Lガソリンエンジンに当時の4代目プリウスに採用されたTHSIIを搭載していたモデルだ。

 トヨタ製エンジンではなく、マツダのガソリンエンジンにトヨタのハイブリッドシステムを組み合わせたことで独自の存在感を放っていたのだが、販売的には低迷したことで短命に終わった。

 先代アクセラの場合は配置レイアウトに余裕があったため、トヨタのハイブリッドシステムを搭載することができたのだが、スバル独自の水平対向エンジンのままだとエンジンルーム内のスペース上の問題からもTHSII搭載は不可能だっただろう。

■かつての爆裂ターボ搭載フォレスターを知る古参ユーザーは何を思うか?

新型フォレスターは燃費コンシャスな方向のSUVに方向転換するのは間違いない

 CAFE燃費を稼いでくれるストロングハイブリッドはスバルにとってありがたいユニットであるのは間違いない。

 ところで、悩ましいのはストロングハイブリッド採用で燃費性能を向上させてきたとしても従来型EJ20ターボ&FA20ターボ時代を知る古参ファンに対し、燃費コンシャスとなる新型フォレスターがどう映るかということではないだろうか。

 実際、現行型フォレスターのターボ車(Sport、STI Sport)はトルク型の直噴1.8Lターボ(177ps)で、280psだったFA20ターボを積んだ先代フォレスターXTの加速力には及ばない。

 しかもストロングハイブリッド採用で車両本体価格が現行型よりもアップするのは確実だ。現行型フォレスターは300万円前半から375万円前後の価格帯で収まっており、コストパフォーマンスに優れるSUVだ。

 新型フォレスターがスバル初のストロングハイブリッド採用となるのかどうかは未定だが、新型フォレスターの存在が今後のスバルの存在を決定づける試金石となりそうな感じだ。

こんな記事も読まれています

空席だったウイリアムズF1の空力責任者に、ボウルズ代表の元同僚が昇進。メルセデス時代は空力グループのトップ
空席だったウイリアムズF1の空力責任者に、ボウルズ代表の元同僚が昇進。メルセデス時代は空力グループのトップ
AUTOSPORT web
現存「わずか5%未満」!? 激レアすぎる「ナンバープレート」ってナニ? 「目撃談」すら話題になる“当時モノナンバー”とは
現存「わずか5%未満」!? 激レアすぎる「ナンバープレート」ってナニ? 「目撃談」すら話題になる“当時モノナンバー”とは
くるまのニュース
「ニュートラル」は、なぜ1速と2速の間にあるの?
「ニュートラル」は、なぜ1速と2速の間にあるの?
バイクのニュース
【自動車業界初】 アルファ・ロメオ・トナーレ NFT技術を活用したデジタル認証機能を導入
【自動車業界初】 アルファ・ロメオ・トナーレ NFT技術を活用したデジタル認証機能を導入
AUTOCAR JAPAN
「雨が多い月」こそ洗車の季節!! 疲労も時間も半分以下で済む洗車お役立ち時短グッズ4選
「雨が多い月」こそ洗車の季節!! 疲労も時間も半分以下で済む洗車お役立ち時短グッズ4選
ベストカーWeb
海底速度335キロを達成! ベントレー新型「コンチネンタルGT スピード」は日本時間の6月26日午前零時に発表です!
海底速度335キロを達成! ベントレー新型「コンチネンタルGT スピード」は日本時間の6月26日午前零時に発表です!
Auto Messe Web
いまどきのタクシーはATが主流……となると気になるAT限定免許しかもってなくても「二種免許」は取得できるのか?
いまどきのタクシーはATが主流……となると気になるAT限定免許しかもってなくても「二種免許」は取得できるのか?
WEB CARTOP
アルピーヌF1代表、ジャック・ドゥーハンが2025年の「候補リストに入っている」と認める
アルピーヌF1代表、ジャック・ドゥーハンが2025年の「候補リストに入っている」と認める
AUTOSPORT web
大湯都史樹が好調トップタイム。福住仁嶺、岩佐歩夢が続く|スーパーフォーミュラ第3戦SUGO:土曜フリー走行タイム結果
大湯都史樹が好調トップタイム。福住仁嶺、岩佐歩夢が続く|スーパーフォーミュラ第3戦SUGO:土曜フリー走行タイム結果
motorsport.com 日本版
レッドブルF1、優勢スペインGPでも楽勝はムリ? フェルスタッペンはライバル台頭を警戒「シーズン序盤のようにはいかない」
レッドブルF1、優勢スペインGPでも楽勝はムリ? フェルスタッペンはライバル台頭を警戒「シーズン序盤のようにはいかない」
motorsport.com 日本版
三菱自の株主総会でファン熱望「ランエボ作って」 国内商品拡充を願う声
三菱自の株主総会でファン熱望「ランエボ作って」 国内商品拡充を願う声
AUTOCAR JAPAN
866万円の「2人乗り軽自動車」発売! 同時に1146万円の「2.0L仕様」も登場!? レトロな丸目デザインの「現代版SUPER SEVEN」とは
866万円の「2人乗り軽自動車」発売! 同時に1146万円の「2.0L仕様」も登場!? レトロな丸目デザインの「現代版SUPER SEVEN」とは
くるまのニュース
コピーじゃダメ? バイク乗車時に携帯必須の車検証
コピーじゃダメ? バイク乗車時に携帯必須の車検証
バイクのニュース
V8ツインターボで800馬力、エアロも盛り盛り 公道走れる? フォード・マスタングGTD、欧州発売へ
V8ツインターボで800馬力、エアロも盛り盛り 公道走れる? フォード・マスタングGTD、欧州発売へ
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「セリカ リフトバック」を兄から譲り受けて46年! オリジナルペイントを維持する極上コンディションのワケとは
トヨタ「セリカ リフトバック」を兄から譲り受けて46年! オリジナルペイントを維持する極上コンディションのワケとは
Auto Messe Web
コンビの360度回転型チャイルドシート「クルムーヴ」に新生児から10才まで長く使えるロングユースモデルが登場
コンビの360度回転型チャイルドシート「クルムーヴ」に新生児から10才まで長く使えるロングユースモデルが登場
@DIME
走行中にふと感じる! 雨が降る前の匂いの正体とは
走行中にふと感じる! 雨が降る前の匂いの正体とは
バイクのニュース
貼付位置“変更”から1年の「車検ステッカー」変えてもいいってマジ? 未だ“賛否”の声集まる「規定」の真実とは
貼付位置“変更”から1年の「車検ステッカー」変えてもいいってマジ? 未だ“賛否”の声集まる「規定」の真実とは
くるまのニュース

みんなのコメント

39件
  • uav********
    買いやすく質実剛健なSUVがフォレスター。
    高価で豪華なフォレスターは誰も望まない。
  • ムゥム
    直4積むなら別にRAV4をOEMでいい〜んじゃね
    水平対向エンジンにTHS搭載じゃないの?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.0412.5万円

中古車を検索
フォレスターの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

346.5390.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.0412.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村