現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型スペーシアギア24年夏発売か!? ジムニーと同じ丸目ライト&オットマンでN-BOX倒せるか!?

ここから本文です
新型スペーシアギア24年夏発売か!? ジムニーと同じ丸目ライト&オットマンでN-BOX倒せるか!?
写真を全て見る(3枚)

 N-BOXの牙城を崩す可能性が大いにある新型スペーシア。スズキ初の電子パーキングブレーキにオラオラ顔のカスタム。さらにはアルファード顔負けのオットマンとお見事すぎるデキだが、ダメ押しの一手がまだあるのだ。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

ロズベルグ率いる王者RXRとサインツのASXEが勝利。新時代の“2強”形成へ/エクストリームE開幕戦
ロズベルグ率いる王者RXRとサインツのASXEが勝利。新時代の“2強”形成へ/エクストリームE開幕戦
AUTOSPORT web
千葉の“干拓地バイパス”開通に続け!? 「利根川の有料橋の延伸」実現へ加速 千葉NT 茨城の圏央道が夢の直結に?
千葉の“干拓地バイパス”開通に続け!? 「利根川の有料橋の延伸」実現へ加速 千葉NT 茨城の圏央道が夢の直結に?
乗りものニュース
事故渋滞で「完全停止」… クルマを降りるのはOK? 車を降りてPAまで“歩く”のは? 本線上で「車外」に出るリスクとは
事故渋滞で「完全停止」… クルマを降りるのはOK? 車を降りてPAまで“歩く”のは? 本線上で「車外」に出るリスクとは
くるまのニュース
つい食べたくなる味 東関道「酒々井PA」でカツカレーうどんを堪能
つい食べたくなる味 東関道「酒々井PA」でカツカレーうどんを堪能
バイクのニュース
JSB1000フル参戦6年目を迎えるTeam ATJ。岩田悟とさらなる高みを目指して、鈴鹿8耐にも参戦/全日本ロード
JSB1000フル参戦6年目を迎えるTeam ATJ。岩田悟とさらなる高みを目指して、鈴鹿8耐にも参戦/全日本ロード
AUTOSPORT web
F1プレシーズンテストの日数に疑問を抱くアロンソ「世界選手権の準備に1日半というのは不公平」
F1プレシーズンテストの日数に疑問を抱くアロンソ「世界選手権の準備に1日半というのは不公平」
AUTOSPORT web
「全部乗せ」とはこのことだ! ニコルのフェラーリ巨大基地が横浜にオープン
「全部乗せ」とはこのことだ! ニコルのフェラーリ巨大基地が横浜にオープン
AUTOCAR JAPAN
スズキの良心がつまってる!! 一家に一台なら薦めたい万能「ソリオ」の魅力と実力
スズキの良心がつまってる!! 一家に一台なら薦めたい万能「ソリオ」の魅力と実力
ベストカーWeb
バブル時代のトヨタ「マーク II」や「チェイサー」に人気が集まる! ネオクラを維持するには「ないモノは作るの精神」で
バブル時代のトヨタ「マーク II」や「チェイサー」に人気が集まる! ネオクラを維持するには「ないモノは作るの精神」で
Auto Messe Web
EVは満充電だと「回生ブレーキ」が利かなくなる!? 下り坂で注意すべき「回生失効」とは?
EVは満充電だと「回生ブレーキ」が利かなくなる!? 下り坂で注意すべき「回生失効」とは?
WEB CARTOP
【MotoGP】ホンダ・レーシング、桒田レース運営室室長が四輪部門へ異動。後任にはダカールなどで手腕発揮の本田太一氏が就任
【MotoGP】ホンダ・レーシング、桒田レース運営室室長が四輪部門へ異動。後任にはダカールなどで手腕発揮の本田太一氏が就任
motorsport.com 日本版
苦しんだ2023年から得た大きな学び。ペレス、レッドブルF1の新車RB20に手応え「今年はベストな状態で臨めるはず」
苦しんだ2023年から得た大きな学び。ペレス、レッドブルF1の新車RB20に手応え「今年はベストな状態で臨めるはず」
motorsport.com 日本版
ポルシェ V6ツインターボで544馬力、新型パナメーラ・ハイブリッド日本導入 PHEVが刷新
ポルシェ V6ツインターボで544馬力、新型パナメーラ・ハイブリッド日本導入 PHEVが刷新
AUTOCAR JAPAN
スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
スズキ新型「軽SUV」実車公開! 次期型「スペーシアギア」な「ジムニー顔ハイトワゴン」! 斬新スタイルの「スペーシア」登場
くるまのニュース
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
アルピーヌが新型「爆速EV」初公開 全長4.0m以下、実用的スポーツカー年内デビュー
AUTOCAR JAPAN
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
スズキ「ジムニー シエラ」に新型専用バンパー登場! ウインチも装着できる2WAYで軽量なABS製です
Auto Messe Web
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
寒い冬のライダーを守る救世主!電熱ウェアを使用する際の注意点とは
バイクのニュース
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
〈2024春闘〉ヤマハ発動機、回答指定日前に満額回答 賃上げ1万7400円 一時金は6.5カ月
日刊自動車新聞

みんなのコメント

7件
  • :;
    オットマンの話はもうやめてあげたら?
    スズキ自身が言っているように、あれは座席から荷物がずり落ちるのを防ぐ機能から派生的にできたものであって、実用には向かない。
    だいたいオットマンはリクライニングとセットで使うものであって、軽なら助手席以外ではかえって窮屈だろう。
  • mas********
    ファンクロスなんてほとんど見ないけど。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.8294.0万円

中古車を検索
スペーシアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

153.0182.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

8.8294.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村