現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ボルボが超本気出してきた!! 最小クロスオーバー「ボルボEX30」に期待しかない!!

ここから本文です

ボルボが超本気出してきた!! 最小クロスオーバー「ボルボEX30」に期待しかない!!

掲載 21
ボルボが超本気出してきた!! 最小クロスオーバー「ボルボEX30」に期待しかない!!

 先日都内某所で、国内で販売されている(もしくは近々導入予定の)バッテリーEVに触れることができるイベントが開催されていた。レクサスなどの国内メーカーのほか、BYDやヒョンデ、BMWやテスラやなど、さまざまなクルマが並べられているなかで、筆者がもっとも日本に適していると感じたのが、ボルボ「EX30」であった。

 価格は税込559万円(24年度の補助金45万円加味せず)と、ガソリン車と比べると決して安いクルマではないが、とにかくすべてが「ちょうどいい」のだ。

ボルボが超本気出してきた!! 最小クロスオーバー「ボルボEX30」に期待しかない!!

文:吉川賢一
写真:VOLVO、エムスリープロダクション

新世代のBEV専用プラットフォームでコンパクトかつリーズナブルを実現

 2023年6月に世界初公開となった、ボルボ「EX30」。ボルボにはこれまでにも、エンジン車をベースにしたC40リチャージ(税込679万円~)、XC40リチャージ(税込699万円~)といったBEVがあったが、新型のEX30では新世代のBEV専用プラットフォームを採用することで既存のBEVよりも小さく、リーズナブルなコンパクトSUVに仕上げた。

 ボルボは、2030年までに販売するすべての新車をBEVにすることを表明している。なかでも、日本仕向けを担当するボルボカージャパンの目標は、「2025年に国内で1万台以上のBEVの販売」だ。そのなかでもっとも重要な役割を担うのがこのEX30だ。

EX30のサイズは、全長4235×全幅1835×全高1550mm。ボルボのラインアップの中でもっとも小さなクロスオーバーSUV

 日本向けのEX30は、バッテリー容量69kwhサイズの高効率NMCバッテリーを搭載し、1充電あたりの航続距離は最大で480km(欧州参考値)。充電電力量は最大で153kWhまで可能で、仮にこのスペックで充電した場合、10%から26分強で80%にまで充電可能だとボルボは説明している。航続距離も及第点だし、充電速度も文句なく速い(対応する急速充電器があればだが)。

 またEX30は、サステナビリティにも配慮した設計がなされており、ボディの小型化によって製造に必要な素材を減らしたうえで、CO2排出の最大要因であるアルミとスチールの使用量を削減。製造に使用される全アルミニウムの約25%、全スチールの約17%、全プラスチックの約17%がリサイクル素材であり、実車に触れてみると、例えばフロントドア内張りは再生樹脂っぽさが感じられる簡素な質感だったりもする。

 それでいて、12.3インチの縦型センタースクリーンには、Google搭載のハンズフリー支援やナビゲーション、Google Playといったアプリが組み込まれており、ワイヤレスのApple CarPlay機能も搭載するなど、需要の高い部分にはコストをしっかりとかけている。ボルボの顧客が興味をそそられる攻め所と守り所を考え尽くしているようだ。

EX30のインパネ中央には、Google搭載の最新版インフォテインメントシステムを装備している(写真は欧州向けEX30の写真)

全長のわりにロングホイールベースで後席が広い!!

 筆者が、EX30が日本向けにピッタリだと感じる最大の理由は、EX30の「絶妙なサイズ感」だ。日本では、全長4500mmを超えるクルマだと気を遣う部類に入るが、ヤリスクロス(全長4200mm)よりも長く、ヴェゼル(4295mm)よりは短いEX30の全長4233mmというサイズ感は、絶妙に使いやすいトコロにある。それでいて、ホイールベースは2650mmと、全長が200mmも長いXC40と、ホイールベースは50mmしか変わらない。全長のわりに後席スペースが広いロングホイールベースなのだ。

 ロングホイールベースがもたらす後席の広さはなかなかのもので、使い勝手もよい。また全面ガラスルーフとなる車内は、非常に明るくて開放的。さらには最小回転半径5.4mと、ボルボ車の中ではひと際小さく、狭い駐車場でも心に余裕が生まれる。

 日産アリアやリーフ、トヨタbZ4X、といった国産BEVは、使い勝手がいいとされるCセグメントクラスを目指すため、4500mm前後のサイズとなりがちだが、その考え方はファーストカーとして使う場合に当てはまるものだ。現時点のBEVは、セカンドカーorサードカーとしての使い方でなければ、メリットよりも不便さが勝ってしまうと筆者は考えており、そう考えると、たとえば、全長4290mmのBYDドルフィン(税込363万円)や、全長3630mm のフィアット500e(税込553万円)など、Bセグメント(全長4200mm前後)以下のモデルが、今後売れ筋になっていくのだろうと思う。

全面がガラスルーフとなり、車内は非常に明るくて開放的!!

これこそがBEVの最適解だ!!

 ゼイタクをいえば、あと少し補助金が増え、総額500万円切りができれば嬉しいところだが、それでもボルボのラインアップの中では最安だし、安すぎないほうがボルボのブランドバリューを高めることに繋がるはずだ。

 絶妙なサイズとデザイン、バッテリー等の必要十分なスペック、そしてサステナブルな心意気が揃ったコンパクトBEVであるEX30は、待ち望んでいたBEVの姿に近いものがあった。

都内某所で展示されていたボルボEX30。モスイエローのボディカラーが可愛らしい。他に、オニキスブラック、ヴェイパーグレー、クリスタルホワイト、クラウドブルーの5色がある

こんな記事も読まれています

ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
ドライバーズシートも特等席──新型レクサスLM500h“version L”試乗記
GQ JAPAN
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
「入り口が斜めに切られた」トンネル、なぜ増えた? 図らずも効果バツグン!? でも全部ができるわけじゃない
乗りものニュース
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
「ポンピングブレーキ」覚えてる? そもそも何のために存在し、もはや「不要なスキル」なの? 実は今でも意外な「役立ち方」があった!
くるまのニュース
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
メルセデスベンツの小型EVミニバン『EQT』、3列シート7名乗りのロング登場…欧州発表
レスポンス
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
ナビタイムジャパン「auカーナビ」がAndroid Auto 1.4に対応
レスポンス
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
トライアルブーム再燃!? 世界タイトルを獲得したホンダが作り上げた往年の公道トライアル車とは
バイクのニュース
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
住友ゴム ゴム中の原子・分子運動の測定技術で高強度、耐摩耗性のタイヤ開発に貢献
Auto Prove
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
GTワールドチャレンジ・アジア富士大会はポルシェが2連勝。岡崎ポルシェが日本勢ベストの7位に
AUTOSPORT web
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
トヨタ 『ランドクルーザー70』Tシャツ新発売…キッズサイズもあり、メーカー公認
レスポンス
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
亡きユベールと共に登ったF2表彰台から5年……不屈の男コレア、壮絶な大怪我からの復活で掴んだ3位に「非現実的だ!」
motorsport.com 日本版
約1100台の歴代ロードスターが大集合! マツダ・ロードスター生誕35周年 世界最大のファンミーティング「軽井沢ミーティング」開催
約1100台の歴代ロードスターが大集合! マツダ・ロードスター生誕35周年 世界最大のファンミーティング「軽井沢ミーティング」開催
VAGUE
新型フォレスターを北米モデルから”大予想”! 年内登場濃厚か!?
新型フォレスターを北米モデルから”大予想”! 年内登場濃厚か!?
月刊自家用車WEB
5速MT設定! スズキ「“斬新”オシャレ軽トラ」がカッコイイ! 精悍「黒すぎ顔」×超「タフワイルド」デカール装備! カジュアルすぎる軽トラとは
5速MT設定! スズキ「“斬新”オシャレ軽トラ」がカッコイイ! 精悍「黒すぎ顔」×超「タフワイルド」デカール装備! カジュアルすぎる軽トラとは
くるまのニュース
JAF滋賀支部、車庫入れセミナー開催 7月13日
JAF滋賀支部、車庫入れセミナー開催 7月13日
レスポンス
タイヤにも正しい洗い方があります! 知らないとゴムを傷めてヒビの原因に…業界随一のオカルトグッズ評論家が解説します
タイヤにも正しい洗い方があります! 知らないとゴムを傷めてヒビの原因に…業界随一のオカルトグッズ評論家が解説します
Auto Messe Web
ペレスのレッドブル2年残留を、96年F1王者デイモン・ヒルが考察「マックスに、チームの将来像を示してあげる必要があったのでは?」
ペレスのレッドブル2年残留を、96年F1王者デイモン・ヒルが考察「マックスに、チームの将来像を示してあげる必要があったのでは?」
motorsport.com 日本版
レンジローバー SVに日本専用の限定モデル「ビスポーク 1858エディション」「ビスポーク バルモラル エディション」が登場
レンジローバー SVに日本専用の限定モデル「ビスポーク 1858エディション」「ビスポーク バルモラル エディション」が登場
Webモーターマガジン
ダイハツ、グランマックス/タウンエース/ボンゴトラックで新たな不具合発覚 その他すべての車種は基準適合確認
ダイハツ、グランマックス/タウンエース/ボンゴトラックで新たな不具合発覚 その他すべての車種は基準適合確認
日刊自動車新聞

みんなのコメント

21件
  • 焼鳥屋(つくねっと)
    これに「期待しかない!」とか「超本気」とか良く言えるな。誰にも負けない何かがあるわけでも無し、コスパが良いとも思えないし、ただの宣伝くらいにしか思えない。2流の雑誌が宣伝しているだけなら分かるが、ボルボの超本気がこの程度ならボルボの信頼が揺らぎますね
  • ******
    ちょうど良いサイズ?
    よく行くジムの立体駐車場は高さ制限1.5mmなんだよね。1550mmは微妙に入らない。
    自分にとってはちょうど良くないサイズ
    今さらBEVで500万オーバー、微妙なサイズって考えると、これが超本気ならボルボは終わってる
    ボルボから見れば超本気な訳ないでしょ?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

559.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
EX30の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

559.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村