現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これが最後だ!高級ドライバーズセダン「X110型系マークII」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第29回

ここから本文です

これが最後だ!高級ドライバーズセダン「X110型系マークII」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第29回

掲載 12
これが最後だ!高級ドライバーズセダン「X110型系マークII」【魅惑の自動車カタログ・レミニセンス】第29回

クラウンとプラットフォームを共用

1980年代にその絶頂期を迎えた感のある、トヨタ・マークII。ハイソカーを象徴する存在として、チェイサーやクレスタといった兄弟とともに厚い支持を集めたマークIIであったが、日本の自動車に見られたヒエラルキー的なもの(オーナーの社会的地位を示す階層構造)が薄れていくにつれマークIIの存在感も薄くなっていった。マークXと車名を改めたのち、その二代目で歴史が終わったときには、しみじみとした感慨があったものである。

安全装備・先進機能がさらに充実! トヨタ、燃料電池自動車「MIRAI」を一部改良

【画像26枚】最後のマークIIとなったX110のカタログを見る

今回はそんなマークIIの中でも、マークIIという車名としては最後のモデル、十代目のX110型系のカタログをお見せしたいが、まずは実車についてすこし述べておこう。このX110型系は2000年10月に登場したが、その最大の特徴はボディ形式を4ドア・ハードトップから4ドア・セダンに改めたことだった。四代目・X60型系からハードトップがシリーズの中心となり、九代目・X100型系ではセダンが消滅していたマークIIだが、ここでセダンが復活しただけでなく、主役を奪還したかたちとなる。

サイズ的には全長が短く、背が高くなった一方で、ホイールベースは延長され、凝縮されたプロポーションと広い室内を有するボディとなったが、これはプラットフォームをクラウンと共有した結果でもある。レイアウトは従来通りFRを基本に4WDもあり、サスペンションは前後ともダブルウィッシュボーン。

エンジンは全て直列6気筒DOHC 24バルブ(VVT-i=可変バルブタイミング機構採用)で、排気量は2Lと2.5Lのふたつ。2Lは1G-FE(最高出力160ps)の1種のみ。2.5Lは200psの1JZ-GEを基本に、D-4(直噴)仕様で同じく200psの1JZ-GE、ターボ仕様で280㎰の1JZ-GEの、計3種類が用意されていた。グレード構成は全モデルに「グランデ」の名が与えられ、スポーティ系の「ツアラー」の名は廃されている。ツアラーを受け継ぐグランデiR系には2.5LのターボとD-4のふたつのエンジンだけが組み合わされており、逆に4WDにはそのふたつ以外のエンジンが搭載されていた。

登場2年後の2002年10月にはマイナーチェンジを行い、ボディ前後のデザインなどを変更。スポーティモデルのグランデiR系からは「グランド」の名が省かれ、iR-V/iR-S/iRというグレードへと変化している。翌年にはマークII誕生35周年記念モデルを設定するなどしたのち、2004年11月にはフルモデルチェンジでマークXへと移行を果たしたのである。

マークIIの終焉を思わせる演出が施された(?)カタログ
さて肝心のカタログであるが、マイチェンを受ける前の前期型のものであり、ハッキリ分かる発行年月の記載はないものの「PC0017-0010」というコードと「このカタログの内容は'00年10月現在のもの」という記述から考えて、デビューと同時の2000年10月に作られたものと言ってよいであろう。サイズは297×210mm(縦×横)、ページ数は表紙を含めて全38ページ。

カタログの作りとしては、一点を除いて特に変わったところはない。その一点とは、表紙にちょっとだけ遊びが盛り込まれている点で、それは何かと言うと、中央に大きくレイアウトされた「II」の文字の中が切り抜かれていることである。「II」の文字の中には女性のシルエットが配された形なのだが、表紙をめくるとそのシルエットは中のページ(表紙を含めてカウントすると3ページ目)の写真のものであったことが分かる、という趣向だ。ただし、表紙と3ページ目は同じ写真であるので、特に驚きがあるというわけではない。

全体の印象としては、ページの地に黒が使われており、陰影や青みを強調した写真で構成されていることもあって、なんとはなしに暗いイメージがある。メカニズムなどの解説ページも、写真のサイズに大小の違いがあまりなく、どうにも単調なように感じられた。そんな中で、表紙のみならずページのあちこちに「II」の文字が大きめに配置されているのが興味深い。次の世代からはIIではなくXになることがこの時点ですでに決まっていたのだろうか、今にして思うと面白いポイントである。

こんな記事も読まれています

トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
トヨタ「新型ランクル250」まもなく発売 丸目ライトの「旧車デザイン」採用! “原点回帰モデル”登場へ 旧「プラド」からどんな進化を遂げた?
くるまのニュース
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
WEB CARTOP
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
【クラシックバンの市場分析】ゴッゴモビルって知ってる? シンプルなワンボックスバンがいかに劇的に高価になったか?! 日本車2台を含む!
AutoBild Japan
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
無難以上でぶっとび未満、センスよくクルマ選びしたいっ
レスポンス
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
女性の免許取得率、日本で低いのはなぜ? 人口なら女性の方が上、その背景に何があるのか
Merkmal
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
「まるでランニングシューズ!」ドゥカティ・スクランブラーフルスロットルは気軽に出かけられて、スポーツだってOK
モーサイ
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
車のメーターに「雪の結晶」どんな意味? 天気予報なの!? イキナリ点灯する「謎の雪マーク」の正体とは!
くるまのニュース
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
マツダのメキシコ工場、操業10周年で記念式典 稼ぎ頭の米国市場を担う海外最大拠点に成長
日刊自動車新聞
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
タイヤ交換時にチェックするプラスワン! ホイールバランス調整の裏技とは?~カスタムHOW TO~
レスポンス
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
【10年ひと昔の新車】メルセデス・ベンツの日本導入間近な最新モデルにイッキ乗り!
Webモーターマガジン
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
【最新モデル試乗】モーターで118km走る先進PHEV。いま最も賢いメルセデス、GLC350eの卓越パフォーマンス
カー・アンド・ドライバー
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
【YM新車予想】俺達の最強モタード!! スズキ「DR-Z400SM」が新型になって復活する!?
WEBヤングマシン
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
日産が新型「GT-R」を実車公開! 歴代最強の「ド迫力デザイン」採用した“究極仕様”は600馬力に!? 驚きの価格「3000万円」にも反響あり
くるまのニュース
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
ヤマハ「MT-07」 スマホとの連携機能を搭載した最新モデル発売
バイクのニュース
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
ダイハツ再発防止策 開発日程「1.4倍延長」は吉と出るか? 1月の軽3位転落&シェア半減に見る、避けられぬ市場競争の激化
Merkmal
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「ダックス125」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
プレリュードはやっぱリトラよ!! 魅惑のレバーも今や感涙モノ!! でもでも新型プレリュードに求めるモノってなんだ!?!?
ベストカーWeb
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
アウトドアでも個性的で、街乗りにも最適! ホンダ ステップワゴンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB

みんなのコメント

12件
  • vrh********
    10年ちょい前に免許取り立て小僧だったけどIR-Vめっちゃ欲しかったよ。

    当時、中古の1JZ-GTE搭載車は「速い」「安い」「面白い」と三拍子揃ってて同世代は皆欲しがってたし、実際購入した友達もいっぱい居た。

    今は随分高くなっちゃったけどね。
  • kbg********
    クラウンにはロイヤルサルーン、マークIIにはグランデ、チェイサーにはアバンテ、クレスタにスーパールーセントとカッコイイグレード名があったね!
    セドグロのブロアムもイカしてる!
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索
クラウンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

509.9575.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.3733.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村