現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 燃料費はPHEVが安い……アウトランダーは悪路走破性もバツグン!! エクストレイルはパワフルも割高か

ここから本文です

燃料費はPHEVが安い……アウトランダーは悪路走破性もバツグン!! エクストレイルはパワフルも割高か

掲載 3
燃料費はPHEVが安い……アウトランダーは悪路走破性もバツグン!! エクストレイルはパワフルも割高か

 世の中には「意外な人が兄弟・姉妹」ということがある。慎太郎と裕次郎。すずとアリス。萌音と萌歌……クルマの世界でも「意外な兄弟」がいる。ここでは、別メーカーだが実は同門同士という日産 エクストレイルと三菱 アウトランダーを比較する。

※本稿は2024年2月のものです
文/国沢光宏、写真/NISSAN、MITSUBISHI
初出:『ベストカー』2024年3月10日号

燃料費はPHEVが安い……アウトランダーは悪路走破性もバツグン!! エクストレイルはパワフルも割高か

■ここが同門対決のポイント

2021年に現行型が登場した三菱 アウトランダー

・メーカーは違えど、アライアンスによって基本プラットフォームが共同開発された2車
・車体も内装もそれぞれのメーカーのオリジナル
・パワートレーンも各メーカー独自のものを採用

■基本プラットフォームは共通の2台

2022年登場の日産 エクストレイル

 ご存知のとおりこの2車種は兄弟車となる。日産が開発したプラットフォームで、シルエットを見るとまったく同じだとわかります。

 基本計画時点でエクストレイルにもPHEVは存在したことだろうし、逆にアウトランダーにe-POWERということだって考えられたハズだ。

 しかしフタを開けてみたら、相当違う個性を持つクルマになった。しかもこの2車、PHEVにはけっこうな補助金が出るため、価格差はほとんどない。迷う人もいるだろう。

 結論から書くと自宅に充電インフラがあるなら電池だけで70kmくらい走れるアウトランダーが優位。1回の走行距離が70kmに達しない普通の使い方だと、エネルギーコストは電気のほうが圧倒的に安価。私なら瞬時も迷うことなくアウトランダーを選ぶ。

 一方、自宅に充電環境がなければエクストレイルしかなくなる。エクストレイルなら燃費のいいハイブリッドです。ガソリン補給だけすればいくらでも走れます。

 SUVで重要になってくる4WD性能だけれど、どちらも後輪にモーター使う、いわゆる「e4WD」。ただ使っている後輪モーターはアウトランダーのほうがパワフル。電池容量が大きく、ランエボのような前後の駆動力配分も可能。

 実際、アウトランダーで雪道やグラベル路を走ると、前輪でなく後輪から駆動力を掛けていくような制御ができるのだった。エクストレイルの4WDも決して悪くないけれど、アウトランダーには届いていない。

■「ここがいい」「ここがイマイチ」

●エクストレイル

 エクストレイルのよさはデザインだと思う。都会派のハリアーとアウトドア派のRAV4を足して二で割ったようなポジションになる。加給エンジンを使うハイブリッド車ということもあり、なかなかパワフル。サーキットで走ればアウトランダーより速い。

 難点はPHEVと同じくらいの価格設定。イメージより50万円は高いです。

●アウトランダーPHEV

 やはり日常的な使い方なら電気自動車として使えるのが大きい。1万km走るのにエクストレイルのガソリンは11万円。アウトランダーを割高な昼間の電気料金で走らせたって6万円ほど。補助金が大きいのも魅力だ。東京だと国からの補助金を合わせ100万円も出る! 残念ながらイマイチの部分は指摘できない。

●エクストレイル(G e-4ORCE)主要諸元
・全長×全幅×全高:4660×1840×1720mm
・ホイールベース:2705mm
・車量重量:1880kg
・エンジン:直3ターボ+モーター
・排気量:1497cc
・エンジン最高出力:144ps/4400-5000rpm
・エンジン最大トルク:25.5kgm/2400-4000rpm
・モーター出力:前204ps/後136ps
・WLTCモード燃費:18.4km/L
・価格:474万8700円

●アウトランダーPHEV(G・5人)主要諸元
・全長×全幅×全高:4710×1860×1745mm
・ホイールベース:2705mm
・車量重量:2050kg
・エンジン:直4+モーター
・排気量:2359cc
・エンジン最高出力:133ps/5000rpm
・エンジン最大トルク:19.9kgm/4300rpm
・モーター出力:前116ps/後136ps
・WLTCモード燃費:16.2km/L
・価格:549万8800円

こんな記事も読まれています

新車で40万円の衝撃!! ツインこそ今じゃないか!?
新車で40万円の衝撃!! ツインこそ今じゃないか!?
ベストカーWeb
ポール・アーロンが初ポールポジション獲得。宮田莉朋は6番手/FIA F2第6戦バルセロナ予選
ポール・アーロンが初ポールポジション獲得。宮田莉朋は6番手/FIA F2第6戦バルセロナ予選
AUTOSPORT web
ついにバックカメラが装着義務化? これって今乗ってるクルマにも付けなきゃいけないの?
ついにバックカメラが装着義務化? これって今乗ってるクルマにも付けなきゃいけないの?
ベストカーWeb
F1スペインGP FP1:ノリスが最速、フェルスタッペンとサインツが続く。角田は赤旗でアタックできず
F1スペインGP FP1:ノリスが最速、フェルスタッペンとサインツが続く。角田は赤旗でアタックできず
AUTOSPORT web
ル・マンで代役務めたホークスワース、「レクサスを勉強中」のアコーディスASPの将来を楽観視
ル・マンで代役務めたホークスワース、「レクサスを勉強中」のアコーディスASPの将来を楽観視
AUTOSPORT web
アップデートは機能しているけど……RB角田裕毅、F1スペインGP予選Q1敗退に落胆「期待していた結果とはほど遠かった」
アップデートは機能しているけど……RB角田裕毅、F1スペインGP予選Q1敗退に落胆「期待していた結果とはほど遠かった」
motorsport.com 日本版
Juju、初挑戦となるSUGOへ。事前のシミュレーターやF3での練習で担当エンジニアも手応え
Juju、初挑戦となるSUGOへ。事前のシミュレーターやF3での練習で担当エンジニアも手応え
AUTOSPORT web
平良響「最初は悪い予感しかしなかった」。SFデビューへの濃密な3週間と、原動力としてある“悔しさ”
平良響「最初は悪い予感しかしなかった」。SFデビューへの濃密な3週間と、原動力としてある“悔しさ”
AUTOSPORT web
パワーウィンドウって怖いです……知っておくべき[特性]と[事故防止策]
パワーウィンドウって怖いです……知っておくべき[特性]と[事故防止策]
ベストカーWeb
ノリス、フェルスタッペン下しキャリア2回目のポールポジション獲得。失速RB角田裕毅は17番手|F1スペインGP予選
ノリス、フェルスタッペン下しキャリア2回目のポールポジション獲得。失速RB角田裕毅は17番手|F1スペインGP予選
motorsport.com 日本版
「壮絶でしたよ」。ル・マン2位表彰台のトヨタ小林可夢偉が心情を吐露。「もっと速くなれる」と来年の自信も
「壮絶でしたよ」。ル・マン2位表彰台のトヨタ小林可夢偉が心情を吐露。「もっと速くなれる」と来年の自信も
AUTOSPORT web
ランド・ノリスの絶品スーパーラップ! フェルスタッペンを下してポールポジション獲得。角田裕毅大苦戦17番手|F1スペインGP予選速報
ランド・ノリスの絶品スーパーラップ! フェルスタッペンを下してポールポジション獲得。角田裕毅大苦戦17番手|F1スペインGP予選速報
motorsport.com 日本版
浜田省吾の名曲MVに登場した名物ダイナー! カリフォルニアの山火事で焼失し今は看板がひとつ残るだけ…【ルート66旅_57】
浜田省吾の名曲MVに登場した名物ダイナー! カリフォルニアの山火事で焼失し今は看板がひとつ残るだけ…【ルート66旅_57】
Auto Messe Web
レクサスが100万円代で買えちゃう!!!! お財布の紐を締めても[ハイソ感]が味わえる[国産サルーン4選]
レクサスが100万円代で買えちゃう!!!! お財布の紐を締めても[ハイソ感]が味わえる[国産サルーン4選]
ベストカーWeb
フェラーリ・レーシング・デイズが6月29~30日に鈴鹿で開催。296チャレンジを日本初披露へ
フェラーリ・レーシング・デイズが6月29~30日に鈴鹿で開催。296チャレンジを日本初披露へ
AUTOSPORT web
苦しいRB勢! 角田裕毅とリカルドが揃ってQ1敗退……アップデート不発か|F1スペインGP予選Q1速報
苦しいRB勢! 角田裕毅とリカルドが揃ってQ1敗退……アップデート不発か|F1スペインGP予選Q1速報
motorsport.com 日本版
ランキング首位のポール・アーロンが最速。宮田莉朋は15番手/FIA F2第6戦フリー走行
ランキング首位のポール・アーロンが最速。宮田莉朋は15番手/FIA F2第6戦フリー走行
AUTOSPORT web
ライバルの「1歩先ゆく」電動サルーン 最新ポルシェ・タイカンへ試乗 感動するほど気持ちいい
ライバルの「1歩先ゆく」電動サルーン 最新ポルシェ・タイカンへ試乗 感動するほど気持ちいい
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

3件
  • kus********
    「基本計画時点でエクストレイルにもPHEVは存在したことだろうし、逆にアウトランダーにe-POWERということだって考えられたハズだ。」無いと思うよ。
    そんなカニバリ起こすようなことしないだろ。
    今更三菱に12年の実績のPHEVを捨てる道はないし、e-POWERをラインナップに加えたら廉価グレードになってしまう。
    それは日産としては許容できないだろう。
    それよりアウトランダーにVCターボを与えて欲しいんだけど。
  • Masakivirus
    小型suvと4駆付き200くらい万円台あれば売れるはず
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.6335.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8625.6万円

中古車を検索
アウトランダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.6335.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.8625.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村