現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 7年ぶりのフルモデルチェンジ!スズキがコンパクトカー「スイフト」の最新モデルを発売

ここから本文です

7年ぶりのフルモデルチェンジ!スズキがコンパクトカー「スイフト」の最新モデルを発売

掲載 40
7年ぶりのフルモデルチェンジ!スズキがコンパクトカー「スイフト」の最新モデルを発売

スズキは、小型乗用車の新型「スイフト」について、CVT車は2023年12月13日より、5MT車は2024年1月17日に発売することを発表した。

HYBRID MZ フロンティアブルーパールメタリック ブラック2トーンルーフ

ブラックバンパーとダブルバックドアは日本専用仕様!爽快な走りを楽しめるルノーの新型「カングー」

安全装備や利便性の高い装備が充実

新型「スイフト」は、「エネルギッシュ×軽やか 日常の移動を遊びに変える洗練されたスマートコンパクト」をコンセプトに、歴代のスイフトで培ってきたデザイン性や走行性能に加え、安全装備や利便性の高い装備が充実したことで、スイフトの魅力であるデザインと走りに「クルマと日常を愉しめる」という新たな価値が加わり、進化した新型小型乗用車。

HYBRID MZ フロンティアブルーパールメタリック ブラック2トーンルーフ

HYBRID MZ インパネ

そのデザインは、一目見たら印象に残るデザインを目指して開発された。エクステリアでは、クルマ全体を包み込むラウンド形状が先進的なイメージを表現し、個性や走りを想起させるスタイリングを追求。インテリアでは、インパネとドアトリムをつなげたスタイリングにより、ドライバーとクルマの一体感を表現した。車体色は、新色「フロンティアブルーパールメタリック」、「クールイエローメタリック」を含む全9色、13パターンのラインアップ。

パワートレインは、新開発のZ12E型エンジンとCVTを採用し、燃費性能と走行性能の両立を実現した。空力性能はデザイン性を維持しながらバックドアサイドスポイラーの採用や、フロントストレイク、フロントバンパー、ホイール形状などを最適化したことにより、先代のスイフトより空気抵抗を約4.6%低減し、コンパクトカークラストップレベルの空力性能を実現した。また、ボディーの高張力鋼板使用範囲の拡大や構造用接着剤の採用により、剛性を高めたことで優れた操安性や乗り心地に貢献している。さらにバッフル材追加やボディー結合部へ減衰接着材の塗布などにより静粛性を高めている。

Z12E型エンジン

マイルドハイブリッド(イメージ)

安全装備は、ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合せたデュアルセンサーブレーキサポートIIを採用。また、電動パーキングブレーキの採用により停止保持機能を追加したアダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能・停止保持機能付]やブレーキホールド、車線維持支援機能、アダプティブハイビームシステムなどの組み合わせにより、日常運転の負担を軽減。さらに、ドライバーの表情を認識し、眠気や脇見をカメラ検知してドライバーに注意を促すドライバーモニタリングシステムをスズキとして初採用した。

HYBRID MZ シート

パッケージングは、コンパクトで取り回しの良いボディーサイズを踏襲している。運転席周りではオーディオやスイッチ類をドライバーの使いやすさを考えた自然な姿勢で操作ができるレイアウトに設定した。

この新型「スイフト」は、経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「サポカーS ワイド」、国土交通省による「ペダル踏み間違い急発進抑制装置(PMPD)認定車」に該当する。

【目標販売台数】

30,000台(年間)

【メーカー希望小売価格】(税込)

関連情報:https://www.suzuki.co.jp/car/swift/

構成/土屋嘉久

こんな記事も読まれています

「レトロデザイン×アウトドア」DAMDらしいデザインを継承した「DAMD HIJET FUZZ」がついに販売開始!
「レトロデザイン×アウトドア」DAMDらしいデザインを継承した「DAMD HIJET FUZZ」がついに販売開始!
くるまのニュース
ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
ショウエイ、『GT-Air3 REALM』『Glamster HEIWA MOTORCYCLE』の新色を2024年5月に発売
AUTOSPORT web
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
攻めの姿勢貫く王者レッドブルF1にライバルは驚きと賞賛。マクラーレン代表「あれだけ成功したのにマシン形状を変えるとは」
motorsport.com 日本版
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
なぜ注目? 可愛いだけじゃない、2人乗り超小型車 「iPad的」な存在価値
AUTOCAR JAPAN
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
トヨタの「新たなクラウン」登場へ! “豪華”オシャレ内装と斬新ハニカムグリルがカッコイイ! 広大トランク採用「シグニア」米国披露に反響
くるまのニュース
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
BYD、日本と同じ3車種のEV投入へ…インドネシアモーターショー2024
レスポンス
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
442馬力の小型電動SUV ボルボ、新EV「EC40」発表 高性能ソフトウェア追加
AUTOCAR JAPAN
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
トヨタ「ハイエース」ベースの「Carica」にキャンピングカー仕様が加わった! アルパインスタイルのお洒落な角目4灯スタイルにゾッコンです
Auto Messe Web
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
中上貴晶、昨年から約2秒更新。24年型RC213Vの可能性を実感「数カ月前と比較すると決定的」/カタール公式テスト
AUTOSPORT web
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
“不適切にもほどがある”エネオス、女性にセクハラでまたまた子会社会長解任[新聞ウォッチ]
レスポンス
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
キャンプやブッシュクラフトで活躍する耐切創グローブ「LOGOS カットプロテクトグローブ」がロゴスから発売!
バイクブロス
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
SW モテックの XSR125(24)用カスタムパーツがアクティブから発売!
バイクブロス
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
ナップスが新業務形態「ナップスヘルメットパーク」の運営を開始
バイクブロス
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
なぜ「猫の交通事故」が多い?「犬」よりはるかに事故に遭いやすい意外な理由とは?
くるまのニュース
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクでバス専用レーンを走ってはダメなの?許されるケースとは
バイクのニュース
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
日産アトラスの4WDモデルが法規適合に即した仕様変更を実施
カー・アンド・ドライバー
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
渋滞中も快適!ネット動画や外部入力映像が視聴できるKEIYOのAndoroidTV搭載11.6型スマートリアモニター「AN-M010」
@DIME
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
もう鈍亀なんて呼ばせない。アストンマーティン、F1セーフティカーを刷新へ。665馬力へ大幅パワーアップ!
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

40件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索
スイフトの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

172.7233.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

6.8389.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村