現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > EVにも多様性、ヒョンデの提案は「究極に遊びつくす」 アイオニック5Nが国内販売開始

ここから本文です
EVにも多様性、ヒョンデの提案は「究極に遊びつくす」 アイオニック5Nが国内販売開始
写真を全て見る(3枚)

注目の販売価格は858万円

高性能四輪駆動システムをベースに、84.0kWhの高出力バッテリーと、ハイパフォーマンスEVのために開発された熱管理システム(サーキット走行時に一定の温度以上に上がらない)を始めとする専用設計を有する「アイオニック5 N」。

【画像】ついに日本導入 ヒョンデの意気込み伝わる発表会とアイオニック5 Nのすべてのフォトをみる 全123枚

最高出力650psとEVならではの機能性を備えた、ハイパワーだけではないハイパフォーマンスな日常スポーツカーだという。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

EVの「ゲームチェンジャー」 ヒョンデ・アイオニック5 N ベスト・パフォーマンス賞 AUTOCARアワード2024
EVの「ゲームチェンジャー」 ヒョンデ・アイオニック5 N ベスト・パフォーマンス賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
シトロエン次期型C4 先鋭的スクエアボディに? 質素で安価なEVとして2027年頃導入か
シトロエン次期型C4 先鋭的スクエアボディに? 質素で安価なEVとして2027年頃導入か
AUTOCAR JAPAN
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
【自治体や企業、一般顧客へのリース形式】 ホンダ新型燃料電池自動車「CR-V e:FCEV」発売
AUTOCAR JAPAN
【レクサスに3ペダル登場】 LBXに「モリゾウRR」新規設定 ビスポーク・ビルドの100台も限定抽選販売
【レクサスに3ペダル登場】 LBXに「モリゾウRR」新規設定 ビスポーク・ビルドの100台も限定抽選販売
AUTOCAR JAPAN
なぜSUVに "スポーツカー" の名称? 航続距離600km以上、新型フォード・カプリ鮮烈デビュー
なぜSUVに "スポーツカー" の名称? 航続距離600km以上、新型フォード・カプリ鮮烈デビュー
AUTOCAR JAPAN
2024年版 欧州巨大イベントで見た最新の注目車種 39選 英「グッドウッド」総まとめ
2024年版 欧州巨大イベントで見た最新の注目車種 39選 英「グッドウッド」総まとめ
AUTOCAR JAPAN
F1最強技術を注ぎ込んだ「市販」ハイパーカー 1200馬力のV10ハイブリッド レッドブルRB17限定生産へ
F1最強技術を注ぎ込んだ「市販」ハイパーカー 1200馬力のV10ハイブリッド レッドブルRB17限定生産へ
AUTOCAR JAPAN
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
ジェネシス「マグマ」を高性能ラインとしてシリーズ化、電動SUV『GV60マグマ』2025年量産化へ
レスポンス
NISMOブランドが欧州市場に復活! ニッサン『アリア・ニスモ』をヨーロッパで発売へ
NISMOブランドが欧州市場に復活! ニッサン『アリア・ニスモ』をヨーロッパで発売へ
AUTOSPORT web
ジャガー 2車種を廃止、ラインナップはFペイスのみへ 次世代EVへ移行
ジャガー 2車種を廃止、ラインナップはFペイスのみへ 次世代EVへ移行
AUTOCAR JAPAN
【後輪駆動モデルも登場】 EVの新型ポルシェ・マカン予約受注開始 AWDモデル比で軽量化 航続距離延長
【後輪駆動モデルも登場】 EVの新型ポルシェ・マカン予約受注開始 AWDモデル比で軽量化 航続距離延長
AUTOCAR JAPAN
航続距離は640km!BYDがeスポーツセダン「SEAL」を発売
航続距離は640km!BYDがeスポーツセダン「SEAL」を発売
@DIME
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
高級シューティングブレークで欧州進出! BYD傘下「デンツァ」追加関税にめげずグローバル展開を強化
AUTOCAR JAPAN
【まるでベントレーが水中花?】 新型コンチネンタルGTスピードがグッドウッドに登場 世界最速記録の裏側も
【まるでベントレーが水中花?】 新型コンチネンタルGTスピードがグッドウッドに登場 世界最速記録の裏側も
AUTOCAR JAPAN
【円形の有機ELディスプレイを見よ!】 ミニJCWカントリーマン・オール4 BMW X1とコンポーネンツ共用多数
【円形の有機ELディスプレイを見よ!】 ミニJCWカントリーマン・オール4 BMW X1とコンポーネンツ共用多数
AUTOCAR JAPAN
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
【日本での欠点はボディサイズぐらい?】 ランドローバー・レンジローバーSV P510e 目下PHEV強化中
AUTOCAR JAPAN
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
これまでと印象が「まったく」違う! アウディQ6 e-トロンへ試乗 航続距離600km以上
AUTOCAR JAPAN
日産「アリア NISMO」欧州市場デビュー!40周年迎えるNISMOブランドが欧州で復活
日産「アリア NISMO」欧州市場デビュー!40周年迎えるNISMOブランドが欧州で復活
グーネット

みんなのコメント

13件
  • ぺーぺー
    こう言った反日国の記事は掲載料0円とかにしてもらえます?
  • sak********
    80Kwのバッテリーであれば重量は500Kgを越える。
    大人8人分の重量だ。
    そのような大重量を車室の邪魔にならない場所に何とか積載出来たとしても、常時その大重量が車体に負担を強いるし、足回りのタイヤやばねダンパー、リンク機構にも負担がかかるので、大型化したり強度をあげねばならない野で、車体重量はどんどん重くなり、トラック並みになっていく。
    普段は一人しか乗らない車で、2トンを超えるとらっくなみの重量で、物を運送して社会に貢献する訳でもなく、只々道路痛めてタイヤと共に粉塵をまき散らし、製造時にはすでにガソリン車の10万Km走行分のCO2を排出してしまっているというのが、この手の大重量BEVの本性だ。
    つまり、エコでも何でもない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

479.0858.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

358.0448.0万円

中古車を検索
アイオニック5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

479.0858.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

358.0448.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村