現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ルノーカングーのメルセデス版」!? 日本導入に期待 両側スライドドアも搭載のミニバン「Tクラス」

ここから本文です

「ルノーカングーのメルセデス版」!? 日本導入に期待 両側スライドドアも搭載のミニバン「Tクラス」

掲載 27
「ルノーカングーのメルセデス版」!? 日本導入に期待 両側スライドドアも搭載のミニバン「Tクラス」

 2022年4月、本国・ドイツでワールドプレミアを果たし、すでに販売が開始されているメルセデスベンツのミニバンモデル「Tクラス」。

 日本では現在のところ未導入ながら、発売されたらVクラスの弟分として売れ筋となりそうなTクラスをご紹介したい。

「ルノーカングーのメルセデス版」!? 日本導入に期待 両側スライドドアも搭載のミニバン「Tクラス」

※本稿は2022年5月のものです
文/ベストカー編集部、写真/メルセデスベンツ ほか
初出:『ベストカー』2022年6月26日号

■Tクラスは「ルノーカングー」のメルセデス版!?

メルセデス顔のカングーと言えるメルセデスベンツ Tクラス。TクラスはVクラスの下に属するモデルで、ノア/ヴォクシーより全長が短く日本でも使い勝手がよさそう

 メルセデスベンツはルノーカングーの兄弟車の「シタン」を昨年フルモデルチェンジ(日本未発売)。

 そのシタンがバン&乗用なのに対し、乗用モデルをベースにプレミアムミニバンに仕上げたのが新設されたTクラスで、「メルセデス顔のカングー」と言えばわかりやすいだろう。

 メルセデスはLクラスミニバンの「Vクラス」を日本でも販売しているが、Tクラスはその下に位置するモデルだ。

 2003~2005年の短命に終わったバネオ(←懐かしい!)が2017年の時を経て、大きく豪華になって再登場といった感じか。

 ボディサイズは全長4498×全幅1859×全高1811mm、ホイールベースは2716mm。

 全幅こそ広いが、ノア/ヴォクシー(全長4695mm)よりも短いため、日本での使い勝手もよさそう。

 現状は2列シート5人乗りモデルのみだが、ロングホイールベース仕様の3列シートモデルを2023年中に追加することを明言。

 エクステリアはカングーとは大きく差別化されているが、インテリアのオリジナリティはそれ以上で、Tクラス専用にデザインされ、スポーティに仕上げられている。

 Tクラスは両側スライドドアで、開口部は幅615×高さ1059mmと広く、乗降性に優れているのもポイント。

■搭載されるそれぞれのユニットは?

ミニバンでMTが選べるのもTクラスの特徴と言えるだろう。日本円換算で430万円からとなっており日本への導入の期待がかかる

 発表時のエンジンは、1.3L、直4ガソリンと1.5L、直4ディーゼルの2種類をラインナップし、T180(133ps/24.5kgm)、T160(103ps/20.4kgm)、T180d(118ps/27.5kgm)、T160d(96‌ps/26.5kgm)と、それぞれ2スペック存在する。

 組み合わされるトランスミッションは、6速MTと7速DCT(T160のみ6速MTのみ)となっている。

 そしてメルセデスのBEVミニバンのEQTは、このTクラスがベースとなり、パワーユニットは、カングーZEと同じものになる。

 装備面ではMBUX(メルセデスベンツ・ユーザーエクスペリエンス)インフォテイメントシステムを標準装備するのをはじめ、7インチタッチスクリーン、デジタルラジオなど便利装備満載だ。

 また、最新の安全装備に加え、緊急通報機能、アクティブブレーキアシスト、タイヤ空気圧モニター、レーンキープアシスト、横風アシストなどの運転支援システムも充実しているので安心。

 ドイツ本国での価格は、ディーゼルが日本円で約430万円(※記事執筆当時の換算値)からとなっている。

 円安が加速しているため、割高に感じるのはちょっと残念だが、日本への導入の期待がかかるモデルだ。

■メルセデスベンツT160d主要諸元
・全長×全幅×全高:4498×1859×1811mm
・ホイールベース:2716mm
・車重:1636~1794kg
・最小回転半径:5.9m
・エンジン:1.5L、直4ディーゼルターボ
・最高出力:96ps/3750rpm
・最大トルク:26.5kgm/1750rpm
・トランスミッション:6速MT/7速DCT
・シート/乗車定員:2列/5人
・価格:約430万円(日本円換算)

【番外編コラム】こんなのもありました… Rクラス・Xクラスって知ってます?

Rクラス…今は亡きSUVのMクラスとプラットフォームを共用。3列シート7人乗りの高級車

 Rクラスは「新ジャンルのラグジュアリーカー」として2006年にデビュー。しかし販売面で苦戦し2013年に中国を除き販売終了。

 Xクラスはルノー日産アライアンスとの協業で、メルセデス初のピックアップとして2018年にデビューしたが、2020年に生産終了という超短命モデルに終わってしまった。

こんな記事も読まれています

【走行距離王の中古車】これらの11台なら20万kmを走った後でもお薦めだ! そのうちの4台が日本車!
【走行距離王の中古車】これらの11台なら20万kmを走った後でもお薦めだ! そのうちの4台が日本車!
AutoBild Japan
足で自動に開くハッチバック! 多様性時代に「女性目線」のクルマが有利なワケ
足で自動に開くハッチバック! 多様性時代に「女性目線」のクルマが有利なワケ
Merkmal
外環道~つくば直結の広域道路「都市軸道路」が工事進行中!? かなり開通済みな「道路版つくばエクスプレス」全通を阻む「最大の敵」とは
外環道~つくば直結の広域道路「都市軸道路」が工事進行中!? かなり開通済みな「道路版つくばエクスプレス」全通を阻む「最大の敵」とは
くるまのニュース
「客が怖い……」と離職する若手多数! タクシーよりも深刻なバス運転士不足の理由
「客が怖い……」と離職する若手多数! タクシーよりも深刻なバス運転士不足の理由
WEB CARTOP
トヨタ『クラウン』体験イベント第2弾、4月27日より全国6都市で開催
トヨタ『クラウン』体験イベント第2弾、4月27日より全国6都市で開催
レスポンス
苦戦続くリカルドに、最後通告の噂。パフォーマンスが上がらなければ、夏休み明けにもローソンに交代か?
苦戦続くリカルドに、最後通告の噂。パフォーマンスが上がらなければ、夏休み明けにもローソンに交代か?
motorsport.com 日本版
完璧防水なのに蒸れない! LIN-TEX防水シューズ【車に積みたいアウトドアアイテム】
完璧防水なのに蒸れない! LIN-TEX防水シューズ【車に積みたいアウトドアアイテム】
月刊自家用車WEB
トヨタ「新カローラ」登場! 超スポーティエアロ×「上質おしゃれ内装」採用で“カッコいい”の声多し… 「ACTIVE SPORT」みんなの回答は?
トヨタ「新カローラ」登場! 超スポーティエアロ×「上質おしゃれ内装」採用で“カッコいい”の声多し… 「ACTIVE SPORT」みんなの回答は?
くるまのニュース
ホンダ「CBR650R」 クラッチ操作不要の「Honda E-Clutch」搭載モデルがついに発売
ホンダ「CBR650R」 クラッチ操作不要の「Honda E-Clutch」搭載モデルがついに発売
バイクのニュース
[カーオーディオ・素朴な疑問]スピーカーのカタログスペックは気にするべき?
[カーオーディオ・素朴な疑問]スピーカーのカタログスペックは気にするべき?
レスポンス
ポルシェ パナメーラ【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
ポルシェ パナメーラ【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
ほぼ完全に実用レベルの電動バイク、エネルジカ「EGO+ IVYエディション」試乗インプレ! 通勤もツーリングもイケる!! ※ただし700万円
ほぼ完全に実用レベルの電動バイク、エネルジカ「EGO+ IVYエディション」試乗インプレ! 通勤もツーリングもイケる!! ※ただし700万円
WEBヤングマシン
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】日産ルークス「広くて使いやすい。プロパイロットもいいね」
【竹岡圭 K&コンパクトカー ヒットの真相】日産ルークス「広くて使いやすい。プロパイロットもいいね」
カー・アンド・ドライバー
ダイハツの「2人乗り軽オープン」販売再開! どんな人が買う? 全長4m以下の“小さな”スポーツカー!? 異色な存在の「コペン」とは
ダイハツの「2人乗り軽オープン」販売再開! どんな人が買う? 全長4m以下の“小さな”スポーツカー!? 異色な存在の「コペン」とは
くるまのニュース
メルセデス・ベンツ新型「EQA」日本登場 全長4.4mのEQシリーズ最小“コンパクトSUV”は 走行距離591kmに進化
メルセデス・ベンツ新型「EQA」日本登場 全長4.4mのEQシリーズ最小“コンパクトSUV”は 走行距離591kmに進化
VAGUE
トヨタ新型「コンパクト“3列”SUV」発表! MT設定もある「新型ラッシュ」! スポーティな「GRS」もイケてる「新モデル」アンダー300万円で尼に登場
トヨタ新型「コンパクト“3列”SUV」発表! MT設定もある「新型ラッシュ」! スポーティな「GRS」もイケてる「新モデル」アンダー300万円で尼に登場
くるまのニュース
スズキ「SV650」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「SV650」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
トヨタの「真の弱点」とは何か? 低燃費車で世界制覇も、迫られる脱“機械屋”という現実
トヨタの「真の弱点」とは何か? 低燃費車で世界制覇も、迫られる脱“機械屋”という現実
Merkmal

みんなのコメント

27件
  • この記事にイラッとしてる人=年収400万以下の人だね。
    都内のイタリアンで席に着いただけで2000円取られる事に不平不満言う不相応な人種。
  • 「今は亡きSUVのMクラス」って、失礼な、今もあるだろ。GLEに名前が変わってるだけ。
    「SUVの当時のMクラス(現GLE)」ってちゃんと書けよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.0427.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0449.0万円

中古車を検索
カングーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

384.0427.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.0449.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村