現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ついにR34GT-RもS15シルビアも該当……ってもう買えなくなる? 2024年に「25年ルール」が適用される国産車

ここから本文です

ついにR34GT-RもS15シルビアも該当……ってもう買えなくなる? 2024年に「25年ルール」が適用される国産車

掲載 15
ついにR34GT-RもS15シルビアも該当……ってもう買えなくなる? 2024年に「25年ルール」が適用される国産車

 この記事をまとめると

■2024年に25年ルールが適用される1999年に製造された国産車を振り返る

【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

■日産の人気スポーツカー2車種が対象になっている

■そのほかにも該当する国産スポーツモデルもあるが正規輸出されていたモデルなら影響は少ない

 25年ルールが適用されると国内の中古相場が高騰する可能性

 1990年代の国産スポーツの中古車相場に大きな影響を与えている、アメリカの25年ルール(製造から25年以上経過したクルマはクラシックカーとして登録できるという制度で、新車ではNGだった右ハンドル車の登録も可能)。

 その25年ルールで今年から解禁になるのは、1999年に生まれたクルマ達。

 日本の自動車界で、1999年というと、かのカルロス・ゴーンが、日産の最高執行責任者(COO)に就任した年でもある。

 そんな1999年にデビューしたクルマを振り返ってみよう。

 日産スカイラインGT-R(R34)

 1999年生まれのトップバッターは、なんといってもR34GT-R。第二世代GT-Rの最後を飾る集大成モデルで、ダウンサイズされたボディは第二世代GT-Rで最強のボディ剛性を誇り、なおかつ本格的なグランドエフェクトを導入し、高速になればなるほどダウンフォースが得られる空力マシンに仕上がっている。

 その完成度の高さと、生産台数の少なさから(1万1345台)、すでに国内でも中古車平均価格は2300万円以上!

 これで、25年ルール解禁となると、天井知らずの価格になる可能性が……。オーナーはセキュリティ対策を万全に。

 日産シルビア(S15)

 もう一台も日産から。コンパクトなFRターボとしてもともと人気のあるシルビア。とくに最終モデルのS15はボディ剛性が向上し、野暮ったいS14に対し洗練されたスタイルを持ち、ドリフト系だけでなく、多くのFRスポーツファンから支持されている。

 そして、このシルビアシリーズ、S14までは北米仕様があって輸出も行なわれていたが、S15に関しては右ハンドル仕様しかない!

 そのため、アメリカでS15に乗ってみたいと思っていた人は、1999年デビューの初期型S15が25年ルールをクリアする日を待っていたはず。

 2024年、シルビアも値上がりしてきたら、嫌だなぁ~。

 S2000やMR-Sも1999年生まれだが影響はなさそう!?

 その他、エクストロイドCVTを採用して話題となった、日産セドリック/グロリア(Y34)も今年から25年ルール解禁となるが、これは相場への影響は大きくないだろう!?

 三菱ランサーエボリューションVI

 どういうわけか、国内でもあまり街なかでは見かけない、ランエボVIも1999年生まれ。前年WRCを制したエボVに改良を加え、エンジンにはチタンアルミ合金製ターボチャージャーを採用。エアロパーツもよりターマックを意識した、二段式リヤウイングを取り入れ、ACD+AYC+スポーツABSの電子制御にも磨きがかかった。

 このエボVIも、アメリカ仕様はなかったので、今年、アメリカでの需要が高まる可能性がある。

 その他

 他にも、ホンダS2000、ホンダ・インサイト(初代)、トヨタMR-S、トヨタ・アルテッツァ、トヨタ・セリカ(T230)なども1999年デビューだったが、いずれも正式に北米にも輸出されていたので、25年ルール解禁の影響は少ないと見られる。

 ただし、一部のマニアはあえて右ハンドル仕様を求める可能性もあるので、中古車相場はときどきチェックしておきたい。

こんな記事も読まれています

あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
あっと驚く5000万円車もあった! かと思えば200万円台が最高のメーカーも! 日本車の各ブランド「最高額車」を調べてみた
WEB CARTOP
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
1990~2000年代の国産スポーツって軒並み価格高騰かと思ってた! 「こんな値段で買えるの?」的中古スポーツ4選
WEB CARTOP
販売台数が少なくてもスーパースポーツでもMT車でも関係なし! 「衝突被害軽減ブレーキ」が付いていないクルマはいますぐ搭載すべき
販売台数が少なくてもスーパースポーツでもMT車でも関係なし! 「衝突被害軽減ブレーキ」が付いていないクルマはいますぐ搭載すべき
WEB CARTOP
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
日産歴代最強のSRターボ [SR20VET]搭載車は初代エクストレイルGTだった……なぜS15シルビアや初代シルフィに積まれなかった?
ベストカーWeb
オープンですらない「ロードスター」も存在! でも走りが楽しけりゃOK! 2代目NB型マツダ・ロードスターの自由すぎる特別モデル4台
オープンですらない「ロードスター」も存在! でも走りが楽しけりゃOK! 2代目NB型マツダ・ロードスターの自由すぎる特別モデル4台
WEB CARTOP
日産自動車は堂々90周年! 名車だらけのなかでも絶対外せない「5台」を選んでみた!!
日産自動車は堂々90周年! 名車だらけのなかでも絶対外せない「5台」を選んでみた!!
WEB CARTOP
レジェンドって単なるオヤジセダンじゃないんだぜ! ソアラやレパードなんて目じゃないレジェンド・クーペの存在感
レジェンドって単なるオヤジセダンじゃないんだぜ! ソアラやレパードなんて目じゃないレジェンド・クーペの存在感
WEB CARTOP
「海外生産の日本車って大丈夫?」なんて心配いまは無用! それでも国内販売で苦戦する理由とは
「海外生産の日本車って大丈夫?」なんて心配いまは無用! それでも国内販売で苦戦する理由とは
WEB CARTOP
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
5速MT搭載! 日産が「4ドアコンパクトセダン」を実車展示! めちゃスポーティな“画期的モデル”が登場! 隠れ名車「プリメーラ」を披露
くるまのニュース
「トライトン」がアリなら「エクスフォース」も入れてよ! インドネシアで誕生した三菱のSUVがホンダWR-Vとガチ勝負できる逸材だった
「トライトン」がアリなら「エクスフォース」も入れてよ! インドネシアで誕生した三菱のSUVがホンダWR-Vとガチ勝負できる逸材だった
WEB CARTOP
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】電動メタルルーフを国産車で初めて採用したシルビアヴァリエッタ!!
ベストカーWeb
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
ホンダ 新型「プレリュード」まもなく復活!? 次期型“流麗クーペ”は「デートカー」それとも「スポーツカー」? 歴代初の「タイプR」登場はあるのか
くるまのニュース
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
「排気量それしかないの!?」大きいのに小さなエンジン搭載車、なぜ増えた? 税金安くてエコ、とも限らない?
乗りものニュース
基本はMTだけどクラッチペダルの操作不要! 各社が工夫を凝らしまくった「個性派セミAT」の世界
基本はMTだけどクラッチペダルの操作不要! 各社が工夫を凝らしまくった「個性派セミAT」の世界
WEB CARTOP
日産「GT-R」のパトカーが大人向けトミカから登場! 白いボディのV-spec N1も同時に発売。
日産「GT-R」のパトカーが大人向けトミカから登場! 白いボディのV-spec N1も同時に発売。
くるくら
市販EVにサーキット専用モデル!? ヒョンデ IONIQ5のレーシングカー「N eN1 Cupカー」がデビュー
市販EVにサーキット専用モデル!? ヒョンデ IONIQ5のレーシングカー「N eN1 Cupカー」がデビュー
WEB CARTOP
どうみてもスーパーな匂いしかしない「ガルウイングのBMW」! その名も「BMWターボ」って何もの?
どうみてもスーパーな匂いしかしない「ガルウイングのBMW」! その名も「BMWターボ」って何もの?
WEB CARTOP
アルテッツァって名車? それとも迷車? トヨタ渾身の力作ミッドサイズセダンはなぜ1代で消えてしまった?
アルテッツァって名車? それとも迷車? トヨタ渾身の力作ミッドサイズセダンはなぜ1代で消えてしまった?
ベストカーWeb

みんなのコメント

15件
  • fleelang
    既に買える現実的な価格ではないです。
  • ばべお
    S13シルビア、PS13,180SXなどはコンパクトさやスタイリングは魅力的だが、いかんせん旧車。走りや快適性を求めるとするなら、果たしてプレミア価格で買うに値するのかが疑問になる。
    本当に好きでないと乗り続けられない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

125.01320.0万円

中古車を検索
シルビアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

177.0271.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

125.01320.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村