現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 背が高すぎた? 乗り心地が悪すぎた? それも出るのが10年早すぎた!? ダイハツ ウェイク【記憶に残る珍名車の実像】

ここから本文です

背が高すぎた? 乗り心地が悪すぎた? それも出るのが10年早すぎた!? ダイハツ ウェイク【記憶に残る珍名車の実像】

掲載 28
背が高すぎた? 乗り心地が悪すぎた? それも出るのが10年早すぎた!? ダイハツ ウェイク【記憶に残る珍名車の実像】

 世の中には「珍車」と呼ばれるクルマがある。名車と呼ばれてもおかしくない強烈な個性を持っていたものの、あまりにも個性がブッ飛びすぎていたがゆえに、「珍」に分類されることになったクルマだ。

 そんなクルマたちを温故知新してみようじゃないか。ベテラン自動車評論家の清水草一が、往時の体験を振り返りながら、その魅力を語る尽くす当連載。

背が高すぎた? 乗り心地が悪すぎた? それも出るのが10年早すぎた!? ダイハツ ウェイク【記憶に残る珍名車の実像】

 今回は、この度ついに生産終了が発表されたスーパーハイトワゴンの「ウェイク」。開発にあたってダイハツが背高軽カーに込めた狙いとは?

文/清水草一
写真/ダイハツ

■「間違いなく売れる!」と確信した一台

 ダイハツは、軽乗用車最大の室内空間を誇る軽スーパーハイトワゴン「ウェイク」を、2022年8月11日をもって生産終了すると発表した。

 ウェイクの販売はすでに死に体。アトレーが好調に売れている今、いつ生産が終了してもおかしくない状況だった。2022年上半期(1~6月)の販売台数は6625台。つまり月に1000台強。この数字は、ダイハツの軽乗用車の中ではブービー賞(ブービーメーカーはコペン)で、「まったく売れてない」と言っても過言ではなかった。

 ウェイクという車名は、「タントの上を行く → うえいく → ウェイク」から名づけられた。

 タントという車名も「たんと積める」という語呂合わせから来ているが、タントは大成功して軽ハイトワゴンという新たな市場を切り開いたのと対照的に、ウェイクはその上をいけずに、一代限りで絶版となった。

 個人的には、ウェイクの失敗はいまだに大きな謎だ。いったいなぜウェイクは惨敗を喫したのか?

2014年にハイトワゴンのさらに上をいく”スーパーハイトワゴン”として誕生したダイハツ ウェイク

 今から8年前、初めて実物のウェイクと対面・試乗した時私は、「これは間違いなく売れる!」と思った。全高は1835mm。当時売れに売れていた先代タントより、約100mm高かった。

 そのぶん室内高も高く、軽乗用車最大を誇った(1455mm)。荷室に関しても、ラゲージアンダートランクに度肝を抜かれた。荷室の後端に、深さ320mmの「穴」が開いていて、ゴルフバッグを2本立てて積むことができるのだ!

 タントなどの軽ハイトワゴンは、究極のスペースユーティリティを誇っていたが、この空間(後輪より後方の下部)だけは使われていなかった。そこを活用して、背の高いものを立てて詰めるようにしたウェイクはスゲエ! と大いに感動した。

 ウェイクはルックスもイケていた。タントがいかにも子育てファミリー向けの、所帯感丸出しデザインだったのに対して、ウェイクはアウトドア志向の四角っぽいカタチ。スズキで言えばスペーシアギア的で、おっさんにすれば、「タントは動く託児所みたいで嫌だけど、これならイイ!」と思えた。

 タントやN-BOXを超える室内空間を持ち、見た目もイケてるウェイクは間違いなく売れる! 軽自動車販売台数のトップに立つかもしれない! くらいに思ったのである。

 当時は軽自動車のスペース競争真っ盛り。スズキのパレットは、ボディ断面を台形にしたためその競争に敗れ、タントやN-BOX同様、断面を長方形にしたスペーシアで巻き返しを図っていた。

 ウェイクが登場した2014年は、まだタントが軽自動車販売ナンバー1だった時期。王者ダイハツは、タントより背の高いウェイクでさらにライバルに先んじた! これでダイハツのブッチギリ確定だ! という印象だったのである。

■販売好調といかなかった原因は?

 ところが、このウェイクが大ハズレに終わったのだから、謎としか言いようがない。

 ウェイクの生産終了が決まったことで、ウェイク失敗の原因がいろいろ分析されている。それらを要約すると、この4つになる。

「背が高すぎた」
「ボディが重すぎた」
「乗り心地が悪すぎた」
「値段が高すぎた」

 どれもこれも、もっともらしく聞こえるが、合理的な説明にはなっていない。

 「背が高すぎた」と言うなら、初代タントですでに「あまりにもムダに背が高すぎる!」という印象だったが、そのムダな広々感がウケて、タントは軽ナンバー1の座にまで登りつめた。軽の広さ競争には限界はないように思えたのに、なぜウェイクが急に「背が高すぎた」になるのか?

 ダイハツ アトレーの全高は1890mm。ウェイクよりさらに55mm高いが、背が高すぎて売れないどころか、アウトドア志向のユーザーに大いにウケている。なぜウェイクはダメだったのか?

 ボディの重さも同様だ。ウェイクの重さはアトレーと同レベル。約1tという車両重量は、軽としては間違いなく重いが、重すぎるとも言えない。

軽自動車である以上、走りに多大な期待をしたユーザーは多くなかったはずだが……

 「乗り心地が悪すぎた」は、確かにそのとおりだ。当時のダイハツは横転防止対策として、軽ハイトワゴンのサスペンションを固め、ロールを抑えようとしていた。

 タントですら足が固くて乗り心地が悪かったのに、ウェイクはその上を行っており、個人的は「これは耐えられない!」と思ったほどである。しかし軽の売れ行きは、そういった専門家的な評価では決まらないのが常だ。「乗り心地が悪すぎたから売れなかった」というのは、後付けの理由のように思えてならない。

 「値段が高すぎた」に関しては、確かにタントより10万円ほど高かったが、それを言ったらタントだってムーヴより10万円くらい高い。値段が高くても、もっともっと広い室内を! というのが当時のユーザーの要望だったはずだ。

■次期型の軽自動車にどんな影響を与えるか?

 こうやって考えていくと、ウェイクの失敗は、やっぱり謎である。軽自動車の売れ行きは、「なんとなく」な雰囲気で決まる。そして一度火が付くと、「売れているクルマなら間違いない」と、さらにどんどん売れて行く。

 ウェイクに火が付かなかったのは、なんとなく「ここまでの広さは要らないかな」ということだったのだろうか? タントでも広さが足りない人は、最初からキャブオーバータイプ(エンジンが中央床下)のアトレーやエブリィに流れていて、ウェイクでは中途半端だったのだろうか。

荷室の床下(後輪後方)にはさらにスペースがあり、背の高い荷物も積載することができた

 とにもかくにも、ウェイクは、軽スーパーハイトワゴンという新たなジャンルを切り開こうとして失敗し、追随モデルもないまま消えた。しかし、軽自動車のスペース競争が終わったわけではない。車中泊ブームもあり、アトレーが乗用車的な使い方をされつつある今、軽ハイトワゴンの全高は、現在よりさらに高くなっていく予感がする。

 タント、N-BOX、スペーシアの次期型の全高が、ウェイクの1835mmと並び、いずれは超える可能性は十分ある。ダイハツのDNGAのような優れたシャシーがあれば、全高が高くても、ロールを適度に抑えつつ足をしなやかに動かし、乗り心地を確保することも可能になっている。つまりウェイクは、出るのが10年早すぎたのかもしれない。

こんな記事も読まれています

ノリス2位「あと1、2周あったら勝てたかな…。僕たちは常にトップ争いできるレベルに到達した」マクラーレン/F1第7戦
ノリス2位「あと1、2周あったら勝てたかな…。僕たちは常にトップ争いできるレベルに到達した」マクラーレン/F1第7戦
AUTOSPORT web
「国民ブチギレ」 税金取りすぎでは…条件次第で約13万円!? 最も高い“自動車税”いくら? 納税祭りの仕組みとは
「国民ブチギレ」 税金取りすぎでは…条件次第で約13万円!? 最も高い“自動車税”いくら? 納税祭りの仕組みとは
くるまのニュース
インディ500予選2番手パワー、今季の”シルバーコレクター”状態に嬉しい悲鳴?「レースの神に遊ばれているみたい」
インディ500予選2番手パワー、今季の”シルバーコレクター”状態に嬉しい悲鳴?「レースの神に遊ばれているみたい」
motorsport.com 日本版
トヨタ車体の樹脂素材は間伐材配合…人とくるまのモビリティ展 2024に出展へ
トヨタ車体の樹脂素材は間伐材配合…人とくるまのモビリティ展 2024に出展へ
レスポンス
レッドブル&HRC密着:“マックス劇場”から一転「まるで氷の上を走るよう」な状況に。ストレートで速度を落とさず対処
レッドブル&HRC密着:“マックス劇場”から一転「まるで氷の上を走るよう」な状況に。ストレートで速度を落とさず対処
AUTOSPORT web
TokyoCamp のアマゾン公式ショップにてキャンプ用品が最大30%OFFのセールを開催!
TokyoCamp のアマゾン公式ショップにてキャンプ用品が最大30%OFFのセールを開催!
バイクブロス
ホンダ新型「最高級ミニバン」500万円超でもコスパ最強! 「ライバル車より良い!」の声も!? 新型「オデッセイ」への反響は?
ホンダ新型「最高級ミニバン」500万円超でもコスパ最強! 「ライバル車より良い!」の声も!? 新型「オデッセイ」への反響は?
くるまのニュース
レッドブル育成ゲーテとトライデントのメゲトゥニフが優勝分ける【正式結果/FIA F3第3戦イモラ】
レッドブル育成ゲーテとトライデントのメゲトゥニフが優勝分ける【正式結果/FIA F3第3戦イモラ】
AUTOSPORT web
初代レガシィB4たっか!!! ちょっと前なら50万くらいだったのに……B4人気が再びか!?
初代レガシィB4たっか!!! ちょっと前なら50万くらいだったのに……B4人気が再びか!?
ベストカーWeb
ブリストル研究所主任研究員が解説! 3350万円で落札された「450ル・マン」はいかにして復刻されたのか?
ブリストル研究所主任研究員が解説! 3350万円で落札された「450ル・マン」はいかにして復刻されたのか?
Auto Messe Web
カワサキ、世界初のストロングハイブリッドモーターサイクル『Ninja 7 Hybrid/Z7 Hybrid』発売延期
カワサキ、世界初のストロングハイブリッドモーターサイクル『Ninja 7 Hybrid/Z7 Hybrid』発売延期
AUTOSPORT web
ベントレー『コンチネンタルGTアズール』に日本限定車、白と黒の上品なデザイン…価格は4165万7000円
ベントレー『コンチネンタルGTアズール』に日本限定車、白と黒の上品なデザイン…価格は4165万7000円
レスポンス
【中古車テスト】1980年以来「フィアット パンダ」は特に賢い小型車のひとつである 中古パンダのテスト&チェック&評価!
【中古車テスト】1980年以来「フィアット パンダ」は特に賢い小型車のひとつである 中古パンダのテスト&チェック&評価!
AutoBild Japan
ジャガーFペイス MY25モデルと「90thアニバーサリー・エディション」追加 ディーゼルとガソリン
ジャガーFペイス MY25モデルと「90thアニバーサリー・エディション」追加 ディーゼルとガソリン
AUTOCAR JAPAN
琢磨の予選2日目は10番手に。空力を“2ステップ”変更も「コンサバティブに行き過ぎた」と悔やむ/インディ500
琢磨の予選2日目は10番手に。空力を“2ステップ”変更も「コンサバティブに行き過ぎた」と悔やむ/インディ500
AUTOSPORT web
トヨタが“新”「シエンタ」発表! オシャな「グリーン×グレー」&斬新「ルームランプ」設定! 装備充実化し発売 約199万円から
トヨタが“新”「シエンタ」発表! オシャな「グリーン×グレー」&斬新「ルームランプ」設定! 装備充実化し発売 約199万円から
くるまのニュース
ネクサスから トライアンフ スピード400・スクランブラー400X用「フェンダーレスキット/PROラジエターガード/クラシッククラッシュプロテクター」が発売!
ネクサスから トライアンフ スピード400・スクランブラー400X用「フェンダーレスキット/PROラジエターガード/クラシッククラッシュプロテクター」が発売!
バイクブロス
MAXWIN からヘルメットにドライブレコーダーやアクションカメラを固定できる汎用ステー「BDVR-OP11」が登場!
MAXWIN からヘルメットにドライブレコーダーやアクションカメラを固定できる汎用ステー「BDVR-OP11」が登場!
バイクブロス

みんなのコメント

28件
  • NAが非力過ぎ!
  • 見れば見るほど、アトレー、ハイゼット購入した方が良さそうに見えてくる。 アトレーワゴンで事が足りて安く購入できて収納があるからそれでいいやに思える。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

137.7187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8198.7万円

中古車を検索
ウェイクの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

137.7187.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8198.7万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村