現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アクアは中古車がアツい!! 現行型も軽自動車価格でゲット可能!! 国民的エコカーは170万円で狙うべし

ここから本文です

アクアは中古車がアツい!! 現行型も軽自動車価格でゲット可能!! 国民的エコカーは170万円で狙うべし

掲載 7
アクアは中古車がアツい!! 現行型も軽自動車価格でゲット可能!! 国民的エコカーは170万円で狙うべし

 仕事にプライベートに使い勝手がいいと評判のアクア。2代目モデルになっても堅調に売れているアクアだが、いまはアクアの中古車市場がアツい。なんと2代目の初期モデルが160万円前後でかなりの良質な個体が買えるのだ。アクアの選び方を見ていこう!!

文:ベストカーWeb編集部/写真:トヨタ

アクアは中古車がアツい!! 現行型も軽自動車価格でゲット可能!! 国民的エコカーは170万円で狙うべし

■安定の初代アクアだが……

いま選ぶなら圧倒的に現行型アクアがオススメ。画像はXグレード

 アクアといえばハイブリッド車をグーンと身近にした大ヒット車だが、2021年7月からは2代目にモデルチェンジしている。中古車でいえばもちろん安価なのは初代モデル。

 もちろん限られた用途、例えば通勤通学の足にするとか、単身赴任の期間だけクルマを買うなどであれば100万円以下で購入することができる初代アクアはおすすめだ。

 ただ初代アクアは2011年から2021まで発売されていた超ロングセラーモデル。よほど割り切った使い方をしないのであれば、ちょっと割高になるが二代目の初期モデルを選ぶことをオススメしたい。

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="2" car_cd="10101073" keyword="アクア" limit=30]

■170万円で狙える極上アクア

こちらがXグレードの車内。たしかに味気ないが安っぽさはない

 今回の企画では二代目モデルに絞って、走行距離5万km以下、修復歴なしで検索してみた。最安値はワンオーナーの「X」グレード、2022年式、走行距離2万kmで支払総額150万円をきるモデルも見つかった。

 二代目アクアのグレードとしては「B」「X」「G」「Z」となり、「Z」が最上級グレードになる。「B」は商用車ユースなども考慮したベースグレードで、中古車であれば積極的に選ぶグレードではないかもしれない。

こちらがZ。アームレスト付きの合皮内装でヘッドレストが別体となる

 ずばりねらい目は「X」、もしくは「G」グレードだろう。「X」以上のモデルはバイポーラ型ニッケル水素電池を搭載しており、加速感や電池だけでの走行距離なども伸びているのも特筆すべきポイント。軽量ということで燃費は「B」が優れているが、このあたりは割り切りが必要だ。

 中古車相場を見ているとやはり「X」が多いようだ。「G」になるとナノイーXやIRカットのフロントガラス、ヘッドレスト別体式のフロントシートなどが装備される。また「G」以上は本革ステアリングになるなど、後からカスタマイズするが難しいところもあり、注意が必要だ。

 最上級の「Z」となるとアルミホイール、艶のあるグリル、バイビームのLEDライト、10インチのモニターが付属するなど豪華仕様だ。当然ながら価格帯は高い。

こちらがエントリーグレードのB。レンタカーなどでもおなじみグレードだが、割り切った使い方なら安くて燃費もよくてよき相棒になれる

[articlelink]

■ユーザー別ねらい目のグレード

Gグレードはバランスに優れたグレードだ

 「X」グレード(150万円~)については下記のようなユーザーにおすすめしたい。

・とりあえずアクアに乗っておきたい
・なるべく出費を抑えたい若年層
・移動手段としてのアクアがほしい
・家庭にほかにクルマがあり、セカンドカーとして使いたい

 「G」グレード(180万円~)はこんな感じ。

・アクアを指名買いしたい
・パートナーとクルマをシェアして使う
・クルマが好きである程度の見栄えはほしい
・個人のみが使うセカンドカーというよりは家族共有のクルマとして使う

 「Z」グレード(200万円~)はこんな感じ。

・とにかく全部乗せの安心感がほしい
・やっぱりライトはホワイトで!!
・購入後のカスタマイズはしたくない
・ファーストカーとして使用したい

 編集部オススメはやっぱり「X」!! 快適性などはさほど変わらない部分なので、浮いたお金で旅行などをするなんてのもいいかも?

[usedcar-search brand_cd="1010" body_cd="2" car_cd="10101073" keyword="アクア" limit=30]

 

 

 

こんな記事も読まれています

日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
日産リーフの再生バッテリーを利用したポータブル電源が「防災・減災×サステナブル大賞2024」の「減災サステナブルアワード」最優秀賞を受賞
THE EV TIMES
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
マクラーレンのノリス、レッドブルやフェラーリとの差を痛感「遠く及ばない」F1プレシーズンテストではチームの進歩を実感
motorsport.com 日本版
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
将来は「福島‐新潟」の近道に! 国道287号「米沢長井道路」3月延伸 接続の梨郷道路と同日開通
乗りものニュース
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
レクサス新型「和製スーパーカー」どうなる!? “MT&4WD“の「爆速スポーツカー」に!? 美しすぎる「エレクトリファイドスポーツ」市販版の可能性とは
くるまのニュース
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
アルファ ロメオのミドルSUV「トナーレ」に限定モデル登場 PHEVとMHEVそれぞれに用意
VAGUE
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
絶対触れないとダメ? 給油前の静電気除去シート
バイクのニュース
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
【2024年F1新車情報:フェラーリ】“成功したアイデア”を取り入れたSF-24。新ウイングレットが特徴
AUTOSPORT web
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
高橋巧がJSB1000に復帰、チーム初最高峰。T.Proが日本郵便HondaDreamと日本郵便docomo businessの2024年体制を発表
AUTOSPORT web
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
いいクルマだったなぁ…帰ってきてくれんか…マークXが日本に残した爪痕
ベストカーWeb
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
クルマ系MC女子が選ぶ「ジムニー」カスタム3選!「自分の出棺に使って欲しい」クルマなどインパクト重視で選んでみました
Auto Messe Web
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
いまどきの新車にMT設定はほんのわずか! それでもMT免許を取る理由とメリットを元教習所教官が解説!!
WEB CARTOP
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日産九州、活動再開した硬式野球部の体制を発表 地元部品メーカーなどの選手も参加
日刊自動車新聞
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
角田裕毅、F1開幕前テスト最終日に5番手「進歩に満足。正しい方向に進んでいる」チームの位置は「まだ分からない」
AUTOSPORT web
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
ハミルトンのフェラーリF1移籍劇に“かつてのボス”バスールの存在アリ「彼なしでは実現しなかった」
motorsport.com 日本版
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
三菱「本格オフローダー」復活! もはや「新型パジェロ」!? 「めちゃ便利なSUV」化した新型「トライトン“スノーシュレッダー”」登場
くるまのニュース
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
幻のマツダRX500と、プロトタイプの実験車コスモスポーツ…ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
FIAスポーティングディレクターを辞任したスティーブ・ニールセンが新会社を設立。F1側に物流などの管理を助言
AUTOSPORT web

みんなのコメント

7件
  • 橋本姫華
    逆じゃね?
    割り切って乗るなら4.50万のアクアを乗るのが1番有りやろ
    コンパクトカーに3桁も払ってるんあほらしいし
    年式がとか故障がとか言う人って自分で整備とかせーへんしやろ
    日常的なオイル交換とか空気圧とかしっかりしてたら車検の時でもそんなめちゃくちゃアホみたいな金額にはならんやろ
  • coo********
    ベストカーの記事はガセ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

199.7259.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5303.9万円

中古車を検索
アクアの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

199.7259.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

19.5303.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村