現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ボクらの時代録】2006年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。4代目レクサスLS460(USF40型)が目指したプレミアム世界

ここから本文です

【ボクらの時代録】2006年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。4代目レクサスLS460(USF40型)が目指したプレミアム世界

掲載 更新 2
【ボクらの時代録】2006年の日本カー・オブ・ザ・イヤー。4代目レクサスLS460(USF40型)が目指したプレミアム世界

ドライバーズカーとしても進化した4代目

 精緻さにさらに磨きがかかり、上質な塗装をまとったLS460は、レクサスのフラッグシップらしいクオリティと存在感、そして華やかさをまず印象づけてくれた。

【復刻版カタログ】2006年の日本カー・オブ・ザ・イヤー/4代目レクサスLSの肖像

 エンジンは4.6リッターのV8。385ps/51.0kgmを発揮し、世界初の8速ATを組み合わせている。ショートストロークのV8は、軽快に回る。エンジンを含めたパワートレーン全体の滑らかさと洗練度は、超一級。静粛性も申し分ない。

 動力性能は素晴らしい。0→100km/h加速を5.7秒で走り抜け、250km/h(で制御される)の最高速度をマークする。その走りは「豪快」とか「力づく」といった表現が馴染む印象ではない。あくまでも、静かに滑らかに、そしてジェントルに、一級の速さを発揮する。

 LS460は、高度な電子制御システムを備えたエアサスペンションを組み込んでいる。18㌅タイヤを履くバージョンUの乗り味と走り味は、かなり高いレベルに仕上がっていた。まず乗り心地がいい。とくにNモードでは、ほとんど文句なし。不整な路面もしなやかにパスし、うねりなども巧みにいなす。強い段差などのタイヤショック感にしても、十分納得できるレベルに達している。

 ギア比可変ステアリング(VGRS)のチューニングも進化していた。ステアリングの初期応答ゲインは抑えぎみだが、それはリラックスした運転につながりこそすれ、退屈な運転を招くものではない。街からハイウェイ、そしてワインディングロードまで、軽快に、ほぼイメージしたとおりの身のこなしで駆け抜けてくれた。
 量産型LS460の完成度は非常に高い。アメリカはもちろん、世界の各マーケットで成功するだろう。
(岡崎宏司/2006年11月26日号)

4代目レクサスLS460・プロフィール

 4代目のレクサスLSは2005年10月の東京モーターショーでプロトタイプ(LF-Sh)を公開、翌年4月に正式デビューした。日本でもレクサスの販売がスタートした関係から、このモデルから車名は「セルシオ」から「LS」にスイッチ。世界統一ネームで販売されることになった。開発コンセプトは「高級の本質を追求する、これからのプレミアム」。すでに世界的にポジショニングを確立したLSの本質をゼロから再構築し、地球の未来を見つめた最先端の技術と日本らしい繊細さを積極投入。時代をリードする高い性能を実現した。

 プラットフォームやパワートレーンなどクルマを構成する要素はすべてが新設計。460は4.6リッター・V8ユニットを搭載し、ドライバーズカーとしても優れたパフォーマンスを発揮する。LSならではの特質である静粛性と乗り心地も一段とレベルアップしていた。2007年には、ハイブリッド仕様のLS600hと、ロングホイールベース版のLS600hロングを追加。先進プレミアムというキャラクターをいっそう鮮明にする。4代目のLSは、立派で作りがよく、圧倒的に快適。フラッグシップの定番がセダンだった時代のひとつの完成形といえた。

2006年の時代録/第1回WBCで日本が優勝

【出来事】改正道路交通法が施行され、駐車違反の取り締まりが民間委託に/ナンバープレートにご当地ナンバー登場/第1回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開催され、日本が優勝/夏の甲子園で優勝した早稲田実業の斎藤佑樹投手がハンカチ王子として話題に/sトリノ五輪、女子フィギュアスケートで荒川静香が金メダル獲得。イナバウアーが流行語に【音楽】オリコンシングル年間1位KAT-TUN『Real Face』【映画】邦画配給収入1位『ゲド戦記』洋画興行成績1位『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

2006年レクサスLC460主要諸元

グレード=LS460バージョンU・Iパッケージ
新車時価格=8SAT 965万円
全長×全幅×全高=5030×1875×1465mm
車重=2060kg
エンジン=4608cc・V8DOHC32V(385ps/51.0kgm)
サスペンション=前後マルチリンク

こんな記事も読まれています

ハミルトンの後任シート争奪戦がすでにスタート「僕にまで連絡が殺到」とメルセデスF1のラッセル
ハミルトンの後任シート争奪戦がすでにスタート「僕にまで連絡が殺到」とメルセデスF1のラッセル
AUTOSPORT web
“今回こそ”は逃す訳にはいかない……! メルセデス、ハミルトンとの長期契約避けた背景に神童アントネッリの存在があったと明かす
“今回こそ”は逃す訳にはいかない……! メルセデス、ハミルトンとの長期契約避けた背景に神童アントネッリの存在があったと明かす
motorsport.com 日本版
国内初の“2Lエンジン”搭載! マツダ新型「スポーツカー」公開に期待高まる声も! 爆速&豪華仕様の「ロードスター RS C」実車展示
国内初の“2Lエンジン”搭載! マツダ新型「スポーツカー」公開に期待高まる声も! 爆速&豪華仕様の「ロードスター RS C」実車展示
くるまのニュース
大排気量Vツイン搭載のスゴイやつ KTM新型「1390 SUPER DUKE R EVO」の走りは?
大排気量Vツイン搭載のスゴイやつ KTM新型「1390 SUPER DUKE R EVO」の走りは?
バイクのニュース
日本にない…トヨタ『ヤリス』改良新型に「GR SPORT」を欧州で設定
日本にない…トヨタ『ヤリス』改良新型に「GR SPORT」を欧州で設定
レスポンス
工場で大切なのは紐を引く勇気だ! これさえ徹底してれば……トヨタが誇るお家芸「トヨタ生産方式」ってなーに?
工場で大切なのは紐を引く勇気だ! これさえ徹底してれば……トヨタが誇るお家芸「トヨタ生産方式」ってなーに?
ベストカーWeb
700馬力にアップしたマクラーレン「アルトゥーラ」にスパイダーが追加! 11秒で開閉し最高速は330キロ!!
700馬力にアップしたマクラーレン「アルトゥーラ」にスパイダーが追加! 11秒で開閉し最高速は330キロ!!
Auto Messe Web
若者が憧れるクルマは、実はあのブランドだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(後編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
若者が憧れるクルマは、実はあのブランドだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(後編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
くるくら
実はZ世代の6割以上がクルマの運転が好きだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(前編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
実はZ世代の6割以上がクルマの運転が好きだった!? KINTO取材で分かった意外な調査結果とは?(前編)【特集:若者のクルマと恋愛事情】
くるくら
人気!「レトロスポーツ」350ccクラスのバイクを集めてみた!GB350Sのライバルは輸入モデルの個性的なヤツばかり!   
人気!「レトロスポーツ」350ccクラスのバイクを集めてみた!GB350Sのライバルは輸入モデルの個性的なヤツばかり!   
モーサイ
ペダルを漕いで発電 ペダル付き特定原付「ENNE T350 Pro」の先行販売価格が決定!
ペダルを漕いで発電 ペダル付き特定原付「ENNE T350 Pro」の先行販売価格が決定!
月刊自家用車WEB
ロングドライブのお供に!後部座席でNetfrixやYoutubeが見れるAndoroidTV搭載APPスマートリアモニターが発売
ロングドライブのお供に!後部座席でNetfrixやYoutubeが見れるAndoroidTV搭載APPスマートリアモニターが発売
月刊自家用車WEB
草刈りはラジコンでする時代!最新モデルのラジコン草刈機『カルゾーLM750』が30%OFF!
草刈りはラジコンでする時代!最新モデルのラジコン草刈機『カルゾーLM750』が30%OFF!
月刊自家用車WEB
クルマとスマートフォンの有線接続はもういらない!Apple CarPlayとAndroid Autoでワイヤレス接続ができる「AN-S128」が発売
クルマとスマートフォンの有線接続はもういらない!Apple CarPlayとAndroid Autoでワイヤレス接続ができる「AN-S128」が発売
月刊自家用車WEB
BYDのEV車に乗れるチャンス!全国 約30箇所を巡る展示・試乗イベント「Hello! BYD Caravan」が開催
BYDのEV車に乗れるチャンス!全国 約30箇所を巡る展示・試乗イベント「Hello! BYD Caravan」が開催
月刊自家用車WEB
「窓ガラスが曇って前が見えない!」運転中の困りごとの対処法
「窓ガラスが曇って前が見えない!」運転中の困りごとの対処法
LE VOLANT CARSMEET WEB
PHEVハイパーカー、アルトゥーラに待望のオープンモデル誕生|McLaren
PHEVハイパーカー、アルトゥーラに待望のオープンモデル誕生|McLaren
OPENERS
日産、自動運転モビリティサービス 2027年にもドライバーレス 官民共同で早期実現へ
日産、自動運転モビリティサービス 2027年にもドライバーレス 官民共同で早期実現へ
日刊自動車新聞

みんなのコメント

2件
  • a27********
    この時期のLSは本当にすごい車だった。
    セルシオじゃないLS。すごかった
  • *******
    どう足掻いてもベンツやBMWといった本物の高級外車に遠く及ばないねw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1094.01612.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

38.01450.0万円

中古車を検索
LSの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1094.01612.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

38.01450.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村