現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 急成長を遂げるBYDと高収益体質のテスラ、2大電気自動車メーカーの根本的な違いとは?

ここから本文です
急成長を遂げるBYDと高収益体質のテスラ、2大電気自動車メーカーの根本的な違いとは?
写真を全て見る(1枚)

中国の電気自動車メーカーBYDが大躍進を遂げています。

メルセデスグループやBMWを押し退けて、2023年上半期の世界自動車販売台数トップ10に食い込みました。2021年は20位にすら入っていなかったメーカーです。

Hyundai Motor Companyの9月期グローバル販売台数は前年同月比2割超の増加

BYDは著名な投資家ウォーレン・バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェイが10%近い株式を保有することでも知られています。世界中の超一流メーカーがひしめく自動車業界において、圧倒的な存在感を持つようになりました。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

【ブレイズ】特定小型原付の安全利用貢献で中村警察署長から感謝状を授与
【ブレイズ】特定小型原付の安全利用貢献で中村警察署長から感謝状を授与
バイクブロス
レクサス新型「カクカクSUV」発表! 迫力フェイス&オシャベージュ採用の「本格モデル」! 1200万円超えの「オーバートレイル プラス」が販売店で早速話題に
レクサス新型「カクカクSUV」発表! 迫力フェイス&オシャベージュ採用の「本格モデル」! 1200万円超えの「オーバートレイル プラス」が販売店で早速話題に
くるまのニュース
英アストン マーティン 新型 "スーパー4WD" 導入検討中 高級V8オフローダー登場か
英アストン マーティン 新型 "スーパー4WD" 導入検討中 高級V8オフローダー登場か
AUTOCAR JAPAN
「バモスホンダ」の貴重なサイドカーテンの苦労とは?「ステップバン」と並行して所有する公私ともにホンダまみれの生活に注目
「バモスホンダ」の貴重なサイドカーテンの苦労とは?「ステップバン」と並行して所有する公私ともにホンダまみれの生活に注目
Auto Messe Web
【ハーレー】6/1・2に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」の入場チケットがチケットペイで販売中!
【ハーレー】6/1・2に横浜で開催される「BLUE SKY HEAVEN 2024」の入場チケットがチケットペイで販売中!
バイクブロス
軽自動車も“高嶺の花” 20年間で6割値上げ、平均価格160万円に[新聞ウォッチ]
軽自動車も“高嶺の花” 20年間で6割値上げ、平均価格160万円に[新聞ウォッチ]
レスポンス
高速道路 悲惨な「停止車に突っ込む事故」防ぐ救世主は「ETC2.0」か!? 「事故です!右車線へ!」実現する未来は近い!? 道路上の異常見分ける「ETCビッグデータ」の可能性とは
高速道路 悲惨な「停止車に突っ込む事故」防ぐ救世主は「ETC2.0」か!? 「事故です!右車線へ!」実現する未来は近い!? 道路上の異常見分ける「ETCビッグデータ」の可能性とは
くるまのニュース
ホンダ CR-V【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
ホンダ CR-V【1分で読める国産車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
SP忠男の「POWERBOX パイプ」にエリミネーター/SE(’24~)用が登場!
SP忠男の「POWERBOX パイプ」にエリミネーター/SE(’24~)用が登場!
バイクブロス
カスタマー躍進の一方、ワークスは足踏み……メルセデスF1、マクラーレン復活劇を称賛も「羨望の眼差しを向けている訳じゃない」
カスタマー躍進の一方、ワークスは足踏み……メルセデスF1、マクラーレン復活劇を称賛も「羨望の眼差しを向けている訳じゃない」
motorsport.com 日本版
F1開催は全部イモラで良し!? 昔ながらのコース大好きフェルスタッペン「カレンダー24戦こういうのでいい」
F1開催は全部イモラで良し!? 昔ながらのコース大好きフェルスタッペン「カレンダー24戦こういうのでいい」
motorsport.com 日本版
ホンダ新型「軽バン」6月発表! 斬新2人乗り×真っ黒テールに注目!?  実車展示続々、7月にも
ホンダ新型「軽バン」6月発表! 斬新2人乗り×真っ黒テールに注目!? 実車展示続々、7月にも
くるまのニュース
限定1000台! Acalieが特定小型原付「RICHBIT CITY」と電動アシスト自転車「RICHBIT CITYASSIST」の先行予約を開始
限定1000台! Acalieが特定小型原付「RICHBIT CITY」と電動アシスト自転車「RICHBIT CITYASSIST」の先行予約を開始
バイクのニュース
ジャガー『F-PACE』に最強の「SVR」、575馬力スーパーチャージャー搭載…欧州設定
ジャガー『F-PACE』に最強の「SVR」、575馬力スーパーチャージャー搭載…欧州設定
レスポンス
ディープリム感を演出する「幅リム」がイイ! MONZA JAPANがアフターホイールに新たなトレンドを作る予感
ディープリム感を演出する「幅リム」がイイ! MONZA JAPANがアフターホイールに新たなトレンドを作る予感
WEB CARTOP
パナソニックエナジー、日野が共同開発した大型EVトラクターに電池供給 商用車で初採用
パナソニックエナジー、日野が共同開発した大型EVトラクターに電池供給 商用車で初採用
日刊自動車新聞
NTNがEVの要求「航続」「耐久」「電動制御」に応える製品を出展へ…人とくるまのテクノロジー展 2024
NTNがEVの要求「航続」「耐久」「電動制御」に応える製品を出展へ…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
550馬力直6を搭載した新型「BMW M4 CS」は「M4コンペティション」以上ほぼ「M4 CSL」だ!
550馬力直6を搭載した新型「BMW M4 CS」は「M4コンペティション」以上ほぼ「M4 CSL」だ!
AutoBild Japan

みんなのコメント

16件
  • n6k********
    中華人民共和国製の電気自動車の、性能、デザイン、価格は日本車を周回遅れに追い込んでいる。安全性、サービス体制等未知数だが。電気自動車分野では中華人民共和国製が席巻する勢いだ。
  • tak********
    中国企業は、後始末(製品などの最終処分)までを考えてモノを作らない。だから安く・早く作ることができる。最近話題のEV墓場なんて日本では考えられないが中国ではむしろ当たり前。都合の悪いことは土に埋まればなかったことになる。リニアモーターカーもそうだった。
    そうした負の部分を負う頃には、そのメーカーがなかったりする。とばっちりだけはごめんだ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1199.01599.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

164.01580.0万円

中古車を検索
モデルSの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1199.01599.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

164.01580.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村