現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ほぼ全滅 一生に一度は乗りたいけど…アメ車が苦戦する理由と打開策

ここから本文です

ほぼ全滅 一生に一度は乗りたいけど…アメ車が苦戦する理由と打開策

掲載 更新 ベストカーWeb 195
ほぼ全滅 一生に一度は乗りたいけど…アメ車が苦戦する理由と打開策
写真を全て見る(11枚)

 日本人で輸入車といえばアメリカ車と相場が決まっていた時代もあったり、フルサイズのアメリカ車は、いつの時代もクルマ好きを魅了している。

 しかし、現在日本では輸入車=ドイツ車という図式となっていて、かつて隆盛を誇ったアメリカ車は一部のモデル(ジープ)を除き存在感が薄くなっているが、アメリカ車の日本での苦戦は今に始まったわけではない。

300台限定で日本初登場!!ジープラングラー「スカイワンタッチ パワートップ」の魅力

 アメリカ車が日本で苦戦する要因とその打開策について渡辺陽一郎氏が考察する。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

アルファードよりグランエースが断然いいってマジかよ!! 3列目の快適性ランキングが衝撃すぎ
アルファードよりグランエースが断然いいってマジかよ!! 3列目の快適性ランキングが衝撃すぎ
ベストカーWeb
ディーラーvsカー用品店 クルマのメンテはどちらで行うべき? 両者は今後、共存できるのか
ディーラーvsカー用品店 クルマのメンテはどちらで行うべき? 両者は今後、共存できるのか
Merkmal
「EVシフトの踊り場」議論を一蹴! EVシフトに向けて本気のホンダが投入する「10兆円」で何が起こる?
「EVシフトの踊り場」議論を一蹴! EVシフトに向けて本気のホンダが投入する「10兆円」で何が起こる?
THE EV TIMES
スーパーフォーミュラ第3戦SUGO、天候不良でクラッシュが続き赤旗のまま終了。14周を走るもほとんどがセーフティカーランに
スーパーフォーミュラ第3戦SUGO、天候不良でクラッシュが続き赤旗のまま終了。14周を走るもほとんどがセーフティカーランに
motorsport.com 日本版
復活したケータハムのヘリテージレンジ“スーパーセブン”はフォード製デュラテック2.0Lエンジンも選択可能
復活したケータハムのヘリテージレンジ“スーパーセブン”はフォード製デュラテック2.0Lエンジンも選択可能
カー・アンド・ドライバー
BMW X3 新型に「M50 xDrive」…Mパフォーマンス最強の6気筒は398馬力
BMW X3 新型に「M50 xDrive」…Mパフォーマンス最強の6気筒は398馬力
レスポンス
東京なのに“ほぼ信号ナシ”も!? 都会の抜け道「川沿いロード」3選 首都高に負けない早さ!
東京なのに“ほぼ信号ナシ”も!? 都会の抜け道「川沿いロード」3選 首都高に負けない早さ!
乗りものニュース
スーパーフォーミュラ・ライツ第3大会SUGOはB-MAXの小出とフレデリックがポールを分け合う
スーパーフォーミュラ・ライツ第3大会SUGOはB-MAXの小出とフレデリックがポールを分け合う
AUTOSPORT web
全長3.1m!? トヨタ「小さな爆速カー」登場! 6速MT×1.3Lスーパーチャージャー搭載でスゴい! 宿泊すると「iQ GRMN」に乗れる訳
全長3.1m!? トヨタ「小さな爆速カー」登場! 6速MT×1.3Lスーパーチャージャー搭載でスゴい! 宿泊すると「iQ GRMN」に乗れる訳
くるまのニュース
子どもの夏の暑さ対策! ファン付クールシート…チャイルドシートやベビーカー用
子どもの夏の暑さ対策! ファン付クールシート…チャイルドシートやベビーカー用
レスポンス
「世界一美しいクーペ」が約435万円で落札! 今後高騰が見込めるBMW「635CSi」を購入するなら今がチャンスかも
「世界一美しいクーペ」が約435万円で落札! 今後高騰が見込めるBMW「635CSi」を購入するなら今がチャンスかも
Auto Messe Web
【この928なんぼ?】ポルシェ928 S4中古車販売中 え?走行距離ですか?たったの37万4千kmです!
【この928なんぼ?】ポルシェ928 S4中古車販売中 え?走行距離ですか?たったの37万4千kmです!
AutoBild Japan
レッドブル&HRC密着:前戦投入の新PUにダメージ判明、初期不良か。スペインで4基目使用も初日はトラブルなし
レッドブル&HRC密着:前戦投入の新PUにダメージ判明、初期不良か。スペインで4基目使用も初日はトラブルなし
AUTOSPORT web
【間もなく公開】 第4世代ベントレー・コンチネンタルGTスピード 日常的なスーパーカーを実現
【間もなく公開】 第4世代ベントレー・コンチネンタルGTスピード 日常的なスーパーカーを実現
AUTOCAR JAPAN
10年ぶりの125cc復活、KTMのエンデューロ「EXCシリーズ」2025年モデルを発表
10年ぶりの125cc復活、KTMのエンデューロ「EXCシリーズ」2025年モデルを発表
レスポンス
メルセデス、トウの奪い合いで2台がバチバチ。ラッセル「ベストを尽くそうと熱くなってしまった」
メルセデス、トウの奪い合いで2台がバチバチ。ラッセル「ベストを尽くそうと熱くなってしまった」
motorsport.com 日本版
大湯都史樹が最速、福住、岩佐が続く。太田格之進がトラブルからクラッシュ/第3戦SUGO土曜フリー
大湯都史樹が最速、福住、岩佐が続く。太田格之進がトラブルからクラッシュ/第3戦SUGO土曜フリー
AUTOSPORT web
フィアット 『Nuova 500』ティッシュケースがハンズに登場
フィアット 『Nuova 500』ティッシュケースがハンズに登場
レスポンス

みんなのコメント

195件
  • アメ車は単純に大き過ぎる
    日本の道路事情に合わないし無駄とも思える排気量…
    車両価格も高いし停める場所すら制約を受ける
    単に日本人のニーズに合わないだけだと思う
  • アメリカはどんな街でも、少し離れるとありえないほど広大な平野や自然が広がってて、アメリカ人にとって車とはそういう環境にマッチする乗り物。
    この感覚はオーストラリアなんかを除くとほかの国の国民にはあまり見られない。
    近年の設計思想は、だいぶ米国外向けにシフトしてきたが、根本にはその思想が横たわっている。
    そういう自然と同居するためのツールと思ってる。

    他の国の車と違って大味な印象があるのはそのため。
    SUVなんかはそれがいい方に出てるが。
    そもそも日本人の趣向とはズレてるので、このままでは回復は難しいと思われる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0899.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81643.0万円

中古車を検索
ラングラーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

799.0899.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.81643.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村