現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ新型「クラウンマジェスタ」登場! 海外でブランド再興か!? 日本でも復活が望まれる「マジェスタ」実質的な“後継モデル”とは

ここから本文です

トヨタ新型「クラウンマジェスタ」登場! 海外でブランド再興か!? 日本でも復活が望まれる「マジェスタ」実質的な“後継モデル”とは

掲載 3
トヨタ新型「クラウンマジェスタ」登場! 海外でブランド再興か!? 日本でも復活が望まれる「マジェスタ」実質的な“後継モデル”とは

■復活を望む声も多い「マジェスタ」とは

 2023年、サウジアラビアで販売されているトヨタ「クラウンクロスオーバー」の最上位グレード名に「マジェスタ」の名が採用されたことから、一部のクルマ好きの間で「クラウンマジェスタが復活か!?」と話題となりました。
 
 今なお復活を望む声も多い「クラウンマジェスタ」とはどのようなモデルで、なぜ現在はラインナップされていないのでしょうか。

【画像】これが「マジェスタ」後継か! 新型「クラウンセダン」を画像で見る(63枚)

 トヨタの高級4ドアセダンとして支持を集めたクラウンマジェスタが登場したのは、1991年のこと。

 9代目「クラウン」の発売と同時に、“クラウンの上級モデル”という位置付けの別車種として発売されました。

 しかし実は、クラウンマジェスタには前身となるモデルが存在します。それが1988年に登場した「クラウンロイヤルサルーンG」です。

 同車は8代目クラウンのマイナーチェンジの際に、3ナンバーの車体にV型8気筒エンジンを搭載した上位グレードとして発売され、後に初代クラウンマジェスタが登場する礎を築きました。

 こうして誕生した初代クラウンマジェスタは、当時のクラウンに用いられていた3.0リッター直列6気筒エンジンを搭載したグレードと、「セルシオ」に搭載されていた4.0リッターのV型8気筒エンジンを搭載したグレードの2種類をラインナップ。

 クラウンシリーズでは初めてとなる「フルモノコックボディ」を採用しており、全体的に丸みを帯びたスタイリングが初代クラウンマジェスタの特徴でした。

 さらに最新技術だったフロントヘッドアップディスプレイ(HUD)を標準で装備するなど、トヨタの威信をかけた渾身のモデルだと言えます。

 当時トヨタには世界と渡り合う最高級セダンとしてセルシオがラインナップされており、クラウンよりもラグジュアリーなモデルとして高い成功を収めていました。

 そのため、伝統ある高級セダン“クラウン”のブランド価値を引き続き維持するためにも、最新技術を詰め込んだワンランク上のクラウンマジェスタを生み出し、セルシオと両立させることを試みたのです。

■マジェスタの実質的な「後継モデル」は?

 こうして「クラウンの最高峰」として登場したクラウンマジェスタは、「いつかはクラウン」のフレーズとともに成長してきたミドル、ハイミドル世代の心を掴み、一躍人気車種の仲間入りを果たします。

 1995年に登場した2代目クラウンマジェスタは、直線的なデザインに路線を変更。そのためか、大きさはほぼ同じながら初代よりさらに大きく見えるワイドなボディが特徴でした。

 また、後にクラウンマジェスタの伝統となる「縦型テールランプ」を採用したのはこの2代目が最初です。

 その後、1999年に3代目が登場。2代目まではハードトップ(センターピラーがないボディ構造)でしたが、3代目からはセンターピラーを有したセダンタイプへと変化します。

 さらに2004年に発売した4代目では、グリルに装着されていた伝統の「王冠マーク」が「トヨタマーク」に変わり、大きな議論を巻き起こします。

 これはセルシオがレクサスブランドに移行し、クラウンマジェスタが“トヨタの最上級セダン”という大役を務めることになったためとも言われていました。

 そして2009年に5代目、2013年に6代目が発売と、クラウンマジェスタのブランドは受け継がれていきます。

 しかし6代目では、クラウンマジェスタという独立車種ではなく、専用ボディも廃止され、さらにV型8気筒エンジンの搭載も無く、クラウンという車種の1モデルに収まるという大変更を実施。

 その後、日本市場でのセダン人気の低下を受け、クラウンマジェスタはこの世代をもって2018年に販売終了となりました。

※ ※ ※

 2023年現在、日本国内でクラウンシリーズは「クラウンクロスオーバー」「クラウンスポーツ」「クラウンエステート」そして「クラウンセダン」の4車種で構成されています(クラウンエステートは2024年発売予定)

 クラウンマジェスタを名乗るモデルが復活するという話はありませんが、2023年11月に発売された新型クラウンセダンは、クラウンシリーズ唯一のセダンボディを持ち、全長は5030mmと大型の上級モデルです。

 時勢的な要因から、V型8気筒エンジンや縦型テールランプは採用されていませんが、同車はクラウンマジェスタの実質的な後継車といえるかもしれません。

こんな記事も読まれています

混雑緩和に効果あった---東京湾アクアラインが時間帯別料金を継続
混雑緩和に効果あった---東京湾アクアラインが時間帯別料金を継続
レスポンス
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]低予算で音の変化を楽しめる新ワザ!
[音のプロが推す“超納得”スタートプラン]低予算で音の変化を楽しめる新ワザ!
レスポンス
「車中泊」トラブルの背景に「大きな誤解」!? マナー違反の原因は「勘違い」から? 活用したい「車中泊専用」パークとは
「車中泊」トラブルの背景に「大きな誤解」!? マナー違反の原因は「勘違い」から? 活用したい「車中泊専用」パークとは
くるまのニュース
最新リセール・プライスランキング カワサキ「エリミネーター」が初の首位に
最新リセール・プライスランキング カワサキ「エリミネーター」が初の首位に
バイクのニュース
GW渋滞、東名高速のピークはいつ・どこで発生? 最大45kmの大渋滞を見込む【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
GW渋滞、東名高速のピークはいつ・どこで発生? 最大45kmの大渋滞を見込む【ゴールデンウィーク渋滞予測2024】
くるくら
メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
メルセデス・ベンツ Eクラス オールテレイン【1分で読める輸入車解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
空冷単気筒エンジンが気持ちいい! ロイヤルエンフィールド「ブリット350」試乗インプレ
空冷単気筒エンジンが気持ちいい! ロイヤルエンフィールド「ブリット350」試乗インプレ
WEBヤングマシン
【竹岡圭 K&コンパクトカー【ヒットの真相】スズキ・スペーシア「安全機能充実、燃費良好、使いやすい」(2024年5月号掲載)
【竹岡圭 K&コンパクトカー【ヒットの真相】スズキ・スペーシア「安全機能充実、燃費良好、使いやすい」(2024年5月号掲載)
カー・アンド・ドライバー
アウディが航続距離619kmを実現した「Q8 Sportback e-tron quattro」のレンジプラスパッケージを発売
アウディが航続距離619kmを実現した「Q8 Sportback e-tron quattro」のレンジプラスパッケージを発売
@DIME
日産「2ドア ハコスカGT-R」実車展示! いま「いくら」で買える? オリジナル状態保つ「極上個体」とは
日産「2ドア ハコスカGT-R」実車展示! いま「いくら」で買える? オリジナル状態保つ「極上個体」とは
くるまのニュース
火花散るトップ争い。ヌービルがギヤアップで首位先行、僅差でトヨタが2-3/WRCクロアチア
火花散るトップ争い。ヌービルがギヤアップで首位先行、僅差でトヨタが2-3/WRCクロアチア
AUTOSPORT web
物流危機の本質! トラックドライバー自体は増えているのに、人手不足がさらに“深刻化”するワケ なぜ相反するのか?
物流危機の本質! トラックドライバー自体は増えているのに、人手不足がさらに“深刻化”するワケ なぜ相反するのか?
Merkmal
スズキ「ジクサー250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「ジクサー250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる
【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる
ベストカーWeb
エルグランドの先祖ラルゴにウミボウズ!? どれも絶妙なカワイさがよかったのよ!! 割とよく見かけたセレナキタキツネなんで消えた!?
エルグランドの先祖ラルゴにウミボウズ!? どれも絶妙なカワイさがよかったのよ!! 割とよく見かけたセレナキタキツネなんで消えた!?
ベストカーWeb
アウトドアの相棒はシンプル重視という人にオススメな一台! スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
アウトドアの相棒はシンプル重視という人にオススメな一台! スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
サインツの予選走行に対するアストンマーティンの抗議をスチュワードが却下。過去の慣例が根拠/F1中国GP
サインツの予選走行に対するアストンマーティンの抗議をスチュワードが却下。過去の慣例が根拠/F1中国GP
AUTOSPORT web
ミライースターボ市販化情報掴んだ!! 5速MTで200万円目指すってマジか!? しかもブレーキ6ポッドよ!!!
ミライースターボ市販化情報掴んだ!! 5速MTで200万円目指すってマジか!? しかもブレーキ6ポッドよ!!!
ベストカーWeb

みんなのコメント

3件
  • che********
    くるまのニュースを運営する㈱メディアヴァーグさん
    マジェスタの後継モデルといいますが、
    トヨタに取材したんですか?
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

642.6715.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0461.6万円

中古車を検索
クラウンマジェスタの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

642.6715.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.0461.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村