サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「重箱の隅」的だけどカーライフを左右するほど重要! 「荷室の段差」の有無で何が変わる?

ここから本文です

 段差がないほうが重い荷物の出し入れやペットの乗降性は良い

 クルマのラゲッジルームの使い勝手は、開口部の広さや容量、フロアの高さ、床下収納の有無などで、荷物の積み込みやすさを判断していることがほとんどだろう。

「荷物が積みたいけど大きいクルマは嫌」という人必見! 小柄でもデカイ荷室を持つモデル8選

 が、重い荷物の出し入れ、ワゴンやSUV、ミニバン系での犬などのペットの乗降性まで考慮すると、じつは見逃しやすいポイントとして、開口部の段差がある。段差が大きい(高い)と、スーツケースや2リットルペットボトル6本入りケース、中身の入った大型クールボックスなど、重い荷物の場合、積み込む際も出す際も、持ち上げ量が増え負担になる。

おすすめのニュース

サイトトップへ